INDEX    RSS    ADMIN

ベトナム旅行の計画を立てる。

2017年になりました。

日々の暮らしの中で一番楽しみにしているは「映画とビール、ワイン」(笑)
そして外せない「旅行」と「キャンプ」です。

子供も独立した現在は、殆どが夫婦2人での「旅行」「キャンプ」ですが、
旅行好きが共通の趣味(?)で良かったと思います。

今年も身軽に安く自分たちで作る旅行を楽しむ予定です。

そして自分たちの旅行を「旅のアルバム、日記、記録」として
このブログに保存していきたいと思います。

「奈良・大阪旅行」の旅行記がまだ途中ですが
直近の「ベトナム旅行」から2017年は始めることにしました。

まず、旅行前に下書きしていた「ベトナム旅行計画」から
タイトルを付けるほどの計画ではないのですが・・(;'∀')
自分の記録用に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫が12月23日から休みを取れると決定したので、
では、どこかへ行こう!
と旅行の検討開始。

年末、お正月は各地に居る家族も来て家族全員集合と
お正月準備のこともあるので、30日には帰宅したい。
となると、期間は大体1週間です。

短い期間で、安く行けるのは?

札幌から安く行けるところ、
ソウルに上海、香港とエアを検索していると出てきますが
上海方面はこの時期、寒そうだからダメ。
暖かいところが良いよね~
香港は行ったことあるし、台湾も・・・

東南アジアにハマっている夫は「東南アジア圏」が希望。

ベトナムがいいんじゃない?
食べ物も美味しいと聞くし
やっぱり東南アジアになりますね・・我々は(;'∀')

で、ベトナムは縦に長いお国。
1週間で回るのは忙しいだけだから、
行く場所を絞る必要があり。

個人的には北のハノイ、ハロン湾方面が気になるのだけど、
暖かいところが良いよね~と今回はホーチミンの方を選択。

私がベトナムで一番行きたいところ「ホイアン」も行きます!

☆2016.11.8
エアを全て購入した。
この時期はやはり高いですね・・・
それでも安く、安く探す(笑)

ホテルも大体予約した。

☆2016.11.15
ホテルを変更、 
今日すべてのホテルを予約終了。
最終的に、
ホーチミンはロケーションが良い安いホテル2泊
プール付き中級ホテル1泊

ダナン 中の上ホテル プール付き 1泊
ホイアン 中のビレッジタイプホテル1泊
ホイアン 中の上 ヘリテージホテル1泊

☆2016.11.16
飛行機の座席指定を検討。

新千歳(札幌)→クアラルンプール(エアアジア)
エンプティシートの一席(一列使い)を申し込み。

クアラルンプール→ホーチミン(エアアジア)
座席指定する。

ホーチミン→ダナン(ジェットスター)
座席指定する。

ダナン→クアラルンプール(エアアジア)
座席指定しない。

クアラルンプール→新千歳(札幌)
エンプティシート申し込み。
2列使い。

☆2016.12.9
ホーチミンでのスケジュール詳細を検討していて
イーデンスターホテルでの過ごし方を再確認
プール付きのホテルに泊まりたくて選んだホテルだったが
なんとなく口コミを再確認してみると、
どうも高評価している人と低評価の人が両極端で気になった・・
なのでもう一度ホテルを検索、
「リバティセントラルサイゴンリバーサイドホテル」に変更した。


以上予約もの全て終了。

0090_2017010412311660c.jpg



新千歳空港、どうにか飛び立つことが出来ました(ベトナム 2016.12.23)

雪は12月22日から降り続いている。
時折、止むが・・・また降り始める・・
22日の新千歳空港は多数の欠航便のため大混乱。

天気予報では、22日の夜から23日と北海道は大荒れになるらしい。

12月23日は我々がベトナムへ旅発つ日。
果たして飛行機は飛ぶのか?
ドキドキしながら旅行の準備をし寝た。

12月23日の朝、
雪は小降りだけれど降っている・・・
新千歳空港のホームページで運行状況を確認。
今のところ欠航は出ていない。

乗る飛行機は9:20AM発
6時に自家用車で家を出た。
空港近くのパーキングに停めて送迎バスを利用する予定。

朝の札幌市内は道路の除雪がされスムーズに進む。

札幌市内を抜け輪厚から高速に乗ろうと思っていたが、
事故のため通行止めΣ(´Д`*)
その影響か、輪厚あたりから渋滞・・

ノロノロ運転が続く・・・除雪車が一車線塞いでいた Σ(゚д゚|||)
やっと除雪車を追い越し少しはまともに走れるようになる。

札幌を抜けてから、路肩の雪山に突っ込んでいる車
中央分離帯の雪山に突っ込んでいる車など
数台目撃しながら走る・・・

時間は迫っていた。

空港HPを確認すると、我々が乗る予定の飛行機は到着できた模様。

とりあえず、飛行機はある。
少しほっとできたが、今度は私たちが危ない!

Boarding timeは08:20

もうすぐで停める予定の駐車場というところで
路肩の雪山に突っ込んだ車が道路を半分塞いでいた。
咄嗟の判断で運転手(夫)は横を通ろうとしたが
雪が深く我々も埋まってしまった ((((;゚Д゚)))))))
私はすぐに降り、車を押す。
路肩に突っ込んでしまった車の人も出て一緒にうちの車を押してくれる。
無事脱出成功。
そして今度は彼の車を押そうと思っていたら、自力で脱出成功されて・・
最初から脱出されるのを待っていた方が早かったのに・・と反省。
かなり焦っていたため判断を誤った。

ICパーキングに到着時点で8時 ((((;゚Д゚)))))))
送迎車は15分待ちとのこと。
これじゃ完全にアウトなので、ここはやめて
空港の駐車場へ!急げ!

国際線ターミナルで私は降り、彼は車を停めに行く。

(WEBチェックイン済みだけれどカウンターでの手続きも必要なので)

チェックインカウンター目指して猛ダッシュ!
走っている途中
「エアアジア クアラルンプール行は只今をもって搭乗手続きを締め切ります」
のアナウンスが Σ(´Д`lll)エエ!!

ええ~~~~

とにかく目星をつけたカウンターに駆け寄り
「エアアジア クアラルンプール行 乗ります!!!!」と訴える。
幸運にもエアアジアの係りさん
受け付けてくれました(ホッ)
ギリギリセーフといったところでした。
あーッ ドキドキしたわ 走ったわ ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

もうお1人は?と聞かれ、今車を停めに行ってますと答える。
本人が来てからチケットは渡される。
彼が来る間係りの方と話すと、
この便は飛ぶか飛ばないかのギリギリのところらしい、
出来るだけ飛べるように全力を尽くしますとのこと。

夫も到着し無事搭乗口へ。

飛行機に乗り込むもなかなか離陸しない・・・

行けるのか!? クアラルンプール・・不安・・・

機内で待機することおよそ40分
10:40 無事離陸 o(^▽^)o

(この日23日は我々が乗った飛行機の後は欠航になったらしい)


次のハードルは乗り継ぎ・・・KULからホーチミン
乗り継ぎ便に間に合うのか?

エアアジアD7551 札幌(新千歳)→クアラルンプール(2016.12.23)

新千歳発10:40(1時間20分定刻より遅れ)無事離陸したエアアジアD7551
KULへ向けて飛行しています。

なんとか、2016.12.23に飛び立つことが出来たことに感謝。
いつも運には見放されていると思っていましたが・・
そうでもないのか・・
次男に言わせると、悪いことばかり記憶に残っているからそう思うと。
たぶんそうでしょう。
外れた時のことばかり心に残っているものです(;'∀')

今のところ当たり率100%なのが
エンプティシートの申し込みです。
今回も当たりでした。

エアアジアD7551 で申し込んだのは空席1席、二人で一列使い。
座席指定はなしでこれのみ申し込みで、代金は約2000円。

R_evw6mr2JlmxDt1483538259_1483538351.png

クワイエットゾーンの席でした。
ここは乗客も少なくホント静かです(笑)


気になる乗り継ぎですが、
クアラルンプールからホーチミン行きエアは18:45発
定刻出発で乗り継ぎに1時間30分の時間があったのですが
それは出発便の遅れでなくなってしまいました。

CAさんにたずねると、乗り継ぎの場合、遅れた時は待っていてくれるということなので
ここは平常心に戻って(笑)ノンビリといたします。

で、機内食のオーダーはまずビールから
[BUY2 GET1FREE]
2缶買って1缶おまけのタイガービールを(/∀\*) (MYR44)

0101_201701042318369f8.jpg

NASI LEMAK (MYR18)

0102_20170104231838a7a.jpg

CHICKEN BIRYANI (MYR18)

0103_20170104231840a1e.jpg

NASI LEMAK は夫のオーダーです。
少し貰って食べました、安定の美味しさです。

CHICKEN BIRYANI は私、チキンは辛め。

全部で合計MYR80ですが、US$20支払いました。
(米ドルがあったので使用)

結局いつも機内食を頼むので、事前にネット予約しておく方が
種類も多いしお値段も安く済むように思います。
次回(いつかは未定ですが)は予約してみようと思います。

ホーチミン行きへ乗継「エアアジアAK524 KUL→SGN(ホーチミン)」(2016.12.23)

クアラルンプール空港着陸が迫ると
私たちが座っているクワイエットゾーンの空席に、
どんどんと人が移ってきました。

ここは飛行機のドアがすぐ近くに位置するので
乗継をされる乗客が移ってきているようです。
私たちの列の空席1席も譲り、
空席は全て移動してきた乗客で埋まりました。

私たちはホーチミン行きの便に乗り継ぎですが
他の方たちはどこなのかしら?なんて気になったりして(笑)

クアラルンプールKILA2に到着したのは18時(現地時間)。

ドアから一番に出ましたよ私、初めての経験(笑)

ホーチミン行きは18:45発です。

急げや、急げ!
「Transfer」の矢印を頼りに進みます。

さて、AK524のゲートナンバーは?
これがチケットに記載されていないので
案内板で確認するしかないのですが
その案内板が・・・焦っているせいか見つからない('◇')ゞ

そんなときは空港の人に聞く、案内カウンターへ
チェケットを見せて「ゲートは何番でしょう?」
直ぐにPCで調べてくれました。
「L7」「上に上がって真っすぐ進んで左に曲がってね」と・・

急いで~~~「L7、L7」と唱えながら小走り・・・
この空港広いんですよね・・・ここ左だよね・・左へ行くも
なんだか途中で不安になり、エアアジアの制服の女性がいたので、
「L7はどこでしょう?」と聞いてしまった。
「ここをまっすぐよ」と言われてホッとする(笑)

18:25くらいに搭乗ゲートに到着。

0104_201701042318417d1.jpg

やはり定刻に出発する様子はなく
待合はのんびりムード・・・

ホーチミン行きは19:20頃離陸いたしました。
座席指定をしています。2席(1000円)

0105_20170104231842a7f.jpg

ドキドキ、ハラハラ、本当によく走った一日。

当初の予定では、KILA2でラウンジへ寄ってまずビール、
夕食として軽食でも頂こうと思っていたのですが、
そんな時間はありませんで(-_-;)

無事ホーチミンへ到着できただけで上出来でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアアジア
札幌(新千歳) → クアラルンプール → SGN(ホーチミン)
1人:39500円

ふたつの失敗「タンソンニャット国際空港(ホーチミン)からホテルへ」(2016.12.23)

SGN空港(ホーチミン)到着。

イミグレでは、出入国カードは無し、
帰りのエアチケット(Eチケットの印刷したもの)の提示が必要です。

空港でまずベトナムドンを手に入れるためATMを探す。
CitibankのATMがありましたので、2,500,000ドン引き出し。
(Citibankの自分の口座から)
手数料はかからず、13,485円の引き出しとなりました。

次に私のスマホに入れるSIMカードを購入。
VND180,000 (電話も使うタイプ)

VNDをJPYに換算する簡単な方法を調べておきました。
0を二つとって残りを半分にする方法(笑)

例えば今回のSIMカードVND180,000をJPYにするには
0を二つ取ると、1,800で半分にすると900。
JPYで900円ですね。

では、ホテルへ向かいます。

空港からホテルへ行く方法はいろいろ調べたんですよ。
バスがいいかなぁーとか・・
でも、夜の到着。
夜、初めての場所でバス停から荷物を持って歩くのも大変かな・・と思い
タクシー移動に決めまして
このタクシーについても調べていたんです・・・

旅のしおり(自分作)にもこの通り↓(;^_^A

0115_20170107185542ae0.jpg

自分の心の中では、
「VINASAN」か「MAILINH」でそのタクシーのブッキングスタッフに頼む!
と決めてました。
で、予算は20万ドンまでと・・・
それが w( ̄o ̄)w

そのブッキングスタッフに行きつく前にアオザイを来た若い女性が
「タクシー?どこまで?」と声をかけて来て・・・
知ってたんです。
声をかけてくる人がいるってこと。
(それは無視しようと決めてたのに・・)
でも声をかけてくるのは、おっさんとばかり想像していた私は
このアオザイのお姉さんは、正規のスタッフかな~!?と勝手に解釈しちゃって
そもそも正規のスタッフって何?ってところなんですが(;'∀')

ホテルの住所を印刷した紙を見せちゃったんですよね・・彼女に
直ぐに「OK!」と言ってタクシーを呼んでくれたんですが・・
値段を聞くと「30万ドン」って (;゜0゜) 
「20万ドンでしょ!?」って言ってもダメだった・・
この時、直ぐにああ~~~違った~~~って思ったんだけど。
成り行きで乗っちゃって (-_-;)

タクシーの中では先ほど買ったSIMカードでうまくスマホが使えるかしら~?
と自分のスマホを見てたんですよね・・・

で、運転手がホテルの近くに来て何やら話しかけるので
場所が分からないのかなぁーと思い、
ホテルの住所を印刷した紙をまた出そうと・・・

あああ~~~~この時、私はスマホを~~~手から離していたんですよね・・

結局私たちは
「ホテルの前には渋滞で行けないから、ここから歩きなさい」と
交差点一つ前で降ろされまして、歩くわけです。
このやり取りもあって、完璧に私は自分のスマホの存在を忘れてました。

なんとかホテルにたどり着き。
チェックイン
ホテルの部屋の写真なんぞを悠長に撮って・・・

さて、夕食でも食べに外へ・・・となったときに
自分のスマホが無いことに気が付いた訳です ((((;゚Д゚)))))))

タクシーだ~~~!!って気が付いたんですが
タクシーの名前も運転手の名前も控えていませんでした。

ホテルのスタッフに相談してみるも
「VINASAN」か「MAILINH」ならね・・・と言われる。

なんでこれだけ事前にタクシーについて調べ、注意していたのに
おバカな結果になるのか
自分が情けなくて、ホントしょうもないです。゚(゚´Д`゚)゚。

スマホは電話をしてみてもダメで
完全に諦めました。2年間使用のスマホですが・・。
SIMカードを替えていたのでオリジナルSIMは自分の手元にあります。

と、しょっぱなから失敗続きの旅行となりました。

この後もいろいろと失敗が続くんですが・・・
年を取るとホント悲惨です。

落ち込んだまま夕食を求めてホーチミン初日の夜(2016.12.23)

スマホをタクシーに忘れて・・もう手元に返ってくることはないだろう・・と
きっぱり気持ちを切り替える・・と言ってもそう簡単なことではありませんが(-_-;)

とりあえず、ホテルの周辺を歩こうか~

夕食もまだだし、ビール飲みたいしね~ということで出発。

ベトナム情報を収集していると、必ず出てくる「バイク」と「クラクション」
早速その生の姿、現実とご対面 (*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

0140_20170109111352422.jpg



少し歩くと広場? 沢山の人が思い思いに楽しんでいるみたい・・
後日ゆっくり歩いて分かりましたが、ここは「グエンフエ通り」でした。↓

0141_20170109111354ddc.jpg

明日は24日、クリスマスですから、サンタもいまして、ピカチューも(o^―^o)

0142_20170109111355390.jpg

5pDB03cZPYi6Hse1483928443_1483928475.png

「グエンフエ通り」では特設ステージでライブ中。
プロの歌手が歌っているのか?分かりませんが
素敵なベトナム風(?)の歌が聞こえます。
かなりガンガンと b(’0’)d

適当にここでいいかぁーとお店に入ります。
オープン席ではなく静かさを求めて奥に入りましたが・・・
奥ではお店自体のBGMがガンガン!!
外の音とここの音で酷いことになっていました ((((;゚Д゚)))))))

0144_2017010911322534e.jpg

(↑自分の席から外を撮った写真)
真ん中にある白いアーチ状の物はイルミネーション。
何やら作業をしていましたので、これから点灯されるかと・・

音がガンガンで休まりませんが・・
ビール!

0145_20170109113226bab.jpg

0146_201701091132280d9.jpg

で、なぜかベトナム初日に「ピザ」(笑)

0147_20170109113229e9f.jpg

スマホのこととか、いろいろ話をしようにも音がうるさくて・・
会話できず (-_-;)

時間も遅いですし、疲れたので早々に引き上げます。

お店もかたずけ始めました・・

0148_20170109113230913.jpg

先ほどのイルミネーションが見事に点きました。

「THE LONG」
ピザ VND148,000
ビール VND98,000×4=VND392,000
サービス料 税金
合計 VND623,000 (カード決済JPY 3,277)
ここのお店は高かった。

ホテルへ戻る途中、MINISTOPでお買い物。
ここで買った缶ビールは330ml VND15,500 VND12,500 (80円位安い!)

Tan Hoang Long Hotel/タンホアンロングホテル(ホーチミン 2016.12.23~2016.12.25)

ホーチミンでは3泊。
そのうちの2泊は「Tan Hoang Long Hotel/タンホアンロングホテル」へ。
二つ星ホテルなんですが、魅力満載のホテルでした。

まずはロケーションの良さ!抜群です!
ホーチミンの中心部、ドンコイ通りへもグエンフエ通りへも直ぐに出られます。



お部屋も十分な広さ、古い感じが全体にしますが清潔で問題なしです。

スーペリア ツインルーム

無料の水2本(小ボトル)あり。

0125_2017010811363159b.jpg

向かって左のベッドの横にもチェストがあり便利でした。

0126_20170108113632995.jpg

0128_201701081136357ef.jpg

普通に冷蔵庫もあります。
中身はいたってシンプル。

0129_201701081136374c2.jpg

ここの「リンスインシャンプー」は良かった。
今までの経験では、ギシギシ感が残り
別に自分のコンディショナーが必要になるものが多い中で、
ここの「リンスインシャンプー」はこれのみでOKでした。
(私、ホテルのアメニティは使う人です、合わない時のために自分でも持参はしていますが)

0130_20170108113639883.jpg

バスタブまたはプール希望の夫、
こんな大きなバスタブがついております。

0132_20170108113641fbb.jpg

シャワーは水圧も十分だったのですが
バスタブにお湯をためるとぬるいお湯しか出なくて
折角の大きなバスタブを活かすことが出来ず・・残念ではありました。
たぶん、時間が関係するのかな・・・!?

クローゼット
中央横に渡っているバーにサッと服など掛けておけるので便利でした。
これ大ヒット!

0435_201701221432518bc.jpg

窓からの眺めもまたいい~
あのヘリポートが特徴の一番高いビルが見えます。

0134_20170108113645aa4.jpg

そして朝食付き(o^―^o)
この朝食が美味しいい!
メニューから選ぶんですが、メニューも多種。
朝食についてはまた別に書きます。

このホテルはホント良かったです!
コスパ抜群!

スーペリア ツインルーム
2泊 朝食付き
合計:$110(カード決済 13,468円 冷蔵庫から水2本)(1泊あたり 6734円)

ベトナムコーヒーが美味しい、タンホアンロングホテルの朝食(2016.12.24・2016.12.25)

朝食はフロント階にある小さなレストラン(?)で頂きます。

0150_2017011114524952c.jpg

ドリンクとフルーツはこちらから

0151_201701111452514d7.jpg

スタッフがメニューを渡してくれました。

↓メニューの一部です。まだ多数のお料理あり

0152_2017011115033088a.jpg 0153_20170111150331e1b.jpg

飲み物はコーヒーをお願いして

ベトナムコーヒーが美味しいと聞いてはいましたが
このタンホアンロングホテルの朝食時に
初めて飲んだベトナムコーヒーに感激 v(o゚∀゚o)v

0156_20170111150552a26.jpg

私は普段ブラックコーヒーでミルクもお砂糖も入れませんが
初、ベトナムコーヒーはアイスコーヒーにしました。
「カフェ スア ダー」というコンデンスミルクの入ったコーヒーです。
濃くがあり、チョコレートの風味がして甘いですが美味しい!!

夫のメインは「Vietnamese Beefsteak」
ビーフステーキと言えるのか?ですが(;'∀')
お肉はビーフ、目玉焼き、ポテトなどアツアツで、フランスパンとともに。

0160_2017011120161217e.jpg

私のメインは「Chicken Noodle Soup」 (フォー・ガー)
美味しい~

0154_20170111153812c2e.jpg

0155_20170111153814cbd.jpg

スイカとドラゴンフルーツを

0157_201701111949353ff.jpg

翌日12月25日の朝食

夫のメインは「Fried Rice With Pork」
メニューの写真を見ると卵に包まっているように見えますが・・
実際はこちら↓

0161_201701111949371d8.jpg

美味しいと言ってました。

私のメインは「Vietnamese Beefsteak」
昨日、夫が食べているのを見て気になっていた(笑)
フレンチトーストも美味しいと聞いて
どちらにしようかちょっと悩んだのですが(;^_^A
あのフランスパンに惹かれてこちらに

0159.jpg

このフランスパンがまた美味しい~
皮がパリッとして中はふわっ、程よい硬さ。

コーヒーはホットにしてみました。
いつも日本で飲んでいるブラックとの違いを感じたくて
違いましたね・・
ベトナムコーヒー独特の味わいというか私は好み。

すっかりお気に入りです(o^―^o)

初ベトナムコーヒーがこんなに美味しく頂けたのも
このホテルのおかげだと思います。
その後、他では、ベトナムコーヒーではないよね・・普通のコーヒーみたい!?
というホテルもありましたので。

ホーチミン市内観光へ、ドンコイ通りを歩く(2016.12.24)

2016.12.24 クリスマスイブ、ホーチミン市内観光します。

朝早くスタートできれば、混雑をいくらかでも避けられるかな・・と思い
頑張って8時頃にホテルを出ました。

朝、この時間の「ドンコイ通り」は若干?交通量も少なく・・ホッ・・・

0165_20170113080117c93.jpg

「サイゴン大教会」目指して「ドンコイ通り」を歩きます。

FdoggZLqDGTmWEk1484393324_1484393402.jpg

「レロイ通り」と交差する場所に
「市民劇場(旧オペラハウス)」が見えました。
その横には現在建設工事中の「ホーチミン地下鉄1号線CP1B工区」があります。
「オペラハウス駅」が出来るようです。

0175_20170114094809952.jpg

この「市民劇場(旧オペラハウス)」はフランス統治時代の1898年に建てられたもので、
現在は、市民劇場としてコンサートやバレエ、演劇などの公演で使用されているそうです。

南北内戦状態時は、南ベトナム共和国政府の下院議員の国会議事堂として使用され、
外観や内部は簡素に改装され、彫刻や調度品は全て撤去された。
その後、1998年に創建時の復元を開始、改装された外観や撤去された彫像や彫刻、
装飾品を復元配置し100年前の姿がよみがえっている。とのこと。
ホーチミンローカルより)

朝早くから生バンドの演奏、ハワイアンかしら?

0166_20170113080118de7.jpg

0176_20170114151338fa0.jpg

「市民劇場(旧オペラハウス)」を過ぎ次に「ホテルコンチネンタル」

0169_2017011415133585f.jpg

後ろを振り返り、「ホテルコンチネンタル」と向いの「ユニオン・スクエア」

0170_20170114151337d01.jpg

「ユニオン・スクエア」のクリスマスデコレーションがおしゃれ。

0168_20170114151334c6b.jpg

横を見ると「ホーチミン市人民委員会庁舎」

0182_20170114155737d5f.jpg

綺麗な建物ばかりの中で古い建物が新鮮に感じる。

0183_2017011415573854f.jpg

「ドンコイ通り」を歩いています。
歩道のパネルにはベトナム戦争時の写真・・

0184_2017011415574028f.jpg

「サイゴン大教会」が見えました。

0185_2017011416094288b.jpg

「サイゴン大教会(聖マリア大聖堂)」「中央郵便局(サイゴン中央郵便局)」(2016.12.24)

「ドンコイ通り」の始まり地点にある「サイゴン大教会(聖マリア大聖堂)」

クリスマスイブの「サイゴン大教会」はどんなんかしら?
とワクワクで訪れました。

フランス本国から建築資材を取り寄せて1880年に建てた双塔を抱くカトリックの大教会。

竣工 1880年4月11日 起工 1877(1963?)年
設計 ジュール・ブラール(Jules Bourard・フランス)

hdkXoVMlYwxg7cN1484397517_1484397584.png

入口前にあったクリスマスならではのオブジェ。

0189.jpg

入口ドアの上、ベトナムを感じる。

0190_201701142109184a8.jpg

入ったドアの上。

0191_20170114210918fce.jpg

フランス統治時代に建材、資材を全て本国フランスのマルセイユから取り寄せて建築した
コロニアル(植民地)建築です。
建築様式はネオゴシック様式です。
現在も現役のキリスト教最大教派であるカトリックの教会として活躍しています。
(サイト ホーチミンローカル より)

0187_20170114212946856.jpg

アーチ状の天井が神秘的

0195_201701142129517e2.jpg

教会内のステンドグラス

0198.jpg

クリスマスツリーがありました。

0188_201701142129483b6.jpg

朝早くに来れたので
静かな教会の空気を感じることが出来たように思います。

0192_20170114212949a88.jpg

「サイゴン大教会(聖マリア大聖堂)」をぐるりと見渡す

素敵・・

0205_20170114215042107.jpg

教会両側の双塔は、教会竣工後の1895年に増築されたものです。
左右対称で57メートルの高さがあります。
竣工当時は、36メートルだっと伝えられます。
幅35メートル、奥行きは96メートルという巨大レンガ建築です。
(サイト ホーチミンローカル より)

0206_20170114215044c65.jpg

映画のワンシーンのよう・・

0207_20170114215046978.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「サイゴン大教会(聖マリア大聖堂)」の横には「中央郵便局」があります。

ここがまた素晴らしい~~

中央郵便局(サイゴン中央郵便局)
オルセー駅を模し今もパリの地名と文化を残す120前開業の郵便局は21世紀もホーチミン市民の中央郵便局して活躍中

0209_20170114220838cf4.jpg

竣工 1891年 起工 1886年
設計 ヴィルデュー(フランス)・鉄骨設計 ギュスターヴ・エッフェル(フランス)

0211_20170114220841101.jpg

入ります。

0213_20170114220844690.jpg

ここ「郵便局」なんですよね・・
凄い ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

0212_20170114220842117.jpg

フランス統治時代に郵便や電信施設として1891年に建てられた建物です。
120年以上経つ現在も現役の郵便局として市民に利用されています。
興味深いことに中央郵便局がある地名はパリです。
同局のモデルは、パリのオルセー駅(現 オルセー美術館)と伝えられます。
(サイト:ホーチミンローカル より)


0210_20170114220840135.jpg

郵便局ということなので、ここから絵葉書を出そうと決めていました。

まずは絵葉書を買いに行かなくては・・

郵便局内にお店があって、絵葉書も売っています。
そこで3枚購入(VND5000×3)、友人2人と母へ送ります。

葉書記入中

0215_2017011422201624e.jpg

0216_20170114222017513.jpg

「STAMP」のカウンターで切手購入3枚分(VND32,000)

0217_20170114222018955.jpg

葉書に切手を貼って

dwLhivsMiPwpV381484400509_1484400553.png

「STAMP」のカウンターの係りの方に渡して終了。

後日、無事絵葉書は届きましたと受取人さんから連絡あり(o^―^o)