INDEX    RSS    ADMIN

ハノイ(ノイバイ国際空港到着)+バス86番で市内へ(2017.8.14)

ハノイのノイバイ国際空港到着。
イミグレを通り到着ロビーへ。

まずはベトナムドンを手に入れるため、ATMへ
次に、SIMカードを買う。
4GBで25万ドン(約1250円)

ハノイ市内へは、86番バスを利用することにします。

事前に調べた情報
出口を出て左手へ進む、横断歩道を渡る。
左手奥に86番バスの乗り場があり。

出口を出て横断歩道を渡ったところで、直ぐに声をかけられました。
「バスはこっち~」手を指す方を見ると、ミニバスが停まっています。
「86番バスに乗るの」と言うと、「ないよ!」「こっち、こっち」と言われて
一瞬、「??・・」あたりを見渡すと、86番の看板が見えた!
意志を固くして声をかけてくれた人を振り切った(^^;
アブナイ

86番の看板、その前には待っている人たち。

DSC05066_convert_20170905200954.jpg

0090_20170905203145e89.jpg

並んだ時、バスは発車したばかりだったのかな・・多分・・
20分以上はバスが来るのを待っていました。

バスはオレンジ色です。

並んでいる時に、後ろに来られた方が日本人お2人、ハノイは乗り継ぎで
今日の深夜便で帰国されるそう、
それで、空いた時間でハノイ市内へ遊びに行くとのこと。
バスに乗ってから車掌さんに、
行きたいところの地図を見せて降りるバス停で声をかけて貰っていた。
(楽しく過ごせたかしら?)

私たちは宿泊予約ホテル「MELIA HANOI」の前にバス停があると知っていたので
車掌さんに「MELIA HANOI」と言ってバス料金1人:3万ドン(約150円)を支払う。

0092_201709052031476c1.jpg

バス乗車中

DSC05067_convert_20170906092751.jpg


乗車時間は約40分ちょっとくらいかな・・。

ホテルの真ん前で降りました。ちょっと感激(笑)

サイト「HANOIBUS」
ここで事前に調べておくと市内でのバス利用に役立ちそうです。

(私たちがバスを利用したのは、この時だけになりましたが・・・・)

メリア ハノイ ホテル/MELIA HANOI HOTEL(ハノイ2017.8.14.~2017.8.16)

86番バスを降りると、ホテルが目の前にあります。
なんとも嬉しい瞬間でした。

「メリア ハノイ ホテル/MELIA HANOI HOTEL」
ホテルの外観写真↓は翌日(15日)撮影

0131_2017090716080994c.jpg

モダンな外観の高層ホテルは、ローケーションがよく、街のランドマーク的存在。
機能性と快適さを追求した客室は広々とし、優雅な滞在ができる。
(地球の歩き方より)

デラックス ルーム(32平米)

0101_201709071607572db.jpg

TVはNHKプレミアム日本語放送が入ります。

0102_20170907160758ca1.jpg

0103_20170907160800e7e.jpg

0105_2017090716080378e.jpg

0106_20170907160804e38.jpg

0107_201709071608059c5.jpg

0108_20170907160807956.jpg

ハノイのホテルを探していた時、たまたま【楽天スーパーSALE】の期間で
このホテルが最大35%OFF!となっていたんです。
いつもならもっと安い宿にするのですが、
「35%OFFが1泊からご予約可能なのはスーパーSALE期間だけ!」
というコメントにつられて、2泊予約。
朝食も美味しいと高評価ですが、そこは安く押さえるために無しで。

その後、いろいろ探してみると、他の予約サイトとそう変わらないようでした(-_-;)


【朝食なし】 デラックス ルーム(32平米) 
2泊合計:4,073,870ドン(20,369円 カード決済)

高級5つ星ホテル、ロビーも素敵です。

0130_2017090716255675c.jpg

0132_20170907162558094.jpg

各国のVIPが訪れているそうで、

0133_20170907162559c47.jpg

15日の午後はプールでひと泳ぎ。

0134_20170907163321e1c.jpg

16日のチェックアウト後、アオザイ姿のスタッフさんが素敵なので
お願いして一緒に写真を撮りました。

0120_20170907164016da7.jpg

ベトナム料理のお店『Duong’s Restaurant』(ハノイ2017.8.14)

フライト便が3時間も遅れたため
計画していたスケジュールはぶっ飛びまして(^^;
まずは、夕食にしなくては・・と言ってももう21時近く・・
夕食で行く予定にしているレストラン、21時でも大丈夫かなぁー?
不安ですがとりあえず行きます。

2016年夏にオープンしたまだ新しいお店。
旅行ブログを読んでいて見つけたお店です。

googlemapを頼りに歩きます。

この辺にあるようなんですが・・どこだろう?

DSC05078.jpg

見つけました、このお店。

DSC05079.jpg

スタッフさんに「予約はしてないの、2人なんですけど・・・」と聞いてみると、
「ちょっと待ってください」と確認後、1階のテーブルへ案内されました。
ホッ!良かった~~無事テーブルに着けました。
サーっと見渡すと満席!

まずはビール(^▽^)/ ハノイビール

DSC05081.jpg

DSC05083.jpg


メニューは写真付き、英語表記もありで助かります。

DSC05086.jpg

ですが、何が良いかよく分からないので、サラダを決めた以外は
スタッフさんに、ベトナム料理のおすすめを聞いて決定。

アペタイザー
これは注文品ではなく、日本の「お通し」みたいなものかな!?

DSC05089.jpg

ワインはボトルで

DSC05090.jpg

スタッフさん、フレンドリーで親切、とってもいい感じ(o^―^o)

おすすめベトナム料理1品目

DSC05091.jpg

さて、どうやって食べるのか?分からないので教えて下さい(^^;
スタッフさんが教えてくれます。
サトウキビの茎から肉を外し

DSC05093.jpg

ライスペーパーに包んで

DSC05094.jpg

流石、美しい・・

DSC05095.jpg

これをタレに付けて頂きます。

次は各々、自分で包みましょう・・・なのですが・・
ライスペーパーが薄いので、なかなかあのように美しくとはいかず、
ボロボロ状態で頂きました(笑)

サラダ (何サラダか忘れた)

DSC05096.jpg

おすすめベトナム料理2品目

DSC05097.jpg

こちらもスタッフさんが食べ方を教えてくれます。

レモングラスの茎からお肉を外して

DSC05098.jpg

盛り付けてくれました。
ここにスープを注ぎ頂きます。

DSC05100.jpg

DSC05101.jpg

レモングラスが効いて凄ーく美味しい~~
ベトナムで初めて出会った味、感激!

お料理はどれも美味しく、盛り付けも素敵です!

合計: 1,005,000ドン (4,987円 カード決済)

メニューを確認したくてこのお店を検索してみると
なんと、トリップアドバイザーのベトナム料理レストラン、818件中  5 位 w(゚o゚)w
1位だったこともあるらしい。
(旅行前はこのサイトを見てなくて、知らなかった)
皆さんのコメントも良いものばかり。
私も同感です。
そうそう、フォーが美味しいとコメントにあったのですが、
今回私たちは、翌日の朝食にフォーを食べようと計画していたので
ここではあえて注文しなかったのですが・・
食べてみたかったな・・と今は思っております(;'∀')

DSC05102.jpg

おすすめのレストランです(o^―^o)

ハノイ、フォーの人気店『PHO THIN (フォー・ティン』(2017.8.15)

前回のベトナム旅行でベトナム名物のフォーをフォー専門店で
食べそこなっていました。
なので、まだ一度もフォー専門店へ行っていないのです。
ベトナム名物のフォー、実はハノイが発祥だそうで
なおの事、今回は絶対!食べたい!思いは強い。

行くのは、フォーの人気店『PHO THIN (フォー・ティン』に決めました。
このお店を選んだ理由は、お気に入りの番組
NHK BSプレミアムの2度目の旅シリーズ「2度目のハノイ」で紹介されていたから。
ホテルも予めこのお店へ徒歩で行ける事を条件に選びました。

15日の朝食は『PHO THIN (フォー・ティン』で!
ホテルを8時前に出発。
徒歩で向かいます。

ハノイもバイクが多い・・

DSC05120.jpg

DSC05126.jpg

ベトナムを感じる・・

DSC05130.jpg

前回、ホイアンで買ったカードを思い出しました。

これ↓
060220170307212949c3f.jpg

DSC05131.jpg



約15分ほど歩いて到着。
『PHO THIN (フォー・ティン』

DSC05133.jpg

お店に入り、どこに座ろう・・・

DSC05134.jpg

壁側のカウンター席へ
特に何も言わなくとも、座って待っていると、
フォーボー(牛肉のフォー):50,000ドン(250円)が来ました。
(メニューはこれのみ)

ネギ・パクチーがいっぱい。

DSC05135.jpg

「2度目のハノイ」から、ここのオーナー、ティンさんのお話
スープは厳選した豚骨をベースに牛骨や牛肉の各部位を8時間以上煮込み
それに、ショウガ、八角、シナモンなどで味を調える。
麺は米どころタイビン省の厳選した米を3年間寝かせてから米粉を作る。
水分が十分抜けた米粉で麺を打つのでべた付かずに喉こしの良いフォーができる。

DSC05136.jpg

美味しい~~です!
食べる事が出来て良かった!
満足、満足(^▽^)/

DSC05137.jpg

朝食後は、ハノイの観光へ向かいます。

歩いているとこういった光景が至る所に
このイスが印象的、皆さん朝のお茶タイムなのかな・・・

DSC05141.jpg

消防車

DSC05146.jpg

ここは消防署のようです。

DSC05147.jpg

まだ、歩きます。

ハノイ:オペラハウス(市劇場)で数分雨宿り、チャンティエン通りの「HIGHLANDS COFFEE」へ(2017.8.15)

オペラハウス(市劇場)へ向かって歩いていると、雨が降り出した。
私は折り畳み傘を持参していたのでとりあえず大丈夫。
夫は雨に濡れても全然平気な人なのでそのまま歩くが・・

オペラハウス(市劇場)到着。

DSC05151.jpg

ここで少し雨宿り。

内部の一般公開はされていない。外観のみ見学。
ホーチミンのオペラハウスも素敵でしたが、ここハノイのも素敵。

DSC05152.jpg

劇場でコンサートや演劇が行われる日は、19:00時頃から終了時間までライトアップされ、
昼間とはまた違った幻想的な姿を見せてくれるそう。(地球の歩き方より)

お隣に「HIGHLANDS COFFEE」があるが、屋外テーブルばかりなのでここは諦める。
(雰囲気が良いので天気がいい日はここが良いだろうな・・)

オペラハウスを背に撮った前のロータリー

DSC05153.jpg

このチャンティエン通りへ行きましょう。

DSC05154.jpg

道路を渡り終えて、振り返りオペラハウスを撮る。

DSC05155.jpg

DSC05157.jpg

チャンティエン通りを歩く。

DSC05158.jpg

オシャレなカフェ「コン・カフェ」がありますが・・
その手前に「HIGHLANDS COFFEE」を見つけた(^▽^)/
実は「HIGHLANDS COFFEE」が好きなんです、ワタシ。

DSC05159.jpg

ベトナムコーヒー・・

DSC05162.jpg

ベトナムコーヒーの甘い「Ca Phe Sua Da」が飲みたい。

DSC05161.jpg

「Ca Phe Sua Da」 29,000ドン(145円) (8:51am)

ここで、ipadやスマホ、ガイド本、しおりなどあらゆるものを見ながら(^^;
この後どうしようか・・・雨が降っているしね・・と会話をしていたら
日本語で若い女性から話しかけられたw(゚o゚)w

「何か、私で良かったら相談にのりますよ」って
彼女はベトナム人、日本へ現在留学中。
今はお休みでハノイへ戻って来たそう。
それも、留学先は旭川市 (*゚Q゚*) まあーお近くじゃありませんか!
「私たちは、これからホーチミン廟へ行こうか迷っているのだけど
行った方が良いかしら?」と相談すると、「是非行ってください。」と、
「雨が降っているので、歩くのは大変だからタクシーで
4万ドン以内で行けます。」とアドバイスを貰う。
親切な彼女、とっても日本語が上手でいろいろお話しできて良かった!

では、タクシーにてホーチミン廟へ向かいます。

ハノイ:ホーチミン廟(2017.8.15)

「HIGHLANDS COFFEE」を出てタクシーが通るのを待つ。
直ぐに見つかり、手を挙げて止める。

タクシーで「ホーチミン廟」まで、
教えてくれた彼女の言う通り4万ドン以内3万ドンで到着。

大勢の人たちが並んでいるので、私たちもそこへ
ここの中へ入り、横にあるラゲージルームにバック等を預け、番号札を貰う。

DSC05163.jpg

そのまま進む。

DSC05164.jpg

2列に整列して係りの指示に従い、「ホーチミン廟」へ向かう。

写真↓左奥に見えて来た建物がホーチミン主席の遺体が安置されている「廟」

DSC05166.jpg

「廟」に到着、1列に並んで入場、進む。
撮影禁止、私語や途中で立ち止まるのも禁止。

ガラスケースの中のホーチミン主席の遺体とご対面!
余りに美しいのでびっくり w(゚o゚)w
見る前は、なんとなくミイラらしき雰囲気を想像していたので
まるで生きているような、ただ眠っている雰囲気に驚いた。
静かに見学させてもらい、終了。

DSC05186.jpg

そのまま人の流れに沿って歩いていく。

よくわからないまま、チケットを購入(;'∀') 1人:4万ドン(200円)

DSC05168.jpg

この黄色の洋館は、ホーチミンが1954年から亡くなる1969年まで執務を行った大統領府だそう。

DSC05169.jpg

DSC05170.jpg

DSC05172.jpg

実際に使用していた車。

DSC05173.jpg

DSC05177.jpg

DSC05182.jpg


池を左手に見ながら進むと、1969年まで住んでいた家がある。
1958年に建てられた木造高床式の素朴な住居。(写真無)

当時のまま保存されている書斎。

DSC05184.jpg

一通り見終えて、残すは「ホーチミン博物館」
興味が無いので・・ここはパス (;'∀')

DSC05188.jpg

DSC05187.jpg

では、バックを受け取りに戻ります。

ガイド本によると、ホーチミン遺体見学は1~2時間待ちになることもあるとあり
待つのなら見なくてもいいかなーと旅行前は思っていた。
実際に見ることになり待ち時間も覚悟していたが、
思っていたよりもスムーズに見学が終了。
ホーチミン主席も美しくて、来たかいがあった。
薦めてくれたベトナムの彼女に感謝。

(いた時間:9:30~10:40am)

・・・・・・・・・・・・・・・・メモ・・・・・・・
ホー・チ・ミン(ベトナム語: Hồ Chí Minh / 胡志明, 1890年5月19日 - 1969年9月2日)は、
ベトナムの革命家、政治家。植民地時代からベトナム戦争まで、
ベトナム革命を指導した建国の父である。
初代ベトナム民主共和国主席、ベトナム労働党中央委員会主席。(Wikipediaより)

ハノイ:タンロン遺跡(旧ハノイ城)(2017.8.15)

ホーチミン廟の次はタンロン遺跡へ

タンロン遺跡 (ベトナム語: Di tích Hoàng Thành Thăng Long / 遺跡皇城昇龍)は、
2003年からベトナムの首都、ハノイで発掘された遺跡群。
タンロン(昇龍)はハノイの旧称。
1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いたため、
各時代の遺跡が重なっているのが特徴である。
2010年8月にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。( Wikipediaより)

taro1.png

入口、チケット売り場は軍事歴史博物館寄りの方、ディエンビエンフー通り側。
フラッグタワーから歩いて1分位、それ以上かかったら通り過ぎていると思った方がよい。
と事前に情報収集、メモをして準備万端向かったのですが・・・
しっかり通り過ぎました(・_・;)
「入口がないよね・・?」と言いながら歩く・・既にフラッグタワーからかなり離れ・・
これは戻ってみた方がよいと戻る。
そう言えば、並木の枝刈り作業をしている所があって、
そこは通れず車道を歩くよう案内されたんですよね。
その通り、ボーっと歩いていたのでそこに入口があるとは思わず・・
戻ってみると、ここだったのです!
だから・・入口が分からなかったのね・・と言うわけで、なんとか到着。

DSC05230.jpg

ここを入り、右を見るとこの建物がありこの中でチケットを買う。

DSC05195.jpg

チケット1人:3万ドン(150円)

DSC05196.jpg

向こうに見えるのが「端門」(ドアン モン)

DSC05197_20170920082145317.jpg

「端門」(ドアン モン)
第一城壁に配されていた正門。

DSC05199.jpg
DSC05202.jpg

門を通る。

DSC05203.jpg

「端門」(ドアン モン)の上、楼閣に上がることが出来る。

DSC05206.jpg

楼閣からの眺め、フラッグタワーが見える。

DSC05209.jpg

反対側の眺め

DSC05210.jpg


DSC05216.jpg

敬天殿(ディエン キン ティエン)
龍の手すりの階段の上が皇帝の宮殿があったとされる一角だそう。

DSC05217.jpg

DSC05227.jpg

次は、旧市街にあるお店「Banh Mi25(バインミー25)」へ

ハノイ:Banh Mi25(バインミー25)(2017.8.15)

ベトナムと言えば「バインミー」と私は一番に答えるかも(笑)
それくらいお気に入りのベトナム式サンドイッチ。

歩き出して直ぐにあったバインミー屋さん、
でも目的のお店はここじゃなくて・・・

DSC05232.jpg

目指すは「NHKBS2 2度目のハノイ」で紹介されていた
ハノイで人気のバインミー屋さん、

旧市街を歩く

DSC05235.jpg
DSC05236.jpg
DSC05237.jpg

タンロン遺跡から徒歩20分くらいで着く予定なのだけど・・・
GoogleMapに付けた☆マーク地点に来てもお店が見当たらない(・。・;
同じところを何度も行ったり来たりして・・「ないよね!?」
「なんでないの~」

DSC05244.jpg

☆マークは、日本語「バインミー25」で検索して付けた所。
なんと!正解は「Banh Mi25」で出た所でなければならない。
結果、間違った場所へ行っていたわけ( ノД`)

b

この時はまだその間違いに気づいておらず、
人に尋ねて「あっちだよ~」と教えて貰い、なんとか見つけることが出来た(ホッ)

GoogleMapさん情報、時々間違いもあるので要注意。(自分が)

苦労して到着!「Banh Mi25」

DSC05247.jpg

人気店だけあって混んでます。

DSC05252.jpg

「ここで食べます」と言うと、オーナーからお店の横、息子くんがいるテーブルに案内され
なんだか、お宅にお邪魔させてもらってスミマセン状態(;'∀')

チキンとポークをオーダー、お隣のカフェでアイスコーヒーと水をオーダー

DSC05256_201709210741209fb.jpg

自家製パテ、自家製ソーセイジはオーナーの手作り
お爺さんから受け継いだ味だそう。(2度目のハノイより)

DSC05257_20170921074121cfd.jpg

DSC05260.jpg

パクチー、ニンジン、キュウリ、そして選んだお肉が入り、そしてチリソースで完成。

DSC05261_20170921074124c9a.jpg

バインミー1つ:25,000ドン アイスコーヒー:20,000ドン 水:5,000ドン
合計:75,000ドン(375円)

美味しい~~安い!! 美味しい~~(^▽^)/ 安いなぁー。

丁度、このお家もお昼ご飯時で、おじいさん(?)がご飯を持って来て
お孫さん(?)と一緒に食事をしていた、昼ドラを真剣に見ながら(笑)
ドラマのことを何やら言いながら食べていたのが・・微笑ましい。

DSC05262_2017092108430896c.jpg

お邪魔しました。

帰る頃はお客さんも少なくなって・・お店の外観が見られた。

DSC05263.jpg

 

ハノイ:旧市街を歩く+ビールで休憩+ホアンキエム湖(2017.8.15)

ハノイ旧市街
1010年のタンロン(現ハノイ)建都から、
歴代の朝廷に献上するための品を作る職人たちによって形成された城下町。
通りごとに同種の職人工房や専門店が集まっている。(arucoより)

DSC05264.jpg

どの通りを観ようかとか考えは無く、ただ、ホアンキエム湖を目指して旧市街を歩く・・・

DSC05265.jpg
DSC05266.jpg
DSC05267.jpg
DSC05268.jpg

歩道は、小さなイスで食事、お茶をしている人で埋まっていたり
バイクの駐輪場となってバイクで埋まっているため
人が歩くスペースなし(-_-;) 歩くの大変(-_-;)

DSC05270.jpg

疲れてきたし、喉も乾いたので、休憩が必要・・ってことで
適当にあったこちらへ~~ここはホアンキエム湖の前、客はほぼ観光客かと・・

DSC05278.jpg

ビール1:55,000ドン 

DSC05274.jpg

ホアンキエム湖

DSC05279.jpg

横はこんなロータリーがあって、噴水も素敵

DSC05285.jpg

湖を見ながら歩く・・

DSC05287.jpg
DSC05289.jpg
DSC05292.jpg

亀の搭をズームで
夜はライトアップされて綺麗らしい

DSC05293.jpg

近くのスーパーへ、
そうそう、ここも「2度目のハノイ」で紹介されていたスーパー「インティメックス」
日本人客が多かった。みなさん、お土産を買っているのかな!?
我々はワインがあるかしら~?と見に来ました(笑)

DSC05294.jpg

ワインとワインオープナーを購入。
スクリューキャップのワインがなかったので。
ホテルでオープナーを借ることも考えたが、これからも使うと思い買うことに(安いし)
(機内持ち込みできないので、捨てて来ました)

ここで15時くらい。
ホテルへ戻り、プールでリラックスした後、出かけます。

ハノイ:ハノイ大教会+夕食は「Cha Ca Tan Tan(チャー・カー・タンタン)」へ(2017.8.15)

ホテルに戻りプールで少しリラックス休憩後、夕食へ
お店に向かう途中、「ハノイ大教会」に寄ってみた。

DSC05299.jpg

P1040200_convert_20170923103843.jpg


1886年、仏教寺院の跡地に建立されたハノイで最も大きな教会。
その後、1900年初頭に現在のふたつの尖搭を有するネオゴシック様式に改築された。
外壁は白と黒の石材を使用して建てられたが、
現在はカビとほこりでそのほとんどが黒ずんでいる。(地球の歩き方 より)

DSC05300.jpg

内部のステンドグラスはイタリアのベネチアから輸入されたものだそう。

DSC05301.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レストラン「Cha Ca Tan Tan(チャーカータンタン)」へ
このお店もまた、また「NHKBS2 2度目のハノイ」で紹介されていた。

「味もコスパも太鼓判、北部家庭料理のお店」とガイド本arucoにも紹介されている。

「Cha Ca Tan Tan(チャーカータンタン)」到着

DSC05304.jpg

お客は我々しかいません・・
人気店なのですよね!?
19時過ぎですが・・まだ早いのかな!?

とりあえずビール(^▽^)/

DSC05305.jpg

夫は魚料理が苦手だけど、そこはハノイ名物ということで食べても良いと選択、
「2度目のハノイ」でも美味しそうだったので。
北部の代表的な家庭料理白身魚と香草の油鍋「チャー・カー・ラボン」を2人分。

DSC05309.jpg

「チャー・カー・ラボン」
フライパンで白身魚(ナマズ)と香菜を炒めて

DSC05307.jpg

調理してくれているのは、高校生くらいかな?・・少年・・
私たちが日本語で会話をするたび、他のスタッフに向かって笑いながら話しているのが
気になるんですけど・・何を言っていたのかなぁー(;'∀')

DSC05311.jpg

ブンと一緒に盛り付けてくれました。

DSC05310.jpg

揚げ春巻き

DSC05308.jpg
DSC05312.jpg

美味しく頂きました。

食べ終えるまで、客は私たちのみ・・
このお店の家族なのかな?子どもたちが走り回っていて(-_-;)
なんだか、場違いのような雰囲気でゆっくり食べられず、残念だった。
お店を出るときにやっと2組お客さんが来たんだけど、20時頃。
これから混み合うのかな!?

合計:252,000ドン(1,260円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、ホテルへ戻る途中、
どこかのビル?ホテル?の前にあったオープンバーで一杯・・
合計:140,000ドン(700円)

DSC05313.jpg
DSC05315.jpg

雨が降っていたからお客はいません・・(-_-;)

2017.8.15終了

明日は今回の旅行のメイン!「ハロン湾1泊2日クルーズ」へ