INDEX    RSS    ADMIN

電車(各駅停車)とバスで台北から九份へ(2017.9.18)

台北に到着、ホテルに荷物を預けて今日は九份へ行きます。

九份は夕方、夜が風情があって良いのですよね・・
ですが夜、九份から台北へ戻ってくるのが本当に大変だった経験があって
夕方の九份観光は諦めて、比較的混雑の少ない日中に行くことにしました。

そして、行く方法もいろいろありますが電車を選択。
台北駅
P1040749.jpg

切符を買おうか?座席指定をして・・と思ったけれど

P1040750.jpg

悠遊カード(EASY CARD)を改札でピッとして各駅停車の自由席で行くことに。

P1040754.jpg

プラットホームは地下の4B

10:44発の電車に乗ります。

P1040756.jpg

空いてます~~楽勝で座れた(笑)

「端芳」駅到着 11:40

P1040760.jpg

P1040761.jpg

駅を出て、左へバス停目指し歩く。

P1040762.jpg

バス停到着。

P1040764.jpg

「金瓜石」行のバスに乗る。
九份の次のバス停で降りる。ほとんどの客がここで降りる。

バス停からちょっと歩くと展望台があり、そこからの景色。

P1040765.jpg

展望台を後に、セブンイレブンを目指し歩くと直ぐに九份「基山街」の入口。

P1040771.jpg

P1040775.jpg

12:15

「九份茶坊」でゆっくりとお茶を(2017.9.18)

メインストリート、基山街沿いの「九份茶坊」に来ました。

九份は初めての夫に、ゆっくりと贅沢なお茶の体験もいいかなーと思い、
私は2度目ですが、ここ「九份茶坊」を選択。

P1040800.jpg

外の景色を眺めながらお茶を楽しめるテラス席を希望。

P1040782.jpg

ここからの眺め

P1040780.jpg

お茶はどれにしましょうか?
好みも無、知識もなしの我々は適当に・・(;'∀') 選択。

P1040783.jpg

お茶菓子はパイナップルケーキを

P1040784.jpg

前に来た時もテラス席、懐かしく思い出す・・
お茶の入れ方も教わったけれど、今回また教えて貰う。

P1040786.jpg

P1040788.jpg

湯気が上がった鉄瓶から器にお湯を注ぎ、それを茶葉を入れた器に移し
湯飲み茶わんへ
ゆっくりと台湾のお茶を楽しむ・・

P1040790.jpg

白い器たちは前に来た時と変わらず。

P1040793.jpg

絵葉書とうちわを頂いた。

P1040792.jpg

お手洗いは階下、階段のところにある池(室内)

P1040796.jpg

「九份茶坊」
かっての地元の名士翁山英さんの住居跡でした。
ある日芸術家でオーナーの洪志勝さんが写生に来た際に九份の景色に魅せられ、
長らく廃墟だった住居を1991年に、アートスペース兼茶芸館に生まれ変わらせました。
ちなみに、候孝賢監督の「戯夢人生」のロケ地でもあるのだとか。
(台北ナビより)

趣のある室内も良い

P1040797.jpg

写真がピンボケですが(^^;)

P1040798.jpg

お茶・お菓子 合計:1100元 (約4200円)

1人2100円ほど使いまして・・
お茶でのこの料金は私たちには贅沢過ぎたかな(笑)

九份:記念撮影のメッカ、悲情城市の撮影地、「豎崎路」(2017.9.18)

九份は台北の東に位置し、基隆からは約10kmの山間にある小さな町。
かつては人口数十足らずの小さな村だったが、1893年に金鉱が発見されて
ゴールドラッシュが沸き起こり、
日本統治時代にはアジアのゴールドタウンとまで呼ばれていた。
しかし、やがて金鉱脈も底をつき、もとの静かな町に戻っていった。
台湾で大ヒットした映画「悲情城市」の舞台になったことで
観光客が訪れるようになった。(地球の歩き方 より)

a4.png


九份茶房でお茶を楽しんだ後はお店を出て右方向へ
景色を眺めるスポットがあり、時間が合えば美しい夕日が見られる。

この写真は、前に来た時に撮ったここからの夕日の景色。
記事はこれ⇒「台湾旅行 2011.7.23 (その3)」

IMG_8617.jpg
↑(2011.7.23撮影写真)

今回は日中に来ているので、夕日が見られる時間まではいない予定。

ここで見た景色はこちら↓

P1040801.jpg

P1040802.jpg

奥の方まで少し歩いて、戻る。
そして、
九份の記念撮影のメッカ悲情城市の撮影地「豎崎路」へ

P1040813.jpg

有名な「阿妹茶酒館 アーメイ ツァー ジョウグァン」

P1040842.jpg

今回は写真を撮っただけ
前にここでお茶した記事はこちら⇒「台湾旅行 2011.7.23 (その4)」

P1040843.jpg

P1040834.jpg

P1040837.jpg

P1040839.jpg

「芋仔蕃薯/オアーハンジ」で昼食(2017.9.18)

昼食にします。
事前に調べておいたお店、「芋仔蕃薯/オアーハンジ」へ

豎崎路の階段通り、「阿妹茶楼」の隣に「芋仔蕃薯/オアーハンジ」の入口があります。

P1040844.jpg

P1040845.jpg

この洞窟のような所の向こうにお店があるそうです。

P1040832.jpg

ここを通って

P1040814.jpg

お店に到着。

P1040815.jpg

アンティークが沢山置かれ雰囲気の良い店内

P1040827.jpg

テラス席もあるようなので、そちらへ

P1040829.jpg

テラス席から見える景色

P1040820.jpg

チャーハン 280元
こんなに鋭い形で出てくるとは(笑)

P1040821.jpg

塩豚入り

P1040822.jpg

茶豆腐 150元

P1040823.jpg

美味しかった。

P1040824.jpg

P1040828.jpg

素晴らしい景色を眺めながらの食事、良い時間をすごせました。

ここはメニューも豊富で美味しく、人気のお店だそうです。

そろそろ台北へ戻ります。

バスで九份から台北へ(2017.9.18)

14時過ぎ、そろそろ台北へ戻ります。

まずはバスに乗るためバス停へ

豎崎路の階段を下に行くとバス停がありますが、
そこからだとバスが混んでいて乗れない不安があって
(時間的にはそこまで混んでいないと思いますが、心配性で(;'∀'))
少し遠回りですが、基山街を行きセブンイレブンの方へ戻ります。



セブインイレブン前の道路を右へ進むとバス停、バスターミナルがあり
丁度1062番のバスが来ていました。
この1062番のバスは台北市内まで行くバス、迷わずこちらに乗ります。

14:35
P1040847.jpg

九份は山の町
バスの車窓から撮った風景

P1040848.jpg

途中、バス車庫のようなところへ・・・
西塘へ行った時のように、ガソリンを入れるのかしら?と思ったのですが
どうも違う様で・・・どこかチェックか修理(?)をしていたのか?
ここに10分ほど停まって・・発車

P1040851.jpg

無事到着、台北、終点です。
16:00頃

P1040854.jpg

近くにSOGOがありました。

P1040855.jpg

最寄りの駅はMRT「忠孝復興」駅

P1040856.jpg

MRTに乗って台北駅へ