INDEX    RSS    ADMIN

タイ-エアアジアX:札幌(新千歳)→バンコク(ドンムアン空港からバスとBTSでホテルへ)(2018.4.30)

事前にタイで使用するプリペイドSIMカードをAmazonで購入。(690円)

DSC07940_convert_20180509223822.jpg

いつも利用する狸小路の両替所で両替した5500バーツ(19968円:4月21日)を持参。


4月30日(月)
旅行のスタート、初めて乗るバンコクへの直行便
タイエアアジア  XJ621 札幌(CTS) 9:55→バンコク(DMK)15:10

DSC07944.jpg

いつも通り、機内持ち込み手荷物のみで行く。
(メイン・サブバック合わせて 7㎏)
頑張って、頑張って7㎏にした我々(^^;)

DSC07943.jpg

ワタシのサブバックはなんとペラペラのエコバック(笑)
(地元の新聞店からの粗品)
これは軽くていいよね~ともう見た目は無視で・・・
ファスナーが無いので、紐でポーチを繋いだりリボンで持ち手を追加したり^^;

新千歳のカウンターでは今回計量はなかった。
(その時に応じて、スタッフによって?あったりなかったりだなぁ・・)

今回のタイエアアジアの XJ621便はいつものレザー張りチェアではなく
布張りチェアで機体も新しく感じるけど・・どうなのかな!?
座席はWEBチェックイン前に座席指定(有料)をした。
この座席指定については、今回は失敗して悔しい思いがある^^;
今後の検討課題(別に書く予定)

定刻出発、満席、ドンムアン空港まで7時間15分の飛行。

DSC07948.jpg

機内食はフライト前に予約すると、値段も得で多彩なメニューから選ぶことが出来る。
そして、無料ドリンク(ミネラルウォーター、またはコーヒー)が付くので
予約済み。この予約も実は失敗してしまって^^; 
情けないことあり(詳しくは別に)

グリーンカレーとコーヒー

DSC07952.jpg

チンおじさんのチキンライスとコーヒー

DSC07953.jpg

前回のエアアジア搭乗時の機内食は500円、今回は600円だった。

飛行中、IPADにダウンロードしておいた映画を2本鑑賞。
「うさぎドロップ」(邦画) 
「あいつの声」(韓国映画)←面白かった。
「故イ・ヒョンホ君誘拐殺人事件」を基に作られた作品とのこと。


バンコク:ドンムアン空港到着、28℃。

入国審査(出入国カードあり)を終えて、到着ロビーへ

DSC07954.jpg

国際線は第1ターミナル、
ここから市内へは私が調べた結果、
エアポートバスでBTSのモーチット駅へ行きそこからBTSで・・という経路が
安く早く行く方法と判断した。

ならば泊るホテルはBTS駅に近いところに・・
前回バンコクで泊ったホテルに予約したかったが、既に満室だった。
BTS駅に近いホテルを新たに探す、見つけたのが「S Sukhumvit Suite Hotel」
ここは、駅から雨に濡れずにホテルまで行けるという。

ドンムアン空港第1ターミナルのバス案内表示を見て

DSC07955.jpg

6番出口から出てバス停を探す

DSC07956.jpg

A1とA2がBTSモーチット駅に停車するバス。
A1バスに乗車。

DSC07957.jpg

料金はバスに乗り座り落ち着いた頃に車掌さんが集めに来る。
1人30バーツ。

DSC07959.jpg

モーチット、モーチットと車掌さんが大声でバス停を知らせてくれるので大丈夫。
まぁ殆どの客はここで降りたので分かり易い。

BTSモーチット駅

DSC07960.jpg

DSC07962.jpg

窓口でBTSのラビットカードを購入。
(SuicaのようなプリペイドICカード)
200バーツ(発行手数料50バーツ•デポジット50バーツ•チャージ100バーツ)

DSC07964_201805092221421cd.jpg

BTSアソーク駅到着。

スカイウォークを通ってホテルへ向かう。

DSC07966.jpg

立地で選択したバンコク1泊目「S スクンビット スイーツ ホテル (S Sukhumvit Suites Hotel)」(2018.4.30)

BTSアソーク駅からスカイウォークを歩き「S スクンビット スイーツ ホテル」へ向かう。

DSC07969.jpg

向こうにホテルが見えて来た。

DSC07970.jpg

途中、下の交差点の様子を眺める・・大都市・・日本と同じ左通行。

DSC07971.jpg

ホテルの横と言うか入口前に降りる階段あり。
なるほど、ここまで雨に濡れずにホテルに到着できる。
(この時雨は降っていません)

DSC08022.jpg

いつもドアマンがいてドアを開けてくれた。
(自動ドアではなくちょっと重そうだったから、これは助かった)

DSC07983.jpg

受付カウンターは2階。
チェックインをして部屋へ・・エレベーターはキーカードをタッチするセキュリティあり。

スーペリアルーム

DSC07975.jpg

窓はあるけれど・・カーテンを開くとお隣のビルの壁^^;
(ないと同じ感じかな)

DSC07976.jpg

部屋の印象は少し狭い感じではあるけれど、清潔感があって良い。

DSC07977.jpg

シャワールームがガラス越しに見えるが、ロールカーテンあり。

DSC07980.jpg

タオルが・・古い感じで・・
シャワーの水圧弱い・・(^^;

DSC07982.jpg

スーペリアルーム 朝食なし 1泊 7,698円 (agodaで予約)


立地は申し分なし!
ストレスなくスカイウォークを歩いて「BTS アソーク駅」「MRT スクンビット駅」へ
行けるのは大変便利。
設備も十分。

特にこのスリッパが良かった(笑)
ワッフル生地でフカフカ・・

DSC08020.jpg


部屋に入り少しすると電話が鳴った・・ドキドキしながら出ると
スタッフから「お部屋はどうですか?」と・・
(外国で突然電話が鳴ると‥何事?って怯える 笑)
このような電話をサービスを受けたのは初めて。
「ええ、この部屋で良いです」と返事をした。

ロケーションが良く、清潔な部屋で設備も十分、短期宿泊には問題なく良いホテル。



プーパッポンカリーが食べたくて!「SAVOEY:サヴォイ・Mercury Ville店」(バンコク・2018.4.30)

タイ料理の「プーパッポンカリー」をまだ食べたことが無くて、
今回は必ず食べよう!と決めていた。

「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」というと、
「ソンブーン」の本店が超有名とのこと。
ここで、この料理が発案されたとか。
「ソンブーン」に行こうか?と思ったのだけど、どうも我々のいるホテルからは行きづらい。

そして次に見つけたお店が「サヴォイレストラン」
ここの「プーパッポンカリー」も美味しいと評判がいいみたい。
「ソンブーン」よりも脂っこくなくて良いという情報もあり。
バンコクには数店舗あるよう、ホテルからBTSで直ぐの所に店舗あり。
「SAVOEY:サヴォイ・Mercury Ville店」ここに決定。



BTSアソーク→チットロムChit Lom下車

BTSチットロム駅直結のThe Mercury Ville 2階にあり。

DSC07987.jpg

「SAVOEY:サヴォイ・Mercury Ville店」 

DSC07989.jpg

ドドーンとカニがある・・おお~

DSC08002.jpg

「プーパッポンカリー」は
カニをカレー風味のソースで炒めたところに卵をまわしかけて、
ふんわりとろ~りと仕上げた一品。

こちらは↓SAVOEYのHPから拝借

RECSV-ปูผัดผงกะหรี่_328-900x600

で、我々は↑この立派なのではなく、蟹の殻が無いのを食べる予定(笑)
(夫は殻付きが苦手で)

18時15分頃テーブルに着く。
店内はまだ早い時間だからでしょう・・空いている。

DSC07990.jpg

爽やかな感じの明るい店内。

まずはビール。

DSC07993.jpg

「Stir-fried crabmeat in yellow curry sauce」 320バーツ。

DSC07995.jpg

これが「ヌアプーパッポンカリー(殻なし蟹カレー)」だと思う。
見栄えはしないけれど・・食べやすさ重視!

DSC07996.jpg

美味しい~~!
カニもしっかり確認、マイルドで辛くはないが辛みの風味(笑)あり。
美味しく頂いた(^▽^)/

段々とテーブルも埋まって来て
両隣ではカニを選んでいる・・ちょっと羨ましい・・(^^;
(今度はカニの姿を見ながら殻と格闘して食べてみたい)

「Stir-fried vermicelli with shrimp and water mimosa.」

DSC07998.jpg

ビーフンみたい・・さっぽりして美味しい。

DSC08000.jpg

このお料理は頼んだものと違うのだけど・・・
「これ頼んだのかしら?」と聞いたら「そう」とスタッフの返事だったので
メニューの写真を見せて頼まなかったせいね、
私の発音がきっと↓このメニューに置き換わったのでしょう・・失敗。

DSC07997.jpg

サラダです・・

DSC07999.jpg

合計 3,156円(カード決済)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りはBTSアソーク駅前にある「ターミナル21」へ
「空港のターミナルをテーマにしたショッピングセンター」とのこと。

DSC08004.jpg

DSC08005.jpg

フロアごとにローマ、パリ、東京、ロンドン、イスタンブール、
サンフランシスコ、ハリウッドというネーミングがあり。

このフロアは東京

DSC08009.jpg

ロンドン

DSC08012.jpg

ここに来た目的はフードコートの確認。
「ピア21 フード ターミナル」安くて美味しいとおすすめとのこと。
館内は広くて・・・疲れたので結局行けずに終了。
今度機会があればフードコートで食べたい。

DSC08013.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホテルへ戻り

DSC08017.jpg

チェックイン時に貰った割引券を使用して
ホテルのレストランでワインを飲む。

DSC08018.jpg

(590バーツ 約2000円)

2018.4.30 終了

「朝の散歩」+「朝食:Pak Bakery(パックベーカリー) ・カオソーイが美味しい!」(バンコク・2018.5.1)

2018年5月1日(火) 朝6時30分過ぎ 
朝食のため目的のレストランへ歩いて向かう。
お店の開店時間は7時、それまでその辺を散歩・・

猫がいた・・
写真家、岩合光昭さんを思い出して「可愛いね~」と言いながら撮ってみた。
怯えた表情かな・・

DSC08023.jpg

公衆電話が珍しくて写真を撮る。

DSC08024.jpg

また、公衆電話があった。

DSC08027.jpg

また、また公衆電話、3つ全て違う電話だ。

DSC08031.jpg

トゥクトゥクに乗っているお坊さんを発見、
トゥクトゥクから降りて、信者(?)の女性のところへ
朝の托鉢でしょうか・・

DSC08035.jpg

仏教の戒律で、お坊さんは貨幣に触れることが禁じられており、
自分の所有物を持たない修行の身とされています。
生活に必要な最低限のものを人々からの施しに頼って生活するわけです。
お坊さんは、基本的に毎朝、托鉢に回るそうです。
托鉢するお坊さんに対して、信者がお供え物を捧げるのが、
タンブン(タイ語で徳を積むという意味)です。
輪廻転生を信じているタイの人達は、お坊さんに喜捨寄進し徳を積むことで
自分や家族のより良い来世を願うそうです。
タンブンを行う頻度は人それぞれで、毎日の人もいれば、気分が優れない時、
悪運が続く時、誕生日の時などに行う人もいるそうです。
(バンコクナビより)

DSC08036.jpg

DSC08037.jpg

DSC08048.jpg

道路清掃中、

DSC08044.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そろそろ7時・・「Pak Bakery(パックベーカリー)」へ↓

DSC08047.jpg

Pak Bakery Cafe & Restaurant

ここの「カオソーイ」が美味しいと情報を見つけて。
宿泊ホテルからも近くてラッキー(o^―^o)

DSC08054.jpg

セットメニューがあり

DSC08051.jpg

希望の「カオソーイ」もこのセットにあったので、1つはセットで注文。
セットにつく飲み物はタイのミルクティーにした。

DSC08057.jpg

美味しい。

これもセットについてくる料理、

DSC08059.jpg

さつま揚げのような!? 天ぷら揚げみたいな。

DSC08062.jpg

上に乗っている香草を揚げたのがカリッパリッとして美味しい!

そしてこれが食べたかった。
「カオソーイ」

DSC08063.jpg

チキンを選択。ゴロンとチキンが入っている。

DSC08064.jpg

DSC08065.jpg

コクがあってココナツ風味が効いて凄ーく美味しい!!
満足、満足(^▽^)/

夫は「パッタイの卵包」を単品で注文。

DSC08067.jpg

パッタイも美味しい~とのこと。

DSC08069.jpg

人気店らしく段々と混んできた。

ホテルから徒歩圏にこのお店があってよかった(o^―^o)

DSC08070.jpg

(合計:425バーツ 約1500円)

タイシルク王「ジム ・トンプソンの家」 (バンコク)(2018.5.1)

5月1日(火) 14時30分発のエアアジアでラオスのルアンパバーンへ行く予定。
バンコク(ドンムアン空港)へは、12時30分までには到着したい。
その為には余裕を持って11時にはホテルを出発すること。
(ホテルチェックアウト時間12時)

それまで、「ジム・トンプソンの家」へ行くことにした。

ホテルの最寄り駅、BTSアソーク駅から乗車、サラーム駅下車

DSC08077.jpg

BTSシーロムラインに乗り換え

DSC08078.jpg

BTSナショナルスタジアム駅下車
1番出口の階段を降りてすぐUターンし100メートル先、
小さな路地「soi Kasemsan 2」曲がって
300メートルほど・・・(バンコクナビより)
徒歩で迷うことも無く到着。

ジム ・トンプソンの家

DSC08081.jpg

タイシルク王として知られるアメリカ人、ジム・トンプソンが
8年間住居としていた家が博物館として公開されている。

DSC08082.jpg

開館は9時、ちょっと前に着いたのでそれまでショップの前で待つ・・

DSC08083.jpg

DSC08085.jpg

チケット購入 1人300バーツ

DSC08103.jpg

中に進むと、日本語のガイドは9時35分からなので、
庭などを見学しながら待つように言われる。
ガイドの案内で「家」中の見学ができるシステムらしい。
自分たちのペースで見学し早めに空港へ行こうと思っていたので
あらら・・・どうしましょう?と思ったが、折角来たのだから案内通り待つことにする。

日本語ガイド見学スタート。
(日本人観光客10名くらいいました)

家の外は写真撮影OK

DSC08104.jpg

ジム・トンプソンが収集した仏像や古美術。

DSC08105.jpg

DSC08106.jpg

家の中へ・・・ここからは撮影禁止。

タイの古い建築様式を多く取り入れ、チーク材でできた家を6軒取集めて造られたもの。
(案内より)

家の中には素晴らしい古美術のコレクションが並んでいた。

家の中のガイド終了。

外は雨、結構強い・・

DSC08107.jpg

DSC08108.jpg

全て終了・・時間が気になる・・ショップも見たいけれど・・時間がない^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジム・トンプソンは1906年生まれのアメリカ人。
第2次世界大戦前は建築家として働いていたが、34才の時、
アメリカ陸軍に志願して、ヨーロッパで従軍。
第2次世界大戦の終了間際にOSSの情報将校としてタイに派遣され、
退役するまでバンコクで勤務し、タイに永住した。(案内より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当時機械織りによる大量生産の普及などで
衰退の一途をたどっていたタイ・シルクに着目する。
私財を投げ打ってタイ・シルクの復興とその売込みに没頭した結果、
アメリカのファッション業界を中心に注目を浴び、
ハリウッド映画『王様と私』の衣装として使用されるなど、
欧米諸国でタイ・シルクの人気が上がり、
その結果、トンプソンはタイ・シルクを復興させた男として欧米のみならず
世界中で知られることになる。

1967年3月26日に、休暇で訪れていたマレーシアの高級別荘地、
キャメロン・ハイランドにあるシンガポール人の友人の別荘
「ムーンライト・コテージ」で忽然と姿を消し、マレーシア軍や警察、
現地の住人などのべ数百名を動員した大規模な捜索活動にも拘らず、
その姿は二度と発見されることはなかった。
(Wikipediaより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨が降っているので無料シャトルというのを利用することにした。
エントランスでシャトルを待つ。
その間、他の日本人観光客は各々の車で去って行く・・

やっとシャトル車に乗る。

DSC08109.jpg

DSC08112.jpg

BTS駅まで近いです・・来るときは歩いて来たんでした(笑)
雨が降っているからと待っていたシャトルだけど、
待っている間に小降りになっていた(^^ゞ

ここで、10時20分 急げ。