INDEX    RSS    ADMIN

インドネシア旅行計画(2018.8.12~2018.8.19)

夏休みの旅行はインドネシアにした。

AirAsiaの「全席全便20%オフセール」(2018年6月25日〜7月1日)
搭乗期間が2018年7月2日〜11月30日の航空券が対象。
このセールで夏休みの旅行のチケットを探した。

ミャンマーへ行きたいと思っていたが、札幌(CTS)⇔クアラルンプール(KUL)
のチケットが札幌(CTS)⇔バンコク(DMK)より安かったので、
クアラルンプール(KUL)乗継でインドネシアへ行くことにする。

インドネシアと言えば、1番に思い浮かんだのが「ボロブドゥール遺跡」
世界三大仏教遺跡の1つ。
(カンボジアのアンコールワット遺跡群)
(ミャンマーのバガン遺跡群)
(インドネシアのボロブドゥール遺跡)

Borobodur1.jpg
(画像Wikipediaより)

そして、やはりバリ島。

この2つを中心に日程を考える。

結果、
札幌→クアランプール→バリ→ジョグジャカルタ→クアランプール→札幌


8月12日(日)
Air Asia 札幌(CTS) → クアラルンプール(KUL)
Air Asia クアラルンプール(KUL) → バリ(DPS)
宿:空港近くのホテル

8月13日(月)
テガララン村へ
宿:プライベートプール付きのヴィラ

8月14日(火)
ウブド
宿:ウブドの王宮近くの小さなホテル

8月15日(水)
シュノーケリング目的でレンボンガン島
宿:ロケーションが最高という小規模ヴィラホテル

8月16日(木)
Aia Asia  バリBali(DPS)→ジョグジャカルタYogyakarta(JOG)
宿:ボロブドゥール遺跡近くのhomestay

8月17日(金)
ボロブドゥール サンライズツアーへ
ジョグジャカルタへ移動
宿:ibis Styles Yogyakarta  

8月18日(土)
Air Asia ジョグジャカルタ(JOG) → クアランプール(KUL)
Air Asia  クアランプール(KUL )→札幌(CTS) 8月19日到着。

行きたいところが多く、泊まりたいところも多い、
ルートを考えていたら結局、1泊しては次へ~~と6泊全て違う宿となった(^^ゞ
荷物は少ないのでパッキングは直ぐ終了、まぁー大丈夫かと。
宿もそれぞれに魅力があって、楽しみにしている。

今回の旅行で心配していることが、移動手段。
バリ島は殆どが車のチャーターまたはタクシー。
バスを利用したくていろいろ調べたが時間もかかるしバス停も遠く諦めた。

宿から宿への移動は、宿に頼むのが分かり易いと思い、
バリ島にジャワ島も全て宿にお願いした。
英文メールでのやり取り。
これがね・・・うまくいくか・・・本当に心配だ・・。
凄ーく丁寧に対応してくれる宿もあれば、
「迎えの時間は前日に連絡します」ってところもあって^^;
どうなったかは、旅行を終えてからのお楽しみ(自分も)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、ビーチサンダルを持って行くのだけれど
荷物を少なくするために、サンダルを買った。
「KEEN」
写真右は夫の、左は私
これでビーチサンダルは持たずこれを履いて行けばOK。
現在、絶賛愛用中ですが履き心地良い。

そして、シュノーケリング時に写真を撮りたくて、水中カメラを購入。
(簡単操作でお手頃価格の物を^^;)

IMG_20180809_205759342_convert_20180809223428.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

バリ島はコンビニでビールが買えるらしいが、
ジョグジャカルタでは買えない、ビールを飲める食堂を探さないといけないらしい・・
(一応、探してチェック済みだけど 笑)

宿に迎えのドライバーさん来てくれるのか・・・心配だ(・・;) 
(個人手配だとこれが欠点で心配性の私)

2i.png

インドネシア旅行から戻り、簡単( ..)φメモメモ(2018.8.12~2018.8.19)

2018.8.19、インドネシア旅行より戻る。
簡単に気になったことをメモしておく。

今回も失敗ばかり^^;
うーん・・・学習能力の無さにガッカリ。

・レンボンガン島の宿、我々のヴィラの鍵を紛失。
(キーホルダーのついていない、小さな鍵、
携帯のケースに入れていて・・落としたらしい‥夫)

・ボロブドゥールの宿で貸してくれた資料を返し忘れる。
(夫のリュックに入れたまま、次の宿に移動してしまった。)
(私が入れた)

・その資料をボロブドゥールの宿へ郵送してくれるよう、
ジョグジャのホテルスタッフに頼む。
スタッフへチップを渡しすぎたため、後の資金繰りに影響する。
(良く考えずに私が大盤振る舞いし過ぎた。)

・現金がなくなり、ATMでキャシングをしようとしたが
エラーになり、クレジットカードはATMに吸い込まれたまま、出てこなかった。
カードが吸い込まれる話は聞いていたので用心していたつもりなのに。
ショックが大きい。
表示の連絡先に電話するも繋がらず。カード回収は諦めた。
(その後、他のカードを使い違うATMにて現金調達)
(カード紛失については、日本に戻り手続き済み)

・防水カメラのSDカードを落としたと落込む、夫。
(日本に戻りカメラを確認すると、カメラ内にあった、 笑)
(私もカメラを確認してみれば良かった・・・と反省。)

(↓写真:2018.8.14 ウブド Ladies Orcesta & Dance Troupe)

DSC00231.jpg

心配していた移動の手配。

移動日、その日に電話が来たり、前日にメールがあったりと
綱渡りの感じではあったが結果オーライ。

予定通り、全ての宿にたどり着け、やりたかったシュノーケリングも出来た。
無駄な時間が多かったと思うが・・現地に行かないと分からないことで、
まぁーしょうがない。

それにしても、失敗が多いのに落ち込む。
(歳が影響していると思う 笑)
失敗だらけの珍道中だ (-_-;)

(↓写真:2018.8.17 ボロブドゥール サンライズ)

DSC00747.jpg

これからインドネシア旅行記を書いていく。

螂ス縺阪↑蜀咏悄1_(2)_convert_20180820000136

札幌(CTS)→クアラルンプール(KUL) ・空港ラウンジ・クアラルンプール(KUL)→バリ(DPS)(2018.8.12)

2018年8月12日、インドネシアへ出発。

新千歳空港でスマホにプリペードSIMカードを入れる。
(Amazonで購入 1680円)

DSC09666_20180821083152d2b.jpg

最近はAmazonで事前に購入して行くパターン。
現地調達よりは高いと思うが、私はこの方が使い勝手が良い。

エアアジア
D7 551 札幌(CTS)9:35→クアラルンプール(KUL)16:35

荷物は機内持ち込みのみ。
新千歳では計量される時とされない時、両方経験済み。
日本人のスタッフにあたると計量されるような気がする(笑)
今回も7㎏にしていったはずが、計量時に「少しオーバーですね」と言われた。
「あれ!?事前に計った時は大丈夫だったのですが・・」
「何か、これから食べるものとか入っていませんか?」
「アッ、おにぎりを入れました。これから食べます!」
ということで、OK(ホッ)
(コンビニで買ったおにぎり二つ入れたんでした、失敗)

この便は事前のWEBチェックインをせず、
フライト当日カウンターでチェックインをしてみた。
結果、座席は通路を挟んでの並びになった。
自宅で事前に見ていた、WEBチェックイン画面。
その時の自動指定座席と同じ席が指定された。

離陸後、私の列の2人が座席を移動した。
空いている席を彼らの友人が見つけたようで
私に「私たちは移動するから、この席は空くよ」と言って移動していった。
(マレーシアの人たちかと思う)

ラッキー、夫も移動し我々2人で1列使用!
一緒にIpadにダウンロードしておいた映画を鑑賞する。
映画「アウトロー」「インサイダー」、両方とも2度目の鑑賞^^;

座席指定せず、1列使いが出来たラッキーなフライトだった(^▽^)/

機内食(事前購入) 600円(コーヒー含む)

DSC09668.jpg
DSC09670.jpg

両方とも安定の美味しさ。

DSC09667.jpg
DSC09669_20180821083156aa3.jpg

クアラルンプール(KUL)到着。

Transferの案内を見ながら移動。

DSC09674.jpg

これからエスカレーターで上へ、空港ラウンジに向かう。

DSC09676.jpg

いつも利用するラウンジ「Plaza Premium Lounge」
エアサイド、レベル3.

DSC09679.jpg

「TheBar」の後ろにラウンジがある。

DSC09684.jpg

ラウンジを利用で、ここ「TheBar」で頂けるメニューあり

ナシゴレンとホットドックを頂く。

DSC09683.jpg

スタッフが他のメニューも食べてね、何度でも注文していいよ、と教えてくれた。
おお~それは嬉しいが・・これで終了。

ラウンジ内へ

ビール(o^―^o)

DSC09681.jpg

そろそろ時間になり、バリ行のゲートへ

DSC09677.jpg

エアアジア
QZ 557 クアラルンプール(KUL)19:35→バリ(DPS)22:35

DSC09687.jpg

バリ・デンパサール国際空港(Denpasar International Airport)到着。
(ングラ・ライ国際空港)

DSC09691.jpg

デンパサール国際空港に隣接したホテル「Novotel Bali Ngurah Rai Airport/ノボテル バリ ングラ ライ エアポート」に泊まる(バリ・2018.8.12~2018.8.13)

バリ・デンパサール国際空港。

DSC09695.jpg

ホテルへ向かう。
初めての土地で夜遅くの移動なので、安全優先に考え空港に隣接しているホテルにした。
(最初は空港近くの安宿を予約したが、深夜近くに徒歩で行くのは無謀かと変更した)

空港からホテルへ移動し始めたのは23時頃。

案内板を見て進む、エレベーターで3階へ

DSC09698.jpg

暗くて分かりずらかったが、迷うことなくホテル入口に到着。



「Novotel Bali Ngurah Rai Airport/ノボテル バリ ングラ ライ エアポート」

手前がロビー、奥の方はレストラン

DSC09705.jpg

スーペリアルーム ・ツインベッド

DSC09700.jpg

DSC09699.jpg

DSC09701.jpg

DSC09702.jpg

DSC09703.jpg

ここから、翌日撮影・・・・・・

プールあり

DSC09707.jpg

DSC09710.jpg

正面エントランス部分、ここから外へ

DSC09712.jpg

DSC09713.jpg

振り返ってホテルを眺める。

DSC09714.jpg

立派で素敵な外観、バリの雰囲気を感じる。

DSC09716.jpg

DSC09721.jpg

↓お隣にある空港

DSC09723.jpg

↓こちらは国内線側から見たホテル

DSC09726.jpg

空港から徒歩で簡単に行け、建物が素敵なホテル。
リゾート気分も味わえる。

スーペリアルーム ・ツインベッド
朝食なし・1泊 9,396円
(ギフトカード利用で971円割引)
(Agoda)

テガララン村「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」(バリ・2018.8.13~2018.8.14)

2018.8.13

朝食は国内線ターミナルの前のバーガーキングへ、
大きなハンバーガーにビックリ、30年(?)ぶりに食べたバーガーキング。
美味しかった(o^―^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日はウブド方面に移動する。

この旅行の宿選びを始めた時、ホテル検索サイトのこの写真↓を見て、
ここに泊まりたい!と1番に決めたホテル。勿論、値段も確認。

nau villa ubud 1
(↑Booking.com から拝借)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」へ行く方法は、
悩んだ結果「Nau Villa Ubud」ホテルに送迎を依頼した。
泊まっている「Novotel Bali Ngurah Rai Airport」に
11時30分に迎えに来てくれるよう、事前にメールで依頼。
大丈夫かな~?ちゃんと来てくれるよね!?と心配だったが、
当日(8月13日)の朝10時ころ、ホテルの部屋に電話あり、
何事か?と思ったら、
「Nau Villa Ubud」から電話ですとのこと。
「今、こちらをドライバーが出発しました。」と連絡をくれた。
これで、一安心(ホッ)

約束の時間を30分過ぎて無事ドライバーさん登場。良かった。
田舎から来たのでこのホテルへ来るのに時間がかかった、と言っていた。

途中、コンビニに寄って貰い、ホテルへ・・・遠い・・・。
約2時間はかかったかと。



世界遺産として登録されている、ライステラス(棚田)で有名なテガララン村。

「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」

DSC09857.jpg

DSC09858.jpg

ウエルカムドリンクがおしゃれ~~
ハーブの香りが爽やか、シャーベットが美味しい!

DSC09752.jpg

では、我々のヴィラへ

専用エントランス

DSC09781.jpg

靴を脱いで入る。
部屋、

DSC09754.jpg

DSC09757.jpg

DSC09755.jpg

ウエルカムフルーツ、(このまま残してしまった)

DSC09756.jpg

DSC09758.jpg

DSC09761.jpg

シャワー

DSC09762.jpg

そして、大きなバスタブ、
(お湯を入れると、だんだん水しか出なくなる(^^; ボイラーの関係かな)

DSC09760.jpg

このホテルを選んだ決めて、
プライベートプール (^▽^)/

DSC09763.jpg

DSC09766.jpg

人生で初めての体験、プライベートプール付きヴィラに泊まる。

DSC09770.jpg

DSC09935.jpg

そして、スタッフがここと案内してくれる。

DSC09767.jpg

「この扉の奥は何だと思いますか?」と(笑)

DSC09764.jpg

「何でしょう?」
「では、開けます~~」

DSC09932_20180823105005c04.jpg

おお~~(笑) プライベートテーブル、良いね~

DSC09768.jpg

景色と言うか、お隣は水田、ライステラス (o^―^o)

アフタヌーンティーのサービスは15時から17時まで、
何時にどこにしますか?と聞かれ、
これから直ぐにこのテーブルで頂きます。と答える。

1ベッドルーム ヴィラ 専用プール付
朝食付き 1泊 2,392,740ルピア 約18,500円

(Booking.com)

安いと思う・・・この値段じゃなきゃ泊まれない^^;
もう1泊したいところだけれど、翌日は売り切れだったし、
日程的にも余裕のない旅行だから諦めた。

スタッフも皆さん親切、好印象。
レストランの食事も凄く美味しい。
水田に囲まれてノンビリ、ゆったりとできる場所。

DSC09793.jpg

日本人の客は我々が初めてとのことだった。

DSC09783.jpg

ここでのアフタヌーンティー、夕食、朝食は別記事に。

DSC09854.jpg

テガララン村「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」(アフタヌーンティー・ブランコテラス)(バリ・2018.8.13)

アフタヌーンティーを頂く。
扉の向こうのテーブルにセッティングしてもらう。

DSC09771.jpg

椅子のクッションもあり。

DSC09772.jpg

景色を1人(2人)占め・・・なんとも贅沢な空間。

DSC09775.jpg

コーヒーはバリコーヒー
ポットなのでおかわりも出来て嬉しいが、
ラスト近くは粉が・・・これがバリコーヒー・・(・・;)

DSC09773.jpg

バナナのフリッターは美味しい。
シマシマのはお餅みたいな・・・これは・・普通。

DSC09774.jpg

コーヒーを贅沢な空間で頂けて幸せ、いい気分。

DSC09792.jpg

アフタヌーンティーの後、出かける。

2n


我々のヴィラを出ると、下の方にこんな素敵な場所があった(ホテル内)
タイトルにブランコテラスとしたが^^; なんと言ってよいのか分からず。

DSC09784.jpg

DSC09790.jpg

DSC09785.jpg

ブランコ

DSC09787.jpg

DSCN0035.jpg

先の方へ行くとテーブル

DSC09788.jpg

ここから見える景色はライステラス

DSC09786.jpg

DSC09891.jpg

DSC09789.jpg

グヌンカウィ・スバトゥ寺院(Pura Gunung Kawi Sebatu)(バリ・2018.8.13)

ホテルを出る。
周りの水田の景色を眺めながら歩く、

DSC09797.jpg

DSC09803.jpg

カタカタカタ♪と音が聞こえてくる。
どこから?と音の方を探すと、これ↓羽が風で回って音を出す仕組み。

DSC09800.jpg

音色も良いし、可愛い(o^―^o)

ご近所のホテル、ヴィラを見ながら歩く。

歩いている人は現地の方か・・

DSC09805.jpg



グヌンカウィ・スバトゥ寺院(Pura Gunung Kawi Sebatu) 到着。

DSC09815.jpg

グヌンカウィ・スバトゥ寺院(Pura Gunung Kawi Sebatu)は、
棚田で有名なテガラランの北、スバトゥ村にある寺院。

チケット、大人1:15,000ルピア

サロンを借り、腰に巻きお寺へ
(このサロン、私が上手く巻けずにいると係りのおじさんが巻いてくれた^^;)

寺院は道路より下がったところにある。
階段を下ると、綺麗に手入れされた外境内(ジャバン)にでる。

DSC09817.jpg

濃い緑の木々に囲まれた寺院の内部には、沢山のコイが泳ぐ池や、
沐浴場、綺麗な水が沸く泉などがあり、大変静かで心落ち着くスポットです。
この寺院は、メインの街道から少し離れたところにあり、
また近くにティルタエンプル寺院など有名な観光スポットが多くあるため、
あまり観光客には知られておらず、
普通の日はひっそりとして静かな穴場スポットでもあります。
(バリ島旅行.comより)

外境内にある、美しい池。
沢山の魚が泳いでいた。

DSC09821.jpg

DSC09846.jpg

外境内の突き当りに、中境内に通じる割れ門がある。
この割れ門は邪悪なものが通ろうとすると閉じてしまうと言われているそう。

DSC09834.jpg

内境内

DSC09827.jpg

DSC09829.jpg

DSC09833_20180827213055b75.jpg

↓バレやメル(多重塔)が並ぶ奥境内、普段入る事はできない。

DSC09832.jpg

外境内の隅にある、沐浴場。
普段は使っていないそう。

DSC09837.jpg

DSC09839.jpg

人、観光客が殆どいない。
この静けさ、落ち着く。

※近くには「グヌン・カウィ」という遺跡がありますが、その遺跡と、
この「グヌンカウィ・スバトゥ寺院」は、何の関係もありません。(バリ島旅行.comより)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ホテルへ戻る。

交差点の真ん中はこういった像が立っている。

DSC09847_20180827221654629.jpg

DSC09849.jpg

ライステラス

DSC09850.jpg

↓我々のホテルが近い。

DSC09855.jpg

「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」(プール・夕食)(バリ・2018.8.13)

楽しみにしていたプライベートプール。
泳ぎます。
夕方だからかな・・・水が冷たい。
太陽が照っている時にプールに入れると良かったけれど・・・
(スケジュール作りの失敗だ ^^;)
それでもプライベートプールをほぼ満喫できた。

DSCN0056.jpg

壁のカエルが可愛い。

DSC09862.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食はホテルのレストランで。

赤ワインをボトルで頂く。

DSC09872.jpg

ワインがあって嬉しい。バリのワイン。

DSC09873.jpg

「Asparagus Salad」

DSC09876.jpg

Mozzarella

DSC09880.jpg

「Pork Sate」

DSC09875.jpg

白いのはrice cake、
ソースはマレーシアと同じピーナッツソース、良い味!

DSC09879.jpg

↓「Indonesian Trifle Dishes」
 バリ伝統のチキンサテ
 魚のフライ、ターメリックソース

DSC09877.jpg

ポテトライス
エビとチリトマトソース

DSC09878.jpg

↓この野菜炒めが絶品(^▽^)/

DSC09883.jpg

もう一品、何か食べよう・・・
私の好みで、デザートをオーダー。

「Coconut Pie」
バニラアイスクリーム、ストロベリーソース

DSC09885.jpg

どのお料理も全て美味しい!!
ホント、期待以上の美味しさだった。
ヴィラ自体も素敵、そしてお料理も満足できると言うことなし(o^―^o)

満足・幸せ気分で終えた夕食。
夕食合計(ボトルワイン369,000ルピア含む):866,360ルピア(約6,800円)

そして、最後はグラスワインを追加。
96,800ルピア(約900円)

部屋でゆっくり飲む(笑)

DSC09887.jpg

2018.8.13 終了。

朝食:「Nau Villa Ubud/ナウ ヴィラ ウブド」(バリ・2018.8.14)

2018.8.14 朝
ホテル内を散歩。

DSC09894.jpg

1番下の方まで行ってみた。ここで最後。

DSC09900.jpg

作業をしている人が見える。

DSC09897.jpg

DSC09888.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しみにしていた(o^―^o) 朝食。

DSC09905.jpg

フルーツジュースからスイカジュース(water melon)を、安定の美味しさ。

DSC09906.jpg

お茶は多種ある中から、バリコーヒー(Balinnese Black Coffee)、

DSC09913.jpg

フレンチトースト(Bake French toast Steak)は私、
トーストは夫、

DSC09909.jpg

チーズやヨーグルトもあったが・・なしで、
次に選んだ、SMOOTHIES BOWL。
さて、どんなものだろう~?

Dragon Bowl
おお~美しい~ボールが来た(^▽^)/

DSC09914.jpg

Mango Banana Dragon Frfuit Mix Berries and Coconut Milk
中心はDragon FrfuitのSmoothies、
鮮やかな色・・だけどちょっと・・好みじゃなくて^^; 
↓完食できず(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

DSC09916.jpg

夫は「Be Strong」を・・
こちらも美しい~

DSC09915.jpg

↓中心はバナナ。ちょっと味見させてもらうと、この方が好みだった。

DSC09917.jpg

オムレツとベーコン

DSC09919.jpg

目玉焼きとソーセイジ

DSC09918.jpg

このスタイルとは別にインドネシア料理の選択もあり。
(どちらかを選ぶ・・迷ったけど・・・なんとなくパンにした。)

期待通りの朝食(^▽^)/ 満足・満足でございます。

テガラランのコーヒー農園「Satria Coffee Plantation」とSwing(ブランコ)(2018.8.14)

2018.8.14

午前中はレンタルスクーターでテガララン村の観光をしようと計画していたが
現地に来て、スクーターはやめた方がいいか(;'∀') という結論に(年だし)
ホテルに2時間車チャーターを申し込む。
観光をしながら、最後に次の宿へ送ってもらうことにした。

チェックアウトをして、ホテルロビーで車を待っている間、
若者たちがスクーターで出かけていくのを羨ましく眺めていた(笑)

車とドライバーさん登場。
車はホテルので、ドライバーはホテルスタッフ。
「ティルタウンプル寺院」と「グヌン カウイ」に行きたいと伝える。
コーヒーは好きか?コーヒー園へ行かないか?と聞かれる。
2時間内では無理では?と聞くと、時間は気にしなくていい・・と
そういわれても・・気にしなくていいの?延長料金は?
全然OK、気にしないでって言うんですが^^;
(このコーヒー園にはどうしても行って欲しいのだなぁ・・と感じた)
それなら、コーヒー園へも行きましょう。

出発。

DSC09975.jpg

「Satria Coffee Plantation」到着。

DSC09976.jpg

コーヒーの豆になる実を見ながら進む。

DSC09937 - コピー

ルアックコーヒー(コピ・ルアック)が目玉商品のようで、
ジャコウネコとご対面、

DSC09938 - コピー

ジャコウネコの糞が展示(?)され次に
その豆を煎っているおばさんがいて、
一緒に撮影しましょうと1人1人と一緒に記念撮影・・・(ご苦労様)

DSC09941 - コピー

一通りルアックコーヒー(コピ・ルアック)の制作過程を案内され、
次は、Swingに行きましょう~と、(Swingってブランコかな・・)
ハイ、とついて行くと、なんと Σ(゚д゚|||) 大Swing (*゚Q゚*)
1回、150,000ルピア。
お金かかるのね(;'∀') それもあるけど、怖い!これ、私は遠慮します。

夫は、怖いけど話の種に・・・乗ってみるか・・ってことでトライ。
ハーネスをしっかり付けて。

DSC09949 - コピー

DSC09954.jpg

何度か押してもらって、もう十分、止めて~~って止めたけど
次は向きを変えてもう一度~~てスタッフに指示され再びトライ。

DSC09957.jpg

頑張って撮影用に手を振っている。

DSC09961_20180902073900b3b.jpg

もう、いい~~、と数度でストップ。
降りて来た時はフラフラ状態(笑)

次は向こうに見える建物へ移動。

DSC09966.jpg

日本語の上手な女性スタッフがコーヒー等の試飲について説明してくれる。
ルアックコーヒー(コピ・ルアック)は有料で50,000ルピア。
1つお願いする。

DSC09967.jpg

他のお茶、コーヒーは無料で試飲できるそう。

DSC09968.jpg

丁寧に1つづつ説明してくれる。
ルアックコーヒー(コピ・ルアック)は酸味が強い印象(私の感想)。

DSC09970.jpg

我々のドライバーさんが記念撮影と自分のスマホで一緒の写真を撮ったので
私も自分のカメラを出しお願いした。↓

DSC09972.jpg

彼は日本語を勉強中らしく、日本語でなんと言うの?と積極的。
彼とお別れするまで、私が臨時日本語先生に^^;

最後はお決まりの売店へ。
こちらのスタッフさんがいろいろと勧めてくれますが・・

DSC09973.jpg

うーん、やはりお高いので・・ひとつだけ買いましょう・・。
レモングラスのお茶を1箱お買い上げにて終了。

後で調べてみると、ここの他にもコーヒー農園がたくさんあり。
最近かなり増えてきたらしい。
コーヒー農園が増えてきた理由の一つが
ルアックコーヒー(コピ・ルアック)とのこと。
そしてコーヒー農園とSwing(ブランコ)はセットであるらしい(笑)