INDEX    RSS    ADMIN

虫が!!!! 部屋を替えてください!!(ペナン 2016.4.14)

 ((((;゚Д゚))))))) びっくりの騒動があった。

↓この写真、ホテルの部屋、
 テレビの前に置いた麦わら帽子2つ(マラッカで買った激安物)

0961.jpg

このまま一晩・・。
翌朝、この台を見ると・・・小さな虫が歩いている・・1匹、2匹・・
!!!??? で麦わら帽子を見ると・・ォ━━(#゚Д゚#)━━!!
虫!虫!!!!虫!!!! 凄い数 ((((;゚Д゚)))))))

で、どこから来たの?
じっくりと見ると、この台と壁の隙間から出て来ている虫たち。
ぞくぞくと出て来ている。

(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

こりゃ駄目だ、もう速攻、電話!

どこにしたらいいか? フロント? ルームサービス?と電話機を確認
ここだ!ハウスキーピングに電話。

つたない英語で必死(;'∀')
この虫は・・・なんと言う?
もう適当で・・
とにかく部屋が大変なことになっているので、直ぐに見にきて!!と訴える。

来てくれたハウスキーピングの男性。
余り驚いた様子もなく、
私たちが外出しているときに、殺虫剤を使い駆除しておいてくれると言う。
それはそれでいいが、この帽子の虫だけでも今殺して欲しいと言うと
化学部質だから使わないほうがいいのでは!?と・・
まあーそれはそうだ。
では、帽子の虫を殺すのは諦めて。
部屋の虫は全部無くしてよ!としっかりお願いしてハウスキーパーさんとお別れ。

パニックも収まり(笑)
では、出かけましょう。とコロコロバッグから荷物を取り出そうとしたとき
またも同じ虫が!!! バックにも虫が!!!!!
どこから~~??? 台の小さな穴から出てくる出てくる。
 
((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))

zzzz

部屋中に虫がいるかも????

((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))


こりゃ駄目だ・・・

再び電話!
次はフロント。

つたない英語で「状況はますます悪くなっているよ」
「こりゃ、部屋を替えてもらうしかないです」と訴える。
スンナリと「分かりました。お部屋の変更ですね。」
「お手伝いは必要ですか?」
「ハイ、お願いします」
「今、まいります」
と、部屋の変更となった。

お手伝いに来てくれたボーイ君
虫を見て、「こりゃ駄目だ・・・」って雰囲気で(;'∀')
「写真を撮っておいたら?」なんて言ってくれる。
虫も身の危険を察知したか穴に戻っていく。

替わった部屋は上の階で窓からは海がよく見える。

なかなかできない経験だった(最初で最後にしたい)
電話での交渉も初体験だった。

激安で買った麦わら帽子はまだ使うつもりだったのだが
なんと、ホテルチェックアウトの日、
クローゼットに吊るしたまま置いてきてしまった(忘れた)。

まあー虫も付いたし、日本円で500円以下の物だから・・いいか。

「Hop-On Hop-Offバス」でビーチルート観光、「ガーニープラザ」で買い物、「鼎泰豊」で昼食(ペナン 2016.4.14)

虫騒動の後は切り替えて外出。

まず、ホテルのプールを見て庭を通りビーチへ出てみる。
ペナンのビーチはあまり綺麗ではないと聞いていたので、見るだけ。

朝10時ころ、

9030.jpg

9031.jpg

ビーチを馬に乗って散歩なんてのもいいなぁー
思うだけだけど・・・
でもこの暑さ、馬も暑くて大変だろうに!?

9032.jpg

朝食はホテル前にあったお店で

9033.jpg

ペナンですっかりお気に入りになった
ペナン名物「CHAR KOAY TEOW」 MYR15=JPY450 ここは高いなぁ・・・

9034.jpg

美味しい~やっぱり美味しい(⌒∇⌒)

昨日買った「Hop-On Hop-Offバス」の24時間券は11:10まで有効。
ホテル近くのバス停からこのバスに乗って
ビーチルートをぐるりとバス観光としましょう~
今日はあまり歩きたくないし・・

自然がいっぱいのルート、
動物の公園や植物園など降りて見学すると良いのだろうが、気力なし
ただひたすらバスから外を眺めるだけ。

アパートや商店、住宅なども眺めながら・・・バスに揺られていた。

img_tourmap1.png

STOP22 taman rimba がビーチルートの終点。
バスから降りず・・時間になるまで待ってここからまた出発。

9035.jpg

ガーニードライブ到着。

9036.jpg

ガーニープラザでお買い物。
目的は夫の短パン、丁度お安いのがあった。
(MYR39=JPY1121 カード決済)

今日の夕食は出歩くのも疲れるし、ホテルの部屋で食べようか・・・
ってことでスーパーで買い出し。
ビールとカップ麺とチップス、おつまみ類にテ・タリッ(土産用)など
(MYR74.60=JPY2178 カード決済)

ホテルに冷蔵庫があって助かる(普通のホテルはある 笑)

この時に買ったタイガービールのレモン味、
これが美味しかったのよね(o^―^o)ニコ


昼食はガーニープラザの地下レストラン街へ
どこで何を食べようか・・迷いに迷って「鼎泰豊」になった・・
振り返るといつも同じような物を食べていると思う (-_-;)

カニと豚肉の小籠包6個

9037.jpg

野菜入りチャーハン ジャスミン茶 

9038.jpg

エビと豚肉のワンタンメン

9039.jpg

安定のお味

(合計 MRY74.30=JPY2229 税・サービス料込)

ガーニープラザは涼しくていい・・じゃなくて
なんでもありますね。
マレーシアの素敵な服

9046.jpg

映画も観られる

9047.jpg

びっくりは札幌のロイズまであった

9048.jpg

日本食の店もあったし、日本食材もスーパーであり
なるほど日本人が移住しているのも納得。
ビールが高いのが弱点だな・・・(私たちだけの意見かな 笑)

(ここでお金をATMで下ろす。MYR350)
(メモ漏れ4.12 ATMで下ろす。MYR200)

路線バスでホテルへ戻る。
バス停でルート案内を見て102番のバスを待つ。

外は暑いので・・・一生懸命に何かをするとたちまち汗だく・・
あまり動かないように(;'∀')

9041.jpg

バス代 1人 MYR2

バスには学校帰りの生徒たちが沢山・・

9040.jpg

ホテルに戻り、ゆっくりプールで遊ぶ予定。



リゾートらしくプールで楽しむ、バルコニーからペナンの夕陽とビール(ペナン 2016.4.14)

せっかくのリゾートホテル滞在
プールでリゾートっぽく過ごす。
短時間ですが・・・

9051.jpg

プールは大きく、快適だった。
人も少なくて、ノンビリ出来たし。

部屋に戻って、ビール!
もう一つの目的は夕陽。

沢木耕太郎の「深夜特急」が大好きでその繋がりで
大沢たかお主演で放映されたTV版の「劇的紀行 深夜特急」も見た。
このドラマでのペナン編にはビーチから眺める夕陽が登場する。
で、同じように夕陽観賞~

私たちはホテルのバルコニーからビール片手に・・

9052.jpg

9053.jpg

虫騒動で大変だったが、部屋を替わったおかげで海がよく見える。
水平線に沈む太陽でないのが残念だけど・・

9054.jpg

9055.jpg

このレモンのビールが以外に美味しい~~

9056.jpg

太陽は沈んだ・・・夕焼けもそれなりにきれい・・・

9057.jpg

夕食といえるか・・カップ麺でお仕舞(笑)

9058.jpg

9059.jpg

明日(2016.4.15)は朝6:30に出発予定なので早めに休む。

ペナンからカンボジアのシェムリアップへ移動、空港ラウンジが楽しみ(2016.4.15)

2016.4.15 今日はカンボジアのシェムリアップへ移動する。
エアアジア ペナン国際空港8:35発→クアラルンプール→シェムリアップという流れ。
7:30にはペナン国際空港に到着していたい。
そのためには、ホテルを朝6:30出発。
前日、ホテルにタクシーの予約をお願いしておいた。
タクシー料金はMYR110=JPY3300
うーん高いけれどしょうがない・・・
なんたってホテルからペナン国際空港まで約1時間、
島の端から端までの移動と言える・・・遠い。

041511.png

ペナン国際空港に7:30には到着した。
エアアジアのクアラルンプール行8:35発に乗る。
搭乗時間まで朝食もかねてラウンジへ。


Plaza Premium Lounge
Penang International (Domestic Departure Terminal)

ラウンジ内の写真(暗い写真しかなくて)

9063.jpg

室内は狭いが、フードは揃っている。

9062.jpg

コーヒーだけでなく、カフェラテやカプチーノとあってうれしい。
トーストはもっと焼くべきだった(;'∀')

9060.jpg

麺はその場で作ってもらう。

9061.jpg

これで朝食終了。
役に立つプライオリティパス (o^―^o)ニコ

ペナン国際空港内の様子 細長く幅が狭い

9070.jpg

エアアジアのクアラルンプール行に搭乗する。

9071.jpg

約1時間のフライトで到着。

シェムリアップ行の便は13:10発
時間までラウンジで過ごす。

Plaza Premium Lounge
Kuala Lumpur - KLIA (KLIA2 Terminal)

9074.jpg

カヤジャムがあったのでトーストを頂く。

9075.jpg

これはお粥かな!? 忘れてしまった(;'∀')

9073.jpg

夫はホットドックが良いと頼んで作ってもらっていた。

9076.jpg

朝食も昼食もしっかりラウンジで頂き、
サクサクのWIFIも使用できる、快適なスペース。
プライオリティパスがあるとラウンジが使用できるので
このカードは作って正解だったと思う。
(とりあえず、今回の旅行においては)

ラウンジ内のボードで出発便の情報を確認できるので
ゲートオープンの表示が出るまでゆっくりできる。

エアアジア
ペナン国際空港8:35発→クアラルンプール13:10→シェムリアップ14:10到着予定
大人2合計 14833円 (3月に購入 カード決済)
座席指定代金 702円 預荷物無

突然届いたメールにパニック!

旅行中の2016.4.12、
ペナンに着いた日、実はびっくりのメールを受け取っていた。
差出人は4月15日から2泊で予約していたシェムリアップのホテルからだった。
到着を待っていますよ。メールかと思ったが、
件名が「Over Booking」
??!!! なんだか変 (;゚Д゚)
英文なので一度サラーッと読んだだけでは確信が持てなくて
何度か読み返す。

やはり、予約時にホテルのシステムトラブルがあって
オーバーブッキングになってしまったので
ホテル予約サイトでキャンセル手続きをして欲しい。
キャンセル料はもちろん発生しない。
そして自分たちのホテルと似たようなホテルを紹介するからといった内容。

検討に検討を重ねてやっと決めたホテルに泊まれない!!??
キャンセルしてくれって Σ(´Д`lll)エエ!!

それも、このメールを受け取ったのが宿泊予定の3日前 ((((;゚Д゚)))))))

もっと早くに知らせてよ~~~

で、どうしよう・・・どうする??

((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))

新しいホテルを予約するにしても、場所から料金からまた検討し直し!!???
似たようなホテルを3つほど提案してくれているけど・・
これから見るの・・・現在、旅行中で時間ないんですけど 。゚(゚´Д`゚)゚。

そして、そして、
この時期、クメール正月中
皆さん忙しいのよね・・・と不安ばかり

そういえば・・・
このホテルでバスチケット(シェムリアップ→バンコク)を受け取る約束を
Angkor Holiday Travelさんとしている。
ホテルが変わると、この約束も変更しなくてはならない。
こんなに急に変更なんて・・・・

楽しいはずの旅行が一気に不安に変わっていった。

とにかく、返事をしよう。

そちらのホテルに泊まりたい。
現在旅行中で、これから違うホテルを予約する時間もなく、
そちらのホテルで人に会う約束も既にしてしまっている。
こんな内容でホテルへメールした。

そして来たメールは

本当に申し訳ないが、
やはり、キャンセルして欲しい。
あたなが予約した日にちは空いている部屋がない。

そして、ホテル名の紹介があって
Should you have any information or inquiries,
Please do not hesitate to contact us at any time.

とあるけど・・・

案内紹介の必要があるから、気軽に連絡くださいって言うけど・・・
込み入ったことをメールでやり取りする余裕がない、
電話で一気に済ませたいけど、電話料金かかるよね・・
掛け直してもらうとか方法もありそうだけど

それに、英語ですよね(;'∀')
込み入った話は自信ないし・・

自分でどんなホテルか、場所に料金も確認したい。

現地で面倒なことをしたくないから、
日本でホテル予約は検討に検討を重ねて予約したのに・・

どうしよう・・・

もう12日も夜遅くなって
ビールを飲んで楽しもうと思っても気になって・・・

どうしよう・・・

((((;゚Д゚)))))))

((((;゚Д゚)))))))

で、やっと思いついた
予約したのはホテル予約サイトからなんだから
ホテル予約サイト(Booking.com)に相談してみよう。

これから行くシェムリアップ(カンボジア)の宿はどうなる!?(2016.4.13)

4月15日からシェムリアップで2泊する予定だったホテルに泊まれない!
(前記事→突然届いたメールにパニック!)

ホテルに籠って(wifiの関係もある)メールしなきゃならない?
ペナンを楽しむ時間が無くなっていく。

どうしよう ((((;゚Д゚))))))) 考えて

ホテル予約をしたサイトBooking.comのカスタマーサービスに相談することにした。
電話で話すのが手っ取り早いだろうと電話する。

電話にでたスタッフの方は
「直接ホテルからメールが来たんですか?」
「それは私たちの仕事ですからこちらで対応します。」
とテキパキとした応対。
やっとホッとできた。
明日にはメールで連絡をくれることになり電話を切った。
とりあえず、今夜はゆっくりビールを飲もう。

翌日4月13日、ペナン観光をしながらも常にメールチェック。
夜になってもメールはまだ来ない・・・
なんとかしないとシェムリアップで宿がない状態になる・・。
(クメール正月が頭にあって不安だった)

待ちきれなくて、
こちらからBooking.comのカスタマーサービスに電話した。
電話で昨日話した方の名前を伝えたが、
顧客との応対は担当制ではなく、電話を取った人がその都度対応するとのこと。
ということは・・・初めから相談内容を話さないとならない(;゚Д゚)
とりあえず、自分の予約番号を伝え
メールをしているのでそれを読んで欲しいとお願いする。
その間、電話料金は増える・・・わけで・・
やっと、用件を分かってもらえる。
回答のメールをまた待つ。

やっとメールが届いた。
代わりのホテルの案内。
代金に差額が生じた場合は領収書があれば払い戻しが可能である。
といった内容。

早速、紹介してくれたホテルを確認するも、私の希望場所とかなり離れたところ
どうしよう?他を探す余裕もないし・・・ここで我慢するか・・
と、予約することにしたが・・・なんと完売表示 Σ(゚д゚|||)

こうなったら自分でなんとかするしかない!
ホテル予約サイトで探す。
あれこれ詳しく確認する時間はないので
場所と口コミポイントを見て探す!

決めた!「The Aviary Hotel /ザ アヴィアリー ホテル 」
料金は最初に予約していたホテルより高いけれどしょうがない。
差額は払い戻ししてもらおう。

自分でホテルを予約したことをBooking.comのカスタマーサービスへ知らせる。

シェムリアップで無事泊まれるホテルが決まって良かった!!

あとは、Angkor Holiday Travelさんにバスチケット(シェムリアップ→バンコク)の
受け取りホテル変更のメールをしなくては・・・
大丈夫かな・・



4月6日からスタートした旅行、
4月11日まで何事もなく順調だったが、
やはり何か事は起こった (゚△゚;ノ)ノ
12日にホテルキャンセル事件があって・・・
13日には虫トラブル(;'∀')
そして・・・その後にまた大ピンチなことが起こったのだった。
それはまた別に・・




湖畔で過ごす贅沢な時間「美笛キャンプ場」(北海道 支笏湖 2016.6.11~2016.6.12)

東南アジア旅行記の途中だが、今日は最近のことを記録。

何年ぶりか?前に行ったのは10年以上前かな・・
支笏湖、美笛キャンプ場へ行った。
キャンプは今シーズン2度目。
前回は5月の道東、それはまた後で記録したい。

6月11日(土)13時頃、美笛キャンプ場到着。
2016.6.11(土)チェックイン
2016.6.12(日)チェックアウト

0007_2016061308170132e.jpg

キャンプ場内から見たセンターハウスとゲート。

0006_20160613081700aa0.jpg


札幌近郊で大人気のキャンプ場だけあって
ハイシーズン前でも大勢の人で賑わっている。

「あの~私たち予約はしていないんですが・・・」
「ここはね、予約は無いんですよ~」と管理人さん

「ああ、そうなんですか(;'∀')」

「日帰りの人もいるので、良い場所が空いたらそこに張るのもいいですよ」
と優しい管理人さん。

キャンプ場に入ってすぐの林間サイトを見ると、
沢山の車にテントが・・・(;゚Д゚)
雰囲気のよさそうな場所は既に空きがない状態。

0008_201606130817038ca.jpg

巨木、木々に囲まれた林間サイト
美しい湖が目前の湖畔サイト
区画割がなく自由に自分の好きなところにテントが張れる
自然そのものを感じることができる、本当に最高に魅力満載のキャンプ場。
おまけにペットOKとなれば大人気は納得!

さて、林間サイトもこれだけ混んでいれば・・
湖畔サイトはもう空きがないかしら?

出来れば、湖畔にテントを張りたいな・・
湖畔を歩きながら・・日帰りの人達は・・・と周りを観察(;'∀')

湖に向かって左側の砂浜になんとか空きを見つける。
予想するにお隣の方たちは日帰り組じゃないかなーと・・(笑)

0003_20160613100242973.jpg

広い砂浜がある湖畔右側とは違って幅が狭く少し坂になっていて
テントを張りずらいが、目の前を遮られる心配がなく
両側に人がいるだけなので比較的静かに過ごせる。

ここにテント設営。

b9zqEUqDPGGQAKv1465718684_1465718721.png

予想通り、カヌーを楽しんでいたお隣さんも
もう片方のテントの方も夕方出て行かれた。
その後来た人がテントを片側に張られたが
びっちりになることはなく、快適な空間が確保された。

前に広がる湖を眺め、後ろの林からの鳥のさえずりを聞く。
鶯の“ホーホケキョッ”がクリアに聞こえる((^∀^*))

湖畔の右側には沢山のテントが見える。

0002_20160613100241e01.jpg

青空が広がり、風もなく絶好のキャンプ日和(^▽^)/

カヌーには絶好の日だろう、風がない!

キャンプをする人、カヌー、釣りを楽しむ人たちでいっぱい。

我々はカヌーも釣りの趣味もない・・
ただ、美しい湖を眺めながらボーっとするのみ、
もちろん、ビールを飲みながら (/∀\*)

0004_20160613112506085.jpg

キャンプをしたい第一目的はBBQ!
炭火焼きがしたいから!!

0005_201606131125086fc.jpg

これだけ煙モクモクでも大丈夫。

お肉を焼いて、シシャモを焼いて、ビール飲んで、ワイン飲んで(笑)

ドラム缶のお風呂が「びふえの湯」
薪でお湯を沸かしていた親子、
お父さんがこれから入るんですよと話してくれた。

0010_20160613112511db9.jpg


日が暮れる・・・夕陽を見られる方向ではないのが残念だけど・・

灯りがともる。

焚火の炎がロマンチック。

子供たちは焚火でマショマロを楽しんでいるのかな!?

0001_20160613112505273.jpg


美笛キャンプ場
大人:1,000円

予約なしでオートキャンプOK
ペットOK
湖畔と林間の素敵なキャンプ場。

これからシーズン本番、沢山のキャンパーで賑わうことだろう。

シェムリアップ(カンボジア)到着、(Visaは日本で事前取得)(2016.4.15)

2016.4.15 KULからシェムリアップ空港到着。

9090.jpg

カンボジア~って感じがする空港建物まで歩く。

9091.jpg

カンボジア入国には入国カードとVisaが必要。

Visaは空港で申請して取得する方法と日本で事前に取得する方法がある。

空港で取得するのも面倒ではないと調べていて分かったが、
時には1時間くらい並ぶこともあるらしいので、私は日本で事前に取得することにした。

「カンボジア大使館公式のe-Visa申請サイト」

で申し込む。

必要な物は
・入国時点で残期間が6ヶ月以上あるパスポート
・パスポートサイズの写真データ(JPEGかPNGファイル)
(私は自分のデジカメで撮った。)
・クレジットカード (Visa/MasterCard) 

記入の仕方など詳細な情報は「カンボジアe-Visa申請」などのキーワードで検索し、
詳しく紹介しているサイトを見つけて参考にさせて貰った。

「カンボジア大使館公式のe-Visa申請サイト」で申し込みしてから2日後には
メールでVisaが届いた。
それを印刷したのがこちら↓(2人分)

RmcILraO5DvVzbx1466048323_1466048430.png

2枚ずつ印刷し、Visaの部分を切り取りそれぞれのパスポートにホチキス留めした。

料金は1人、USD30 + USD7 (システム処理料)(4614円 2016.3.14カード決済)

カンボジアの空港で取得する場合は、1人 US$30 
料金は空港で取得したほうが安い。

空港では、申請書を記入している大勢の人を見ながら
先に入国手続きに並ぶことが出来た。

それほどまでの混雑はなかったので、
次回があれば、料金の安い空港取得にしたいと思う。

空港からホテルまではタクシーを利用する。

空港出口の右にあるタクシーのカウンターで申し込み。
US$7。
このチケットをもらって、順番が来るのを待つ。

9092.jpg

普通のセダンのタクシーだと思っていたので
この車だよ~乗ってと案内されたときはちょっとびっくり(笑)

9093.jpg

ホテルの場所は簡単にわかってくれて、一安心。

タクシー券にも添えられているが、観光ツアーのセールスが始まった。
なんにせよ、遺跡観光には足が必要なので何かを頼もうとは思っていた。

「これから、夕陽を見に行かないかい?」
と言われたが、ホテルでバスチケット受け取りの約束を18時にしているので
遺跡観光は今日は予定していない。

「今日は観光しないのよ」
「明日、アンコールワットの朝日が見たいけど、トゥクトゥクで行きたいのよね・・」

そうしたら、ドライバーさん
「僕のブラザーがトゥクトゥク持っているから、明日の朝迎えに行かせるよ」と
「お正月で大勢の人が来るよ。
でも僕の弟は空いているところに案内するから大丈夫!」

(;゜0゜)

さて、どうしようか・・・

とりあえず
「いくら?」

「朝日は$10だよ 朝早いからその分もらうの」

この料金交渉がかなり面倒だと、事前に調べていろいろ読んでいた。
ここからが面倒なんだな・・きっと・・と、私も交渉意欲を燃やし始めた。

「そう・・・それと、スモールコースでアンコールトム、タ・プローム
も行きたいけど、全部でいくら?」

「US$20かな・・でも、お正月で凄く忙しいから弟と詳細は相談して」
ってことで・・・
「明日の朝、5時に弟がホテルに迎えに行くね」と言って
優しいタクシードライバーのお兄ちゃんは去って行った。

この時、1台か1人の料金なのかの確認も含めて
詳細に料金詰めをしなかったことで翌日、
トゥクトゥクドライバーの弟君とちょっと揉めることになった。


お正月・・・そう、これから先、このお正月料金で困惑することになる。
事前に調べた相場は粉々に崩され、お正月料金だよ~~と言われて・・
オシマイって感じになった(;'∀')


「The Aviary Hotel /ザ アヴィアリー ホテル 」(シェムリアップ 2016.4.15~2016.4.17)

2016.4.13~2016.4.15、カンボジアは旧正月、クメール正月とのこと。

私たちが到着した4月15日はお正月の真っ只中!

ホテルへ向かう道路に星の形の提灯(?)のよな物が飾られている。
「今はお正月だからね~お正月の飾りだよ」とタクシードライバーさんが教えてくれた。

ホテル到着。
お正月飾りが可愛い。

こちらは↓ホテル正面入口前のお正月飾り。

9100.jpg

テーブルの上、祭壇のようなものは
正確にはなんと言うのか分からない。

9101.jpg

9102.jpg


シェムリアップで泊まる宿はどうなるのか!?と不安だった数日間
なんとか見つけて予約したホテルはとってもモダン!

ロビー
インテリアは自然がテーマなのかな (^▽^)/

9110.jpg

↓中央のドアはレストラン。

9111.jpg

こんなに素敵なプールもあり。

9116.jpg

エレベーターはもちろんあり。

こちらは階段、

9117.jpg

部屋の入口に付いている鳥のプレートが素敵。

9118.jpg

ツインの部屋。

9112.jpg

モダン~ おしゃれ~

9113.jpg

バスルーム、お魚の置物は可愛いけど、実は邪魔だった (;'∀')

9114.jpg

シャワースペースも素敵。
ここのシャワーは細かくて軽い感じ、気持ちよかった。

こちらには鳥の置物。

9115.jpg

写真は撮っていないが、必要な物はすべて揃っている。

もちろん!冷蔵庫も。

0050_20160617104622570.jpg



Pub Streetに近く、とても便利な立地!

スタッフの方たちもみなさんいい感じで、好印象。
口コミ評価も高得点。

なんと、この時でオープン4か月だそう。


2016.4.15 チェックイン
2016.4.17 チェックアウト
2泊 ツイン 朝食付 
合計 US$153 JPY16610 (税・サービス料込 カード決済)

一瞬タイムスリップしたかと思った、ノスタルジックな光景に感激(シェムリアップ 2016.4.15)

2016.4.15
ホテルにチェックイン後、街を散策。

ホテルを出て右に進むとそこは「シヴォタ通り Sivatha.St」
目に飛び込んで来た光景が (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

沢山のバイクとトゥクトゥクが行きかう。

0015_201606171140005e8.jpg

0016_201606171140021f1.jpg

道路から土埃が舞う。

高層建物が無く・・道路の上に広がるどんよりとした空・・
(青空だとまた印象が違うのだろう)

0017.jpg

この光景は感動的ですらある。
なんともノスタルジック・・・レトロ・・・。

0018.jpg

この場にいる現在、生の私が過ごしている現実なんだ・・
とにかくこの光景が凄く好きだった。

途中帽子を売っているお店があったので麦わら帽子を買う。
マラッカでは、2つ合計500円の帽子を買ったが
ここではそこまで安いのはなく、夫の$5.00
私が気に入ったのは、$7.00 合計$12(1254円 2016.6.17のレート計算)

「もっと安くならない!?」と値切っても
「これはフランスのマダムもお気に入りの帽子だよ、これ以上は安くならない」
と強く言われて(;'∀') お買い上げ。
丈夫でデザインも気に入っているので、日本でも愛用中。

普通に屋台が並んで

0019.jpg

0020_20160617115702ba6.jpg

ここがパブ・ストリートかしら!?

0022_201606171157045c0.jpg

多分、夜になると大勢の観光客で賑わうんだろうな・・と想像する。

ばなな

目の前にビールを飲めそうなお店があったので
早速、ビール休憩 (^▽^)/

「Banana leaf」

bigr6MF4uKQ9N1X1466074257_1466074327.png

アンコールビール 瓶大 US$3.5
ここにきてやっとビール代が安くなった!
マレーシアはビールが高かった・・。

0023_201606171157053ae.jpg

一息ついて、また散策開始。

0024_20160618102618084.jpg

0025_20160618102619b33.jpg

お土産と自分用のシルク物を買いたくて、
チェックしておいたお店を探す。

0026_20160618102620955.jpg

クマエユーン(Khmer Yeung)
ここで胡椒やお茶などお土産と自分用のシルク物を購入。

0027_20160618103403236.jpg

バイクに乗っている人の数 (ノ・ω・)ノオオオォォォ-
2人乗りじゃなくて3人、4人(笑)

0029_20160618103404c6f.jpg

マーケットを発見、ここに行きます。

0030_20160618103406f82.jpg

道路上のアンコールワットの形、それに付けられたお正月飾りが可愛い。

マーケットでは、ビール、ナッツ、洗剤と

アンコール・ワットのパッケージが一目で気に入ったクッキーを購入。

0065.jpg

Cashew Nut Cookies Khmer Angkor 10pcs $2.00
Mango Cookies Khmer Angkor 10pcs $2.00
Coconut Cookies Khmer Angkor 20pcs $2.55

いろいろな味があって、その中から3種類買った。
アンコール・ワット型の焼印が押されたクッキーはサクサクで美味しい(⌒∇⌒)

待ち合わせの時間18時が近づいてきたので、一旦ホテルへ戻る。