INDEX    RSS    ADMIN

ザ シーエス ホテル & リゾート(The Seaes Hotel & Resort)(済州島 2016.5.12~2016.5.16)


済州島4泊をどこのホテルにするか?
高齢の母がゆっくりできるようなところ・・
まずは無難なところで「ロッテホテル」か「新羅ホテル」かな?
と思ったのですが・・・大きなホテルなので、
多分、団体さんも多く利用されているだろう・・と思い他を探してみる。

3人がゆったり過ごせる一室が希望。

数年前に沖縄へ旅行した時に滞在したホテル(カヌチャベイ)と同じような
ヴィラタイプのホテルがいいなぁーと探したところ
当てはまったのが「ザ シーエス ホテル & リゾート」でした。

ホテルサイト

部屋タイプ
スイート ガーデンビュー 朝食付き 4泊 136576円(カード決済)


0037_20161101144028a5d.jpg

このホテルは全て平屋造り、フロントはこの↓建物

0698.jpg

そしてフロントを通り向こうへ進む・・・庭を通り・・お部屋へ
部屋から出るところの写真ですが、左が部屋のドア、
コテージ風に部屋が並んでいます。

BMbcH46x3hAeKPr1477981030_1477981052.png

部屋内部の写真は到着した夜に撮影したものなので暗い(;'∀')

0030_20161030173553447.jpg

ベッドはダブル、このベッドは母と私が使用。

0031_201610301735547a9.jpg

夫は布団を敷いて・・(床が硬くて寝心地は良くない 泣)

0036_20161101152243de6.jpg

0032_201610301735562da.jpg

バスタブあり、シャワー室あり、

0033_20161030173558146.jpg

必要な物は全て揃っています。(歯ブラシ以外)

翌日、明るくなってカーテンを開けると素敵なテラスがありました。

0041_20161101153204490.jpg


0042_20161101153205b1c.jpg

庭にはみかん(?)の木

0044_2016110115340426c.jpg

部屋を出て、テラスの方を撮ってみました。

0043_2016110115340286e.jpg

こじんまりとした静かなホテルでした。

滞在中、日本人泊り客は見かけず
殆どが韓国の方だと思いました。
団体さんはいません。

スタッフの皆さんの対応は良かったです。

ホテル周辺徒歩圏内にはお店が無いようなので、それが不便と言えば不便かな・・。
車で走ればいろいろお店はありました。

3名で使用の場合、エキストラベッド対応があるとポイントアップなんですが。

ホテル設備と宿泊代金を考えると・・・ちょっと高いなぁーというのが正直な気持ち。
プールもなかったですし、レストランも・・・(´・_・`)

夕食はルームサービス(ザ シーエス ホテル & リゾート 2016.5.12)

済州空港を出たのが19:30頃
レンタカーで出発したのが20:00過ぎ
ホテルに到着、部屋に落ち着いたのは21:30頃

夕食の事を考える余裕がなくて
ホテルへ向かう道中、お店に寄ることも出来なかった(;'∀')

何か食べたいよね~~~夕食・・・
ホテル内のレストランもクローズしてしまったそうで
徒歩で行けるようなお店もないらしい・・
残された選択は、ルームサービス

仕方がないね・・ではルームサービスを頼みましょう。

まずはビール
(冷蔵庫から)

チキン

0051_2016110120092218c.jpg

チャーハンのようなもの

0052_2016110120092345d.jpg

歯の悪い母用にリゾット

0053.jpg

ルームサービス 合計 9022円

多分、人生で初めてのルームサービス利用だと思うのですが
高い (*゚Q゚*) ですね・・・まぁ・・予想はしてましたけど・・(笑)


ルームサービスと一緒に、嬉しいビックリのサプライズがありました(o^―^o)

0050_20161101200920677.jpg

チェックイン時になんとなく話の流れで
「今日は私の誕生日なんです」と言ってしまいまして

その話を聞いてくれた
とっても感じの良いスタッフさんが気を利かせてくれたんですね。

なんとワインのプレゼント (o‘∀‘o)*:◦♪

0054.jpg

ワイン好きってしってました!?
いえ、知らないはず(笑)

朝食4回(ザ シーエス ホテル & リゾート 2016.5.13~2016.5.16)

朝食はホテルのレストラン「Cheonjeyeon 天帝淵(チョンジェヨン)」で頂きます。

ホテルにも勿論いました~
済州島の守り神「トルハルバン」。

0060_20161104205835f46.jpg

レストラン「Cheonjeyeon 天帝淵(チョンジェヨン)」へ。

0061_201611042058384a5.jpg

こちらが入口。

0062_20161104205839ff0.jpg

朝食メニューは4種類。
「わかめスープ」「海鮮スープ」「アワビ粥」「アメリカン」
この中からそれぞれに選択します。

0063_20161104205841abe.jpg

2016.5.13の朝食

まず、母が選んだ「アワビ粥」

0064_20161104205842a04.jpg

夫は「アメリカン」

0065_20161104212029579.jpg

私は「わかめスープ」

0066_20161104212031082.jpg

わかめスープはウニ入りでした。
海の香りがほわぁーと広がって美味しかったです。

0067_20161104212033559.jpg

朝食後はお庭をお散歩。
レストランを出ると目の前に見えるテーブル席です。
残念ながらこの席は使用できないらしい(残念)

0068_20161104214339491.jpg

どんな景色が広がっているのか行ってみると、

0095_201611060708573fb.jpg

リゾート地らしい綺麗な風景。

0097_20161106070900f54.jpg

戻ってレストランを見ると

0069_20161104214341e6d.jpg

レストランの屋根は葺き替え作業中でした。

0070_20161104214342e2b.jpg

そして、2016.5.14の朝食

母は歯が悪いのでお粥が良いでしょう!?
と私が勝手に「アワビ粥」を選択

0071_20161104215046b53.jpg

再びの「アワビ粥」だったのですが・・・
どうも食欲がない様子で、「どうしたの?」と尋ねると
アワビの肝入りが好みではなかったようで、昨日は我慢して食べていたそう。
それはスミマセンでした(;'∀') 

0072_201611042150485d3.jpg

私がアワビ粥を頂くことにしました。

母には私が頼んだ「アメリカン」をなんとか食べて貰って。

0085_2016110422211110a.jpg

そして夫は2日目も「アメリカン」(笑)
実は彼はウニとアワビが嫌いなんです・・なのでここでの朝食は常に
「アメリカン」ということになるわけで・・これもまたホテル選びの失敗ポイント。

0096_2016110607085813f.jpg


2016.5.15の朝食

レストランの屋根葺き替えは終了したようです。

0080_20161104222754034.jpg

初めて選んだ「海鮮スープ」

0074_201611042150516e9.jpg

アワビが入っていて

0075_2016110421505204e.jpg

ムール貝も
海鮮好きの私は美味しく頂きました(o^―^o)

0082_20161104222630180.jpg

写真はありませんが母は「わかめスープ」にしました。

サラダやパン、ヨーグルトはレストラン中央に用意されています。

0081_20161104223227984.jpg

窓側の席が良いんですが・・・残念ながら満席で、こちらへ

0073_20161104215049464.jpg

2016.5.16の朝食

私も流石に海の物は・・・飽きて来たので (´・_・`)
「アメリカン」にしました。

0076_20161104215932a92.jpg

0084_201611042240002b1.jpg

食後のホテル内散歩、
ドラマのロケ地になったという場所を歩いてみました。

ドラマ「シークレットガーデン」のロケ地、ベンチに写真が付いています。
(分かり易い)
0103_20161106071952bb6.jpg

0104_20161106071953f3f.jpg

中庭の方へ行ってみました。

0098_20161106071947194.jpg

ここも他のドラマのロケで使用されたらしい・・

0100_20161106071950a92.jpg

0099_20161106071949cd7.jpg


4日間同じレストランで朝食は飽きましたね・・・
私は海鮮好きなので3種類の海鮮メニューでOKだったのですが、
海鮮がそれほど好きではない夫には厳しい朝食メニューだった。
そして、お粥があって喜んだ母でしたが、アワビ粥が合わず
それもマイナスポイントで (;'∀')
4泊を同じホテルにするのではなく、
違うところへ泊まることも考えるべきだったなぁーと少し後悔ありです。

「ジョアンスタジオ」「柱状節理帯」(済州島 2016.5.13)

済州島観光第1日目。

ホテルの近くにある観光名所へ行きますが
「ヨン様ファンの聖地」とガイドブックに紹介されている
「ジョアンスタジオ」というところも近くにあるらしいので
ヨン様ファンの母のために(笑)とりあえず行ってみることにしました。

道中、面白い建物発見!

0110_20161107115038608.jpg

「スターバックス」のようです。
ここはこれ以降何度も通る道でしたが
残念ながら、このお店に入ることはありませんでした。

0112_20161107115040bc1.jpg


「ジョアンスタジオ」到着。

駐車場側から見た建物、裏側で、出口になっているようです。

0120_20161107115041f73.jpg

ぐるりと回って正面へ

0121_20161107115042d41.jpg

1人 W5000

世界的に認められているテディベア作家のジョアン・オさんのミュージアム。
天然素材の糸を製織、天然染めをし、世界に一つしかない
最高品質のベアを製作しているそうです。

0122_2016110711504551c.jpg

そしてこちらが2005年度製作された
ぺ・ヨンジュンさんの公式商品第一号の「ジュンベア」

0123_20161107120037d00.jpg

母に「知ってる?」と聞くと
「知らない・・・」と返事あり(;'∀')

私も見たことがあるような・・ないような・・・

ジュンベアはチラッと見ただけで
ベアの側に貼ってあるヨン様写真の方をじっくりと見ている母(笑)

0124_201611071200390c4.jpg

まあとりあえず、一通りテディベアを見て回りましょう。

テーマでコスプレされたベア

0126_20161107120040c49.jpg

0127_2016110712004209c.jpg

オバマ大統領ベア

0128_20161107120043644.jpg

まだ、まだたくさんのベアがいました。

「ヨン様の聖地」とガイドブックには紹介されてましたので
きっと「ヨン様がいっぱい!?」と期待しつつ来たと思われる母でしたが
「クマのぬいぐるみ」だけだったのね~とガッカリした様子。

私も何も知らなかったとは言え、母がガッカリしているのを見ると
期待させて悪かったなぁーと思うのでした。

まぁ・・・ヨン様と言っている時代ではもうありませんから、仕方ないでしょうか。

次は↓地図の2のところへ

IMG_20161107_113046.jpg

「柱状節理帯」

0129.jpg

0130_201611071230406dd.jpg

西帰浦の海岸線に約2㎞にわたって連なる玄武岩の魂。
約14~25万年前に形成されたと推定されるこの海岸は、
流れ出た溶岩が急激に冷却されたことによって出現した自然の芸術だ。
(るるぶ より)

0131_20161107123041b0c.jpg

展望台から

0133_20161107123044de3.jpg

この景色がチケットと同じ景色。

0132_20161107123042d90.jpg

特に感想は・・なしです。

映画「建築学概論」ロケ地「ソヨンの家」・昼食は「オジニネフェッチプ」(済州島 2016.5.13)

西帰浦エリアではミカンが栽培がされている。

ミカンの直売所を車窓から眺めながら

映画「建築学概論」ロケ地「ソヨンの家」(地図3)へ向かう。

IMG_20161107_143102_convert_20161107144939.jpg

日常生活の中の「トルハルバン」発見!

0154_20161107145943273.jpg

この橋を通り、海岸沿いを走ると到着。
映画「「建築学概論」 韓国公開 2012年 日本公開 2013年

poster.jpg

映画の中心舞台「ソヨンの家」
主人公ソヨンが、建築家となった初恋の相手に依頼して建てる家がここ。

0140_20161107144637d75.jpg

0141_20161107144639a12.jpg

現在はカフェになっています。

0152_20161107152718b32.jpg

この大きな窓! 映画でもこの窓が印象的でした。

0151_201611071527166c4.jpg

映画のセットと同じ大開口部。
海が眺められるように窓際は空けているそうです。

二階へ

0147_2016110714594253f.jpg

3つ合計 W14500

0148_20161107153554643.jpg

一階屋根の上の芝生で寝転んでいるシーンもこの映画の名場面の一つでした。
その屋根の上、芝生がここ

0144_20161107153533c9c.jpg

チェアが用意されてゆっくりできます。

0146_20161107145940e83.jpg

海の風景がまた良いんですよね。

0145_2016110715425748d.jpg

カフェのお隣には小屋(?)があって、
映画撮影中時の写真がたくさん飾られていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼は、地図4のお店へ

「オジニネフェッチプ」

潮風に吹かれながら郷土料理を味わえるお店とガイドブックから選ぶ。

0160_20161107155515342.jpg

スズメダイの産地で知られる海に面した海鮮料理専門の食堂。

0161_2016110715551710e.jpg

海の家ような趣。
海岸に突き出たテラス席に座りました。

0162_20161107155518961.jpg

おすすめは、郷土料理の「ムルフェ」
ダイコンやキュウリ、セリなどの野菜と一緒に刺身をあえ
テンジャンベースの冷や汁をぶっかけた済州島のソウルフード(るるぶより)

0163_201611071555206e0.jpg

「ムルフェ」です。これはイカの刺身入り。
1人分 W12000×2

0164_20161107155521e6e.jpg

そして、もう一つはスズメダイの切り身入り
スズメダイが骨ごとカットされています。
「チャリムルフェ」 W10000

0165_201611071615179c2.jpg

このスズメダイが・・・骨が・・・骨が口に刺さっていたい(笑)

母は硬い物がダメで・・イカもスズメダイもダメだった・・・(泣)

で、夫はそこまで海鮮生があまり好きじゃなくて
まぁまぁ頑張って食べてたけど(笑)

海鮮好きの私もスズメダイの骨は・・・駄目だった(泣)

ロケーションもお料理もローカル感いっぱいで最高だし
済州島ならではのお料理なのでしょうに・・

刺身はお醤油で頂く方が好きかな(;'∀')

「済州民俗村博物館」(済州島 2016.5.13)

ホテルを出発し、東方面へ進んできました。
今日の観光はここが最後となります。

IMG_20161107_213140_convert_20161107214256.jpg

(地図5)「済州民俗村博物館」

19世紀の済州の歴史や民俗が息づいている済州民俗村。

0200_20161107215158aa3.jpg

入場料 1人 W10000

0201_20161107215159f63.jpg

民俗村の全体図

0192_201611072202175bd.jpg

済州島の山村、中山間村、漁村を再現し
約100軒の昔の家屋や8千余りの民俗資料、
民俗工芸人巨匠の優れた腕などを見ることが出来ます。
(パンフレットより)

順路に沿って進みます。

0180_20161107215153c36.jpg

0181_20161107215155b19.jpg

結構歩くんですよね・・・

0183_20161107215157425.jpg

同じような建物が続くので、だんだんと飽きて来ましたので
ここは省略~~とすっ飛ばす場所もあり (。-_-。)

0185_20161107220050837.jpg

0186.jpg

ドラマ「大長今」のロケ地でもあるようです。

0187.jpg

0188.jpg

他のドラマのロケ地としてもいろいろ紹介されていました。

民俗村を母も頑張って歩きました。
これ以上は無理なので今日の観光はここで終了。

ホテルへ帰ります。

ホテルが近づいてきたところで面白い建物が目を引きました。
どうやらスタジアムみたい。
「済州ワールドカップ競技場」でした。

0194_201611072202176ce.jpg

入場ゲート広場は伝統家屋の路地を、屋根は伝統いかだの漁船を表現し、
船が順風に帆をあげて21世紀の5大洋6大陸へと向かって前進する
済州の人の積極的な性格も象徴しています。(公式サイトより)

0195_20161107220219bfb.jpg

ホテルへ向かって車を走らせます。

夕食は「味羽也」(ザ シーエス ホテル & リゾート 2016.5.13)

ホテルへ帰る途中、
夕食にいい食堂はないかしら?
と思いつつ車窓から街を見ながら来ましたが
なかなかこれといったお店が見つからず・・・
とうとうホテルに着いてしまいました(;'∀')

また出直すのも辛いので、ホテルの日本食レストラン「味羽也」へ

0230_20161107223015b35.jpg

お蕎麦屋さんみたいです。

0220_201611072230090c4.jpg

他にお客さんいませんでした(´・_・`)

0222_20161107223013b35.jpg

とりあえず、ビールを頂きます!
一日中運転手の夫は昼ビールが出来なくてかわいそう・・・(笑)
私も付き合って昼ビールは封印しましたよ(当たり前か)

0221_201611072230123ff.jpg

お蕎麦を頂きます。

0224_201611072233398a3.jpg

0223_20161107223014598.jpg

0225_2016110722334103e.jpg

味はそれなりに・・普通にお蕎麦です。

そば寿司とおいなりさん

0226_20161107223343267.jpg

0227_20161107223345223.jpg

このおいなりさんが面白い。

0228_2016110722334577a.jpg

私たちが最後の客でした。

現金で支払い。
合計 W53000 (高いなぁー)

ここで私は大失敗しました。
現金で支払うときに、自分のスマホをレジのカウンターに置いて
お財布から現金を出しまして・・

ホテルの部屋へ戻ってからスマホが無いことに気が付きました。
どこかで落としたか?
うーんと考える・・・きっとあのお蕎麦屋さんに忘れてきたと思う・・
直ぐにお店へ行きましたが、すでに閉店してました。
そして、お店には誰もいませんでした。

仕方がなくフロントで事情を話しまして。

翌朝、フロントのスタッフさんと一緒にお蕎麦屋さんへ
無事私のスマホ戻ってきました。
レジカウンターにそのまま・・・ありました(ホッ)

「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」 昼食は「始興海女の家(シフン ヘニョエチプ)」(2016.5.14)

済州島観光2日目。

今日も東方面へ向かいます。

昨日も通ったこの道、
坂が凄くて忘れられない道路。

0250_20161110104444cae.jpg

異国のパトカーや消防車はどうも気になります。

0251_20161110104445054.jpg

東の端に来ました。(地図6)

IMG_20161110_101842_convert_20161110202249.jpg

「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」

済州十景の1つでもあり、ユネスコ世界自然遺産にも指定された、
済州島きってのネイチャー観光地です。

駐車場がいっぱいで・・あちらこちらくるくる回って・・
やっと空きがあって停められた・・一苦労でした。
人気の観光地です。

0254_20161110104450d7e.jpg

0252_20161110104448535.jpg

海に浮かぶ王冠の形をした日出の名所。

城山日出峰は約10万年ほど前の海底噴火により誕生したのが寄生火山。
2007年にユネスコ世界自然遺産に登録された。

面積:約377,872㎡
高さ:海抜182m
噴火口:直径129.77㎡
深さ:90m
長さ:東西450m、南北350mの円形

0258_2016111020315489a.jpg

入場口から頂上までは徒歩20分~30分。
登山道は石畳で整備されている。
行程の約¾は階段を登る。
頂上付近の階段はハード。(るるぶより)

ということで、母に登山は絶対に無理なので
山頂へは行かず、ただ山の写真を撮っただけ(;'∀')

0281_2016111020451566c.jpg

乗馬体験もあり。乗馬している人達が見えます。

別に遊歩道があったのでそちらの方を歩いてみる。

見えた景色。

0256_201611102031510e5.jpg

苦労して駐車しましたが、あっさりと観光は終了(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食はガイドブックに載っているお店にします。(地図7)
ナビに電話番号を入力して、道案内開始!
使いこなせております。ナビ。

0259_201611102053067db.jpg

「始興海女の家(シフン ヘニョエチプ)」食堂は2階。
海女さんが運営するとれたて魚貝の専門店。

0260_2016111020530750f.jpg

海女さんたちの組合が経営する刺身店。
自分たちでとったアワビ、サザエ、ナマコなどを刺身やお粥にして
提供している。(るるぶより)

0261_20161110205309e1a.jpg

副菜がドーンと並びました。

0262_20161110205311a4d.jpg

小さなカニのから揚げ。

0263_20161110205312611.jpg

0264_201611102138013e3.jpg

テジョゲと呼ばれる地元産の2枚貝のお粥が絶品とか

0265_201611102138023ad.jpg

0266_20161110213804549.jpg

0267_20161110213805009.jpg

アワビ粥は私が頂きます。

0268_201611102138077bf.jpg

美味しく頂きました。

そろそろお粥も飽きてきましたが・・・(笑)

母が硬い物、辛い物が食べられないので・・なかなか難しい。

「海女博物館」に寄って海岸線を通り・・(2016.5.14)

海女たちの採った魚介で美味しく頂いた昼食後は「海女博物館」(地図8)へ

IMG_20161111_115116_convert_20161112110122.jpg

0301_201611121042131b8.jpg

日本語のパンフもあります。
1人 W1100

0302_20161112104215b7c.jpg

たくましき海女の歴史を後世に伝える。

今でも約5000名が活躍しているといわれる済州島の海女。
韓国で唯一、海女文化を伝承する博物館。

海女の生活の様子を紹介しているビデオが興味深かったです。
日本語字幕で見られました。
観客は私たち3名・・だったけど・・。

0303_20161112104216a70.jpg

「海女の生」「海女の道具」「海」の3つの展示室で構成されている。

0304_20161112104217a81.jpg

海女は日本と済州島にしか存在しないと言われている。(パンフレットより)

0305_201611121042193f4.jpg

次の目的地へ向かう
景色を眺めながら

済州島で気になっていたのが、この石たち。

1000.jpg

民家の周りの石垣やこの畑を囲んで積まれた石たち。

1世紀の中頃に大噴火を起こしたハルラ山から流れた溶岩、
それがこの石たち「玄武岩」だそうです。

1002.jpg

済州島は風が強く、その強風を防ぐために人々は民家のまわりを石垣で囲んだ。
こうした石垣は農地の「寒さよけ」の働きをしてきた。(るるぶより)

海岸沿いを走ります。

1003.jpg

1005.jpg

おしゃれなビーチが現れました。

1006.jpg

昨日は気温はそこそこですが
青空が広がっていいお天気だったのですが、
今日は曇り空で・・

1007.jpg

寒いんです・・
19度くらい・・・
札幌と変わらない 。゚(゚´Д`゚)゚。
暖かいビーチリゾートを期待してたんですけどね。

1008.jpg

1009.jpg

海の中に風車がたくさん、

なるほど、済州島は風が強いとガイドブックにありましたが
それで風車も多いのでしょう。

1010.jpg

そういえば、韓国ドラマの済州島ロケでは
風車が背景になったシーンが多かったような気がします。

「トルハルバン公園」から「西帰浦毎日オルレ市場」へ「夕食はプルコギ」(2016.5.14)

済州島のゆるキャラ!?
「トルハルバン」

大のお気に入りになりました!
石のおじいさん、「トルハルバン」

「トル」は石という意味で
「ハルバン」はハラボジ(おじいさん)の済州島方言。
それで「石のおじいさん」

かつて「トルハルバン」は、島内の城門の前に設けられてた。
観光用の模造品でない本物は現在、47個残っているそうだ。

城門の前に設けられたのは、城門内の住民たちを守護するため。
はやり病の伝染を防ぎ、邪悪な悪霊や外敵を追い払う役目を担っていた。
(るるぶ情報)

「トルハルバン」の表情は優しすぎて、
外敵を追い払う役目が出来たのかしら?
と思ってしまうが(笑)
このトホホ感の表情がたまらない魅力(o^―^o)

ここ「トルハルバン公園」は私のリクエスト。
楽しみにしていました!

1035.jpg

↓ここから入ります。

1020.jpg

建物に入るとそこはトルハルバンのグッズがたくさん、お土産用に販売されている。
入場料を払って 1人W4000 シニアW3000

この建物を通り公園へ

1023.jpg

1067.jpg

3UuzL03vxsQgts51479112968_1479112995.png

1027.jpg

1036.jpg

1028.jpg

1039.jpg

1038.jpg

1037.jpg

1031.jpg

済州島出身のアーティスト、キム・ナムフン氏の手による様々なトルハルバンがある。
作者のメッセージが込められたオリジナルの石像は
表情や立ち姿が異なり、趣がある。

この公園はまだ未完成だそうで、現在も造園が継続中だそうです。

ユニークな「トルハルバン」に出会えて楽しい時間でした。

IMG_20161114_180417_convert_20161114181905.jpg

「トルハルバン公園」(地図9)の次は済州島を横断、
(地図10)の「西帰浦毎日オルレ市場」へ

公営駐車場に車を停めます。

1050.jpg

写真を確認しながら気が付いたのですが
島の向こうとこちらでは空が違う・・こちらは青空だったのね。

市場

1053.jpg

ミカン

1052.jpg

1055.jpg

行列を作っていた屋台

1057.jpg

何が人気なの~?と覘くと
私のお気に入りの「トルハルバン」じゃないですか~o(^▽^)o

1058.jpg

この人形焼き風が大人気の様子
長い列が出来ていました。
私も列に加わり順番を待ちます。

夫はその辺をウロウロ、
母は側にベンチがあったので座って待っていて貰いました。
その母の様子を見ていると・・
お隣の女学生たちとおしゃべりしているようです w(゚o゚)w
母は韓国語は話せないはず・・女学生さん日本語できるの!?
後で、何を話していたの?と聞いたところ
片言の日本語でそれなりに会話になっていたらしい(笑)

トルハルバンの人形焼き風を買いました!
8個でW3000

1059.jpg

中のアンはミカン味(o^―^o)

1060.jpg

可愛いです。

では、ホテルへ向かいます。

夕食はホテル近くのこちらへ(帰りに撮った写真)
2階が食堂になっています。

1066.jpg

そろそろお肉が食べたいよね~ってことで、
普通にプルコギになりました。

1063.jpg

1062.jpg

1064.jpg

1065.jpg

プルコギ2人分 カルビタン 合計W39000
車ですから・・ビールは飲んでいません。
お味は・・普通・・です。

コンビニでビール、ワイン買って・・ホテルで飲もう~。