INDEX    RSS    ADMIN

豫園(よえん)(2)(上海 2017.3.20)

では、庭園「豫園」の見学へ

チケット大人1 30元

実はくだらないことだけど、
この旅行で一番頭に来た出来事 (♯`∧´)が、このチケット購入時のこと。

0731_201704300825132f0.jpg

チケット係りのおじさん(あえておじさんと言う)
このおじさん、チケットを2枚束から切り離すだけで
後は知らんぷり・・・そのチケットを受け取るのに、私は窓口に手を伸ばし・・・
ずーっと手を伸ばし・・・届かないよ~~と必死に手を伸ばし・・
やっとチケットを掴むことが出来たという、悲惨な行動をしたわけで。
その様子を目の前で見ているであろう、おじさんは知らんぷり。
大袈裟~~と思うかもしれませんが、ホントです(;'∀')
感じの悪いことと言ったら、ムカーッとしました(笑)
(心が狭すぎ!?)(手が短い!?)
こんなところが中国の個性でもあるのでしょうね!?

では、気持ちを静めて・・・見学スタート。

0732_20170430211110a35.jpg

0733_201704302111114b6.jpg

0734.jpg

「豫園」は、四川省の役人だった潘允瑞によって造られた庭園だそう。
創建は明代。故郷を懐かしむ両親を慰めるために建設したといい、
造園にはなんと18年間もの歳月がかかったそうです。
潘家の没落後、庭園は一時荒廃しましたが、
清代になってから上海の有力者たちが再建に乗り出します。
その後1956年に西園の一部が改修・整備され、
現在の「豫園」として一般に開放されるようになったのが始まりとのことです。
(上海ナビより)

0735.jpg

0736.jpg

0737.jpg

実は、あまり興味が無くて・・・適当に見てます(;''∀'')

面白く見ていたのは、門の入口のいろいろな形。

0750_20170430212201c36.jpg

0751_20170430212202965.jpg

0752_20170430212203f2e.jpg

「透かし窓」も面白い。

0754_2017043021220606d.jpg

両方口をあけて笑っているおおらかなデザインの獅子

0753_20170430212205222.jpg

この獅子の上に見えるのは、チケットの龍ではありませんか!?
(厳密にいうと向きが違うので同じではないかな)

0742_20170430212641df4.jpg

有名なのが「龍墙」と呼ばれる塀の上の瓦の装飾。
中国では、龍の指は4本と決まっているのですが、こちらの龍は3本ですよね。
なので、厳密に言うと龍ではないのです。
当時は皇帝しか龍の装飾を使えなかったためにわざと3本で作ったのだそう。
庭園内にはこの龍の頭が5つあるので、ぜひ探してみてください。
(上海ナビより)

0743_201704302126424d4.jpg

0744_201704302126443d4.jpg

次は夕食に行きます~~

「南京大牌档 (ナンジンダーパイダン)」で夕食を(上海 2017.3.20)

豫園から外灘は近いので、夕暮れ時の外灘を散歩してから夕食へ・・
と思っていたが、天気が悪く、高層ビル群も霞んで見えるので
真っすぐにお店へ向かうことにした。

場所は人民広場エリア
豫園から地下鉄に乗って「人民広場」駅まで、11号出口から直ぐのビル2階。

「南京大牌档 (ナンジンダーパイダン)」

上海ナビで紹介されていたお店。
「大牌档」とは屋台街の意味。
その昔、南京市内の繁華街にあった屋台街をそのままレストランにしてしまったお店とのこと。

レトロな庶民派南京料理をお手頃価格で楽しめる、人民広場エリアの行列店。
直ぐに満席になり混みあうそうなので・・・
早めに行く戦略で(笑)

17時開店。
16時30分過ぎに到着。
既に10人以上は待っている。やはり人気の様子。
入口前のベンチに座って開店を待つ。

0770_20170501113049639.jpg

時間がきました~お店に入る。

席は自分たちの好きなところに自由に座って良いみたい。

0771_201705011130502f6.jpg

☆「南京大牌档」とは?
オープンは1994年。本店は南京市内にあり、
現在は上海のほか北京、天津、武漢など中国各地に支店を持つチェーン店に成長中。
が、チェーン店とは思えないお店の造り、素朴な料理の数々、
親しみやすいサービスなどが瞬く間に話題に。
ひと言で説明すると、「中国っぽさ満点で、地元人気が高い庶民派店」でしょうか。
(上海ナビより)

メニューは写真入りなので分かり易い!

まずは、ビール(^▽^)/
南京のご当地ビール「金陵啤酒」(16元)

0773.jpg

麻辣鴨血(8元)
アヒルの血豆腐を激辛スープで煮込んだもの。

0772_20170501164218c7f.jpg

↑上海ナビの記事に、
「本場の中華の辛さに慣れていない方なら、「これはヤバい!」と思う辛さです。」
と書かれていたので、辛い物好きの我々は迷わず注文。
イヤーホント辛い、辛いだけならいいけど・・食感が好みではなかった(-_-;)

南京素什錦(16元)
青菜、もやし、ニンジン、きのこなどを和えた素朴な野菜料理。
さっぱりした味で美味しい~箸休めにピッタリ。

0774.jpg

メニューの漢字入力が面倒なので、メニューの写真を

0791_20170501171452f73.jpg

0775_2017050116422223d.jpg

日本での焼き餃子の感じ、美味しい。

次、小籠包をやはり食べたい!

0792_20170501171454d95.jpg

これが最高に美味しかった!
中の汁がタップリで、醤油味に近い感じ。

0779.jpg

お酒の追加 (o^―^o)
ワインは無いよね・・
なのでこちら

0793_20170501171455047.jpg

0777.jpg

まったりとした感じの甘いお酒だった。

内装や雰囲気は、清代の屋台街をイメージしているそう。
その屋台風のところでお料理と調理中の様子が見られるので
どんな物があるのかな~?と見学に・・・

0778.jpg

注文はテーブルでします。
スタッフさん皆さん、感じ良く、言葉が分からなくとも親切。

海老入りワンタン

0780_201705030734327b1.jpg

0781_20170503073434734.jpg

0783.jpg

ここはとっても良かった(o^―^o)

スタッフも感じが良いし、
お店の雰囲気もいい、生演奏なんてのもあった。
お隣のテーブルの方のお料理も気になって、
美味しそうだったのよね‥(;'∀')

2017年5月、GW旅行( ..)φメモメモ

現在、盛岡のホテル。
19:30

GWは山梨県のキャンプ場で家族全員集合、1泊が第一の目的。
それを中心に旅行を組み立て。

旅行の詳細は帰ってからゆっくり書くことにして

キャンプ地の小菅村のこいのぼり(2017.5.4)

0011_201705051940289db.jpg

御坂峠の天下茶屋から撮った富士山を(2017.5.4)

0010_20170505194027cde.jpg

これから、盛岡の居酒屋へ~
明日、八戸からフェリーで帰ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

ホテルに戻りました。

郷土料理を頂いて、美味しかった~
東北と言えば日本酒でしょう・・と
地酒を頂いて、美味しかった~(笑)

page.jpg

・・・・・・・・・
追記2

キャンプ場での記念写真

P1030816.jpg

2017年5月、GW旅行( ..)φメモメモ その2

2017.5.1 苫小牧(21:15)→八戸(翌日4:45) シルバープリンセス

2017.5.2 西那須温泉泊

2017.5.3 山梨 小菅村 ほうれんぼうキャンプ場泊 (現地 家族集合→翌日 現地解散)

2017.5.4 つくば泊

2017.5.5 盛岡泊

2017.5.6 八戸(13:00)→苫小牧(20:15) シルバークイーン

苫小牧行フェリーから夕陽を眺める。

0017_20170507011326212.jpg

0018_2017050701132708a.jpg

0019_2017050701132941d.jpg

GWの旅行は終了し、日常生活再開だ・・

上海・西塘旅行記をあと一つ二つ(?)続けて終了予定。

次、今回のGW旅行を記録したい。


大衆空港賓館(ダージョンエアポートホテル)(上海 2017.3.20)

再び、上海・西塘旅行記の続き。


21日札幌(新千歳)行きのフライトが8:15発
2時間前、7時頃には空港へ行かねばならないから
空港近くに泊まることにした。

最初に予約したホテルは、空港までタクシーを利用する必要あり。
再検討・・する。
料金は高くなるが、浦東国際空港第1ターミナルと第2ターミナルの間にある。
「大衆空港賓館(ダージョンエアポートホテル)(DAZHONG AIRPORT HOTEL)」に変更。
ここだと、徒歩で第2ターミナルへ行けて便利!

夕食を終えて、このホテルへ向かう。
地下鉄2号線利用。
18:30、通勤ラッシュ時 ( ゚Д゚) 激混み・・
後半戦は座れました・・ラッキーだった。

交通カードの払い戻しは時間外で出来ず。

地下鉄の改札を出ると、ホテルへ向かうエレベーターを発見。
とても分かり易い。

1000_201705072058053c5.jpg

エレベーターで地上へ
ホテルへ入る。

カウンターでチェックイン手続きを・・・
「予約が入っていない」と言われた (;゚Д゚)
そんな~~~
ここではなくて向かいのホテルへ行ってとのこと。

お向かいに同じホテルありました(;'∀')
どうやら、南館と北館があり、私たちは「北館」を予約していたみたい。
(自分で予約したんですが (;'∀') 忘れてた・・予約確認書には表示なし)

1001_20170507205806750.jpg


【北館】スーペリアツインルーム】

1002_20170507205807831.jpg

1003_201705072058085df.jpg

1005_201705072058117ce.jpg

1007_2017050720581470a.jpg

wifiが繋がらず・・・これショックだった。
電話で問い合わせ(英語)をしようとしたら切られた・・。

朝食なし1泊:8,763円

空港に近いってやはり安心。

2017.3.21
浦東国際空港第2ターミナル
春秋航空 8:15 → 札幌(新千歳)12:50

(札幌(新千歳)⇔上海(浦東) 往復1人 26,605円)

上海浦東国際空港ラウンジ「No. 77 China Eastern Plaza Premium Lounge」(2017.3.21)

飛行機は安いLCCを利用していますが、

「プライオリティパス」を持っているので、
空港の「ラウンジ」を利用するのが楽しみの1つです。

上海浦東国際空港にも数か所、
「プライオリティパス」で利用できる「ラウンジ」があるみたい。

こちら➡

我々が乗る便は、international Terminal 2発
搭乗口から一番近い
「No. 77 China Eastern Plaza Premium Lounge」へ行きます。
ラウンジへの案内表示あり。

1022.jpg

朝6:30頃 到着。

「No. 77 China Eastern Plaza Premium Lounge」

1036_201705112124597b5.jpg

広い~~

1023_201705112124550ab.jpg

横に広いというか・・

1024.jpg

さて、どこに座ろうか・・まずは食事のし易いテーブル席へ
では、朝食を~~

ワインがあるんですよね・・飲みたいけど・・・朝だしね‥(;'∀')

1026.jpg

1027_201705112132336cb.jpg

1029.jpg

卵料理も作って貰えて、

オムレツをお願いしました。

1030.jpg

写真は一部です。
まだいろいろとお料理が並んでいました。

ここから、我々のお皿を・・

1031_2017051121351298a.jpg

1032.jpg

1033.jpg

おかゆ

1034.jpg

1035_2017051121351869f.jpg

ゆっくりと美味しい朝食を頂いて、満足・満足です。

食事後はこちらへ移動
このソファー席、居心地が良さそう(笑)

1025.jpg

↑ここを我々二人でゆったりと使用(o^―^o)


明るく、広く、食べ物・飲み物も豊富で過ごしやすいラウンジですね(^▽^)/

上海・西塘旅行、終了。

GW旅行開始:シルバーフェリーで移動(2017.5.1~)

2017.5.1~2017.5.6 GW旅行記を開始。

GWは山梨県のキャンプ場に家族全員集合しての1泊が第一の目的。
それを中心に旅行を組み立てた。
我々2人は札幌から自家用車で行きます。

まずはフェリーの予約から、
シルバーフェリーの予約開始は2か月前から、
5月1日と5月6日のフェリーは共に3月6日に予約した。
1日は平日だからか、まだ1等個室が残っていた。
6日は既に完売・・2等にするしかない状況・・残念。

2017.5.1
苫小牧(21:15)→八戸(翌日4:45) シルバープリンセス

1あ

1等洋室2名 車1台 合計36.000円

苫小牧:このフェリーに乗ります。

0001_20170514142816d8f.jpg

20:15 乗船

個室、2段ベッド

0003_201705141449010ca.jpg

タオル、歯ブラシセット付き

0004_20170514144903c6d.jpg

展望浴室

0005_201705141449041f1.jpg

2段ベッドの寝心地は良い(o^―^o) 翌朝までぐっすり。

2017.5.2

八戸到着。

0006_201705141646358e2.jpg

朝 5時15分頃撮った写真、このフェリーに乗って来た。

0007_20170514164637113.jpg

岩手山が綺麗だ。

0008_20170514164638872.jpg

岩手県、東北自動車道を走る。

い1あ

前沢サービスエリアで休憩。

0009_201705141654087ad.jpg

0010_20170514165409777.jpg

0011_20170514165411dc6.jpg

前沢牛入りカレーパンと肉まん(合計720円)
どちらも美味しかった!


岩手県「中尊寺(ちゅうそんじ)」「毛越寺(もうつうじ)」(2017.5.2)

平泉

平泉には数年前に行ったことがあり、今回は2度目。

2011年に世界遺産に登録された平泉の世界文化遺産。
正式には『平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―』と言う。
日本の世界遺産の中では12番目に登録された文化遺産。
東北地方では初の世界文化遺産。
平泉の世界文化遺産は、
中尊寺・毛越寺・観自在王院跡・無量光院跡・金鶏山の5つの資産で構成されている。


「中尊寺」へ
前に来たときは・・正面から月見坂を登って行った。
この参道は木々に囲まれて、ちょっとした山登り気分だったような・・
雰囲気が良くて印象に残っている。

9:40am
今回は、坂の上駐車場に車を停めたので坂は登らず。

0020_20170517111100c7d.jpg

中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院。
奥州三十三観音番外札所。山号は関山(かんざん)、本尊は釈迦如来 。
寺伝では円仁の開山とされる。実質的な開基は藤原清衡。
奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、
平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。
境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。
2011年(平成23年)6月26日、
「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
(wikipediaより)

0021_20170517111101e24.jpg

本堂
参道である月見坂を登った右手の中尊寺本坊内にある、中尊寺の本堂である。
1909年 (明治42年)の建築。
2013年3月24日、新本尊の丈六釈迦如来坐像の開眼法要が行われた。
(wikipediaより)

0022_20170517111102036.jpg

0024_20170517141421874.jpg

金色堂(国宝)へ

現在はこの↓鉄筋コンクリート造の覆堂内にある。

0023_20170517141420cd2.jpg

中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)は、
岩手県西磐井郡平泉町の中尊寺にある平安時代後期建立の仏堂である。
奥州藤原氏初代藤原清衡が天治元年(1124年)に建立したもので、
平等院鳳凰堂と共に平安時代の浄土教建築の代表例であり、
当代の技術を集めたものとして国宝に指定されている。
堂の所有者は宗教法人金色院である。
(wikipediaより)

建物の内外を総金箔張りとすることからこの名があるそう。
内部は撮影禁止で写真は無ですが、金箔張でした。

前回来たときは、坂を登って来たので確かこの「金色堂」を見て
力尽き、この先へは行かなかったと思う。

今回は、もう少し先まで行ってみた。

0047_20170517141423e95.jpg


0025_20170517164654d49.jpg

白山神社能舞台

0026_201705171646558a4.jpg

坂の上駐車場へ戻る途中

0027_201705171646565a6.jpg

「毛越寺」に到着。

0028_201705171752121a0.jpg

0029_201705171752136b7.jpg

0030_20170517175215cb1.jpg

毛越寺(もうつうじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗の寺院。
開山は円仁(慈覚大師)と伝える。
現在の本尊は薬師如来、脇侍は日光菩薩・月光菩薩である。

境内は「毛越寺境内 附 鎮守社跡」(もうつうじけいだい つけたり ちんじゅしゃあと)として
国の特別史跡、庭園は「毛越寺庭園」(もうつうじていえん)として特別名勝に指定されている。
2011年(平成23年)6月26日、「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」の
構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
(wikipediaより)

0060_20170517182414e0a.jpg

前回に来た時の印象はただ池を見たような・・・・(;'∀')

まずは、原図を見て、こうなっていたんだね・・と・・

0031_20170517175903fe4.jpg

0032_20170517175904190.jpg

0033_20170517175906155.jpg

0034_20170517175907e33.jpg

0035_20170517175908ee9.jpg

やはり・・・大きな庭園だけの印象・・・

宮城県「昼食:長者原SA」+「白石城」(2017.5.2)

東北自動車道を走り、宮城県に入る。

長者原SAで昼食にする。

0075_20170518205118f06.jpg

さて、ここの名物は何かな~?

0076_20170518205119d21.jpg

「キャベツ桜エビ塩ラーメン」がおすすめみたいなので・・

0078_20170518205122ead.jpg

エビ味がきついと苦手なんだけど・・
これは大丈夫、さっぱりして美味しかった。

0079_20170518205123f67.jpg

かき揚げそば

0077_2017051820512019d.jpg

次の観光地・・
夫が作った旅程表によると「蔵王」。
数年前に行った時はお天気が悪くて何も見えず、今回はリベンジで・・
とのことなのだけど、どうにも私がその気にならず・・
山の景色はそれほど惹かれず・・・

パッと近辺を検索して「白石城」を見つけた。
こちらの方が近いし、早めに宿へ到着できそうでしょ (;'∀')
で、「白石城」へ行くことに決定。

白石城

0080_20170520082651520.jpg

0081_20170520082652563.jpg


0082_20170520082654c46.jpg

白石城(別名:益岡城、桝岡城)は、白石市の中心部(益岡公園)にあった平山城です。
仙台藩の南の要衝であり、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間、伊達家の重臣片倉氏の居城となりました。
明治7年に解体されましたが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されました。
白石城の公式HPより)

0083_20170520083807d7d.jpg

伊達の重臣 片倉の城 白石城

0090_2017052008421779e.jpg

城内へ

0091_20170520084218d73.jpg

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」
私は見ていないのですが、白石は真田幸村のゆかりの地なんですね。
(大坂夏の陣の決戦の直前、自分の死を覚悟した幸村は娘たちを
敵将である片倉重長に託した。)

0092_201705200842209f8.jpg

木造で復元された天守

0093_20170520084221e51.jpg

0094_20170520084223172.jpg

0095_20170520084224ef4.jpg

2CELLOS-SCOREツアー IN SAPPORO (2017.5.19)

2017.5.19 2CELLOSコンサート

2014.3.9が札幌初、次2015.6.25、そして2017.5.19と札幌ライブは3度目。
全部行ってます(^▽^)/

IMG_20170520_095216533_convert_20170520113026.jpg

今回のコンサートは最高~~~最高!!!!!!
コンサートが終って翌日の今、現在も興奮気味・・

感動が半端ない。

ライブは弦楽オーケストラ、TOKYO STAR ORCHESTRA VIRTUOSOをバックにスタート。

201705_2.jpg
(画像は公式HPより 大阪ライブ)

(演奏曲の数タイトルと感想を記録)

スタートは「炎のランナー」
良いんだよね・・・・・出だしが印象的な曲
ここからすでにドキドキ、このライブに来た幸せを感じていた。

次・・分かった・・出だしで直ぐに・・「ゴットファーザー」だ。
映画も何度も見ているお気に入り。

ルカが「分かった?」「 Godfather」
「日本語ではゴットファザー」って・・(笑)

「タイタニック」が凄すぎて
聞きながら涙が 。゚(゚´Д`゚)゚。

「ブレイブハート」の曲紹介では、ルカがまた日本語では
「ブレイブハうト」って・・(笑) 日本語うまいね(^^;

映画ファンの私は映画音楽も大好きで
「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」が演奏する映画音楽や
札響の映画音楽コンサート等にも何度か足を運んでいる。
けれど今回は全然違った。

大好きな映画音楽を2CELLOSで聞けるなんて、理想的過ぎる!

ステファンがオケの指揮(?)をしながら演奏している姿と、曲の盛り上がり、
映画のシーン(私の頭の中)が重なって、ここだけでしか感じられない映画音楽に。

2CELLOSの映画音楽ライブは、バーンと映画の世界が伝わってくると言うか、
情景が情感が心に響く度合が強い凄い。

そして、ドラマーが加わって「Smooth Criminal」から始まったロックパート
今までのライブ以上に楽しめた♪
ステファンのパフォーマンスは健在で、
今回は客席を回るという進化(o^―^o)
私の席は通路から3番目だったので「ステファン!」って声かけたわ(笑)

アンコールのラストは
.「ニュー・シネマ・パラダイス 」
良かったなぁー。

今までの他の多数のコンサートの中でもこのライブが一番だと思う。
(過去の感動は忘れているかも・・(・_・;) )

感動した~~ 最高~~だった~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のコンサートは最新アルバム『スコア』を引っ提げての日本ツアー。
この『スコア』は映画音楽を収めたアルバム。
コンサートがあると知って、あえてCDを購入するのを延期
初めてライブで彼らの映画音楽の数々を聞いた。
最高だった。
早速CDを購入した。到着するのが楽しみ♪

201701171038371.jpg

またの来札を待っているよ。
夢はいつか外国で「Arena Pula」とか・・で彼らのライブを見る事。

今回は写真を一枚も撮っていないので、(ライブに集中した)

シドニーのオペラハウスコンサート動画を参考に保存。

続きを読む