INDEX    RSS    ADMIN

映画「ドリーム / HIDDEN FIGURES」

数か月前に友人Nさんが飛行機の中で見て面白かったよ!と教えてくれた作品。
その時から日本公開を心待ちにしていた。
日本公開され、9月30日、早速観てきました。

まず一言、最高~~!
マイベスト10に入る!と見終えた後思ったのだけど、
少し落ち着いて考えると、お気に入り映画は多いから・・マイベスト15に変更した(^^;)
って、どうでもいい話ですが、要は素晴らしい作品と言いたい。
実話ってところが良いし、痛快な気分になれ、引き込まれて、感動して心に残る傑作。
音楽に衣装も素晴らしい~~!

アメリカ初の有人ロケットのマーキュリー計画を支えた黒人女性達の物語。

MV5BM.jpg MV5BMzg2.jpg

NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の
知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。
人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武器に、
自ら道を切り開いていった彼女たちのユーモアとバイタリティにあふれた生き様を、
軽妙かつ前向きな筆致で感動的に描き出す。
主演はタラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、
共演にケヴィン・コスナー、キルステン・ダンスト、ジム・パーソンズ。
監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。
 米ソ冷戦下の1960年代初頭。アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。
そんな中、NASAのラングレー研究所には、
優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが計算手として働く“西計算グループ”という部署があった。
ドロシー、キャサリン、メアリーはそこで働く仲良し3人組。
ドロシーは西計算グループのまとめ役だったが、管理職への昇進は叶わないまま。
エンジニアを目指すメアリーも、そのために学ぶ必要のあった大学は
黒人に対して門を閉ざしていた。
一方、幼い頃から類いまれな数学の才能を発揮してきたキャサリンは、
その実力が認められ、ハリソン率いる宇宙特別研究本部に配属される。
しかしそこは白人男性ばかりの職場で、
黒人女性であるキャサリンを歓迎する雰囲気は微塵もなかった。
それでも3人は、自分たちの力を信じて、
国家的一大プロジェクトに貢献すべく奮闘していくのだったが…。<allcinemaより>

MV5BMTAyNzEx.jpg

なんとアメリカでは、あの『ラ・ラ・ランド』よりも稼いでいるそうな。
『ラ・ラ・ランド』がアメリカ国内で150ミリオン(1.5億)ドル。
『ヒドゥン・フィギュアズ』の方はそれを超える168ミリオン(1.68億)ドル、
稼いでいるそうだ。

Hidden → 隠れた・隠された
Figures → 人・人影・人物
「隠された人たち」っていうタイトル、「知られざる人たち」

NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の
知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。
この話は、最近までアメリカ人も黒人の人たちも知らなかったと・・。
それだもの、わたしが知らなくて当たり前(笑)
よくぞ映画にしてくれました!
こんなに素晴らしい話、実話、知ることが出来て良かった。

にしても・・人種差別に女性蔑視がリアルに迫ってくる。
大変な時代によくぞここまで頑張った、主人公黒人女性3人に感動する。

MV5BNGI2N2Y1MGYtZmFjMC00YzFlLWI4O.jpg

MV5BYzBjYzVkNjgtNTMw.jpg

MV5BMTc2OTIw1.jpg

彼女たちの努力と頑張りは周りの人たちも動かしていく
キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)の上司、
宇宙特別研究本部長アル・ハリソン(ケヴィン・コスナー)
キャサリンの自分が使うトイレがここにはないと言う訴えに、
彼は白人のみ使用可のトイレの看板をぶっ壊す。
そしてその時に言うセリフが絶品!

彼女の働きをストレートに認める彼も素晴らしい上司、
でもそれは彼女の実力があったから。

MV5BOGYyZjA3ODktNzQyNy00OTE3LTliZTEtZWQ.jpg

エンジニアを目指すメアリー(ジャネール・モネイ)には自分の事を話し励ます同僚技師と
彼女の訴えに勇気ある寛容な判断をした判事がいた。
この裁判所でのメアリー(ジャネール・モネイ)のスピーチも絶品!感動!

MV5BZTUzMzc2MjktYjcxMS00YjkxLWE4M2YtMWQ.jpg

ドロシー(オクタヴィア・スペンサー)は西計算グループのまとめ役。
責任ある仕事をしているが、管理職への昇進は叶わない。
計算係りの自分たちの仕事が機械にとってかわられるかもという危機を素早く感じ
それに必要なことを彼女自ら調べ事前に研究対処していく、
IBMのマシーン室へ彼女を先頭に西計算グループが移動していくシーンも絶品!

MV5BZWFkMTNlM2EtYzIyMC00Nzg5LWE1ZjktOWU5MjM1ODNmZD.jpg

MV5BMTkw.jpg

彼女たち3人、おかーさんなんですよね。
子育てをしながらのこの働きぶり、素晴らしい。

キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は夫と死別して3人の娘を育てているのだけど
彼女がプロポーズ(再婚)されるシーンは娘たちが優しくて、泣けた。

MV5BODYxMDk1OTM1MV5BMl5BanBnXkFtZTgwNjEw.jpg

MV5BMTg4OTE0MzE1NV5BMl5Ba.jpg

MV5BMTc3MDU2OTc5NV5BMl5BanBnXkFtZTgwODQxMTMzOTE.jpg

キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)の計算は飛行士グレンの信頼を得。

MV5BMjMwOTczNzI3OF5BMl5BanBnXkFtZTgwO.jpg

ケビン・コスナーも良かった。

MV5BMTgzMTI2OTc3Ml5BMl5BanBnXk_.jpg

と、まとまりのない興奮気味の映画記事になりましたが(^^;)
傑作映画と言うことでございます。

最後に
映画を見始めて直ぐに音楽が素晴らしい~~と思ったのです。
音楽、本当に良いです♪

ファレル・ウィリアムスが全部1960年代風に作ったそう。

最後に流れる曲
『I See a Victory(私には勝利が見える)』
Kim Burrell, Phrell Williams - I See a Victory (Lyric)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャサリンを演じたタラジ・P・ヘンソンのスピーチが泣けて・・

ハロン湾 (Alisa Cruise) Happy hour/ハッピーアワー(2017.8.16)

カヤッキングから戻り、部屋で休憩後18:00からは
「Enjoy Happy hour for drinking and Sunset party at the sky bar,on the 3 flooor.」
と、サンセットを見ながら飲みましょう~
我々が大好きな時間ですね(^▽^)/

では、デッキへ

おつまみが用意されて、飲み物のオーダーを聞かれビールをお願いした。

DSC05419.jpg

DSC05424.jpg

スタッフさんが写真を撮ってくれる。

そこに立って・・と(^^;) 記念に、景色が入っていい。

DSC05423.jpg

こちらの小さなボートは物売りの人、どんどんこちらの船に近づいてきます。
買う人はいないですね・・

DSC05426.jpg

残念ながら、雲で夕焼け、サンセットも見られず。

DSC05428.jpg

他の船も灯りがともってきました。

DSC05431.jpg

DSC05432.jpg

↓料理教室が始まりました。

IMG_20170816_184110686_(1)_convert_20171002145904.jpg

生春巻きを作っているらしい、この集団の真ん中にシェフがいる。
私たちは遠巻きに見ていただけで、不参加です。
生春巻きの作り方知ってるし(笑)

この後、ディナーへ

ハロン湾 (Alisa Cruise)ディナー(2017.8.16)

ディナーは19:15から

テーブルはランチ時と同じ、
席に着くと、ワインにかかっている10%off札に目が留まる(笑)

DSC05438.jpg

やはり、ボトルワイン頼むよね~(笑)

DSC05445_20171002184718513.jpg

「チキン、マッシュルームスープ」

DSC05443_2017100218495662a.jpg

「グレープフルーツサラダとシーフード」「牡蠣のグリルと玉ねぎソース」

DSC05447.jpg

「海老のグリルとレモングラス」

DSC05454.jpg

↑この白い海老の飾り(ダイコン)が「おお~ぉ!」と楽しくて、盛り上がって

同じテーブルの女性お2人、義姉妹で、オーストラリアからいらしてベトナム旅行中
私から話しかけるまで、アジア人の私たちとは会話は無理だと思い込んでいたと・・
失礼したわ~とそれからあれこれお話ししながら楽しめて良かった。
クルーズが終了するまで、同じテーブル仲間ですから(笑)

DSC05452.jpg

乗客に日本人は私たちのみ、オーストラリアの彼女たち以外で
チラッと言葉を交わしたり、お国がわかったのは、
シンガポール、オランダ、スペイン、アメリカ、イスラエル、韓国、中国。
今回、私たちしか日本人がいなかったので、スタッフに聞いてみると
ツアー会社から申し込んで参加する日本人が多く
たくさんの日本人客がアリサクルーズを利用していると教えてくれました。

お料理の記録に戻ります。

「魚のグリルと野菜」

DSC05455.jpg
DSC05458.jpg

オーストラリアの彼女たち、
料理教室の生春巻きを食べ過ぎてもうお腹いっぱいって言ってた(笑)

で、サービスで「生春巻き」でました(^^;)

DSC05456.jpg

DSC05459.jpg

「パッションフルーツムースとマンゴー」

DSC05461.jpg

ディナーはこれで終了。
美味しく頂きました!

ツアー参加スタートからアレルギーは無いか?と
注意深く1人1人に対応してくれるスタッフでした。

20:30
Relax (Enjoy squid fishing, karaoke, dancing, playing guitar, drum, game...)
とスケジュールがありますが・・

私たちはお部屋へ
バルコニーでハノイから持参したワインを・・まだ飲む(^^;)
(1本全部は飲みませんでしたよ)

DSC05462.jpg

バルコニーからたくさんの船が見えます。

DSC05464.jpg

バルコニーからイカ釣りの様子が見えたけれど、釣れていないよう・・
1人減り2人減りと・・(-_-;) 翌日、参加したオーストラリアの彼女たちに聞くと
釣れないし、飽きたらから直ぐ引き上げたと言ってました。
釣りは難しそう。

我々の部屋はレストランの隣ですが、カラオケの音もギターの音も聞こえず。

2017.8.16 終了

ハロン湾 (Alisa Cruise)早朝の風景+朝食(2017.8.17)

2017.8.17 
朝、5時45分頃デッキへ

ほんの少しだけれど、オレンジ色、朝日らしきものが見える。

DSC05466.jpg

DSC05467.jpg

船にはまだ灯りがともっている。

DSC05468.jpg

おお~少しオレンジの部分が広がったかな(o^―^o)
(残念ながら、この後は雲にすっぽり隠れてオレンジは無くなってしまった。)

DSC05469.jpg

デッキが濡れている、昨夜雨が降ったのです。
激しい雨だった。
雷もあって、岩々に稲妻が光る様子はハロン湾ならでは。

DSC05470.jpg

夜が明けて、雨は上がって良かった。

DSC05472.jpg

部屋は快適でした。

6時30分ころ

DSC05476.jpg

DSC05480.jpg

DSC05481.jpg

多分、デッキでは太極拳に参加されている人もいたかと・・
行っていないので分からず(^^;)

部屋へ戻り、時間になり朝食へ
7時から朝食

DSC05482.jpg

卵料理はオムレツをリクエスト

DSC05487.jpg

頂きます。

DSC05488.jpg

ハロン湾 (Alisa Cruise)Sung sot cave/スンソット洞(2017.8.17)

スケジュール表では、7時45分から
Go to visit Sung sot cave (you should bring hiking shoes,camera,....)
鍾乳洞見学出発になっていますが、
実際は8時過ぎに出発。

小型ボートに乗って

ボーホン島に近づくと、大きさもゴジラそっくりに見える岩がある、印象的!
映画『キングコング:髑髏島の巨神』をまたも思い出しました。
(ゴジラと違うけど)

到着。

チケットが配られ、島の係りにポチっと穴を開けられ戻され、
チケットはクルーズのスタッフへ戻します。

DSC05491.jpg

「Sung sot cave/スンソット洞」
ハロン湾で最も大きな鍾乳洞。
「スンソット」とはベトナム語で「びっくり」という意味だそう。

入口へは石段を上って・・また、また石段、キツイ(^^;)

DSC05492.jpg

ここから中へ

DSC05493.jpg

船のスタッフがガイドとして、いろいろ説明してくれます。
ハロン湾の伝説や、この洞が発見されたいきさつなど・・
そして、珍しい形の岩石を動物などに見立てて説明してくれます。

DSC05497.jpg

洞内の巨大空間に驚かされます。
↓写真真ん中に人がいるのが見えるでしょうか、
人の大きさと比べると、大きさが分かり易いです。

DSC05503.jpg

ライトアップが単色ではなくカラーなのが面白く、幻想的です。

DSC05508.jpg

大きな広い洞でした。

(鍾乳洞の中の写真も多数撮りましたが、私の腕では難しくボケたのばかり(-_-;)

外へ出ると、この景色が広がっています。

DSC05509.jpg

下へ降りて

↓写真岩山の中央、穴が見えるところが洞

DSC05512.jpg

scv.png


船に戻ります。

ゴジラに見えると思う岩、ボケてますが

P1040310_convert_20171011221020.jpg

ハロン湾 (Alisa Cruise)Brunch +ハノイへ(2017.8.17)

クルーズ船へ戻り、パッキングを済ませます。

チェックアウト、荷物を部屋の外に出しておく。

10時から「Brunch」
ランチの替わりですね、お昼には下船しなくてはなりませんから。

そんなにお腹は空いていないはずなのですが・・
普通に食べてしまう(笑)

DSC05527.jpg

フォーを作って貰い

DSC05530.jpg
DSC05531.jpg

他のお料理もいろいろ

DSC05528.jpg

DSC05533.jpg

DSC05534.jpg

DSC05529.jpg

とりあえず、1つづつ取ってみる(^^;)

DSC05536.jpg

フルーツもとりあえず

DSC05535.jpg

コーヒーが飲みたいけど・・出ていない・・頼めばあったのかな!?
と、思いつつ頼まずに終了。

料金精算、ビールやワインなどの代金(4979円)を支払う。(カード払い)

最後、クルーズターミナルへ到着するまで、ハロン湾の景色をじっくりと見て

DSC05537.jpg

そう言えば・・ガイド本に載っている有名な岩は一つも確認できず、
見なかったことに気づく(-_-;)
アナウンスも無かったし・・・残念だ。

今回の1泊クルーズ、サンセット、夕日に染まるハロン湾を見たかった・・けど・・残念。
これは天気に恵まれないとなかなか難しいですね。

部屋も船もとても良かった、このツアーを選んで満足(^▽^)/
スタッフも皆さん良い印象で頑張っている姿に好感が持てた。

カヤックが楽しかった(o^―^o)
と考えながら景色を眺めていると到着しました。

クルーズは終了です。

ハノイまでの送迎バスが来るまで、待合室で待つ。

食事時の同じテーブルだったオーストラリアのお2人は別のツアーのようで
ここでお別れでした。

booking.comを使った人たちは同じバス。来た時と同じ。

途中、トイレタイム、土産屋さんに寄って
することもなく、大理石の彫刻、置物の送料(船便)表を眺めていると
側で同じく眺めている家族がいて(o^―^o)、男の子にどこから来たの?と声をかけると
側にいたお父さんが、オランダと
それから会話が始まって、日本は休暇が短いってね・・と(^^;)
彼らは夏休みでベトナムの次はシンガポールへ行くと言っていた。

そんな話をしながら時間になりバスへ

ベトナムの水田

DSC05538.jpg

ハノイへ入り、「ギネスブックに登録された、世界最大の陶器モザイク壁画」
を見ながら進む

DSC05541.jpg

それぞれのホテル前まで送ってくれます。

ガイドのロバートがホテルに着くたび、スペインの皆~とかオランダ家族~と
呼びかけながら降ろしてくれるのが楽しかった。

皆さん、旧市街のホテルで(私たちも)、私たちは最後から2番目に降りたので
それまで、旧市街をバス観光しているようで、これはラッキーだったと思うp(*^-^*)q

ハノイ:Hanoi Bella Rosa Hotel/ハノイ ベラ ローサ ホテル(2017.8.17~2017.8.18)

ハロン湾クルーズからハノイへ戻っての1泊は旧市街にある
「Hanoi Bella Rosa Hotel/ハノイ ベラ ローサ ホテル」にしました。



チェックイン時にウエルカムドリンクとフルーツのサービスを頂いて

DSC05542.jpg

部屋へ

DSC05543.jpg

DSC05545.jpg

DSC05544.jpg

カーテンがあるところは窓ですが、
カーテンを上げるとお隣の建物が目の前に迫ってくる・・
なのでこのカーテンは常時下ろしたままとなりました。

DSC05546.jpg

DSC05547.jpg

DSC05548.jpg

DSC05549.jpg

大体の設備は揃っています。
建物自体が細長なので、部屋も横に長い。

ビックリはエレベーター。
扉がガラス張り (*゚Q゚*) これエレベーター!?
↓ドアを開くように取っ手を持って開け、乗り込む。

DSC05582.jpg

そして、狭い Σ(゚д゚|||)
初めはエレベーターとは分からなかった(笑)
面白いと思えば面白い。

スタッフは皆さん感じがよくて、親切。

予約した段階で丁寧なメールが送られてきました。
こちらのホテルでツアー等も申込できるとのこと。
私たちはこのホテルを予約する前にクルーズの予約をしていたので
こちらのホテルに相談することは無かったのですが。

ホテル料金はなんと、朝食も付いて1泊 812,592ドン(約4,063円)安い!

翌日の空港までのタクシーをお願いして タクシー代 410,400ドン

翌日は早朝に出発でホテルで朝食は食べて行けない。
ならば、お弁当にしますねと用意してくれました。

こちら↓ サンドイッチ

DSC05583.jpg
DSC05584.jpg

バナナとヨーグトもセットされて。

・・・・・・・・・・

立地も良く、スタッフは明るく親切、部屋も清潔でコストパフォーマンスが高いですね。

ハノイ旧市街:Highway4 Restaurants /ハイウエイ4(2017.8.17)

夕食へ
事前に調べておいたお店がいくつかあるのですが、どうも気が乗らなくて(;'∀')
ホテルのスタッフに「ビールも飲めて徒歩で行ける」おすすめのお店を
聞いてみました。
それで教えて貰ったお店が「Highway4 Restaurants」です。

旧市街を歩いて

DSC05551.jpg

直ぐに見つかりました「Highway4 Restaurants」

DSC05554.jpg

店内、オシャレな雰囲気でいい。

DSC05556.jpg

まずは、ビール(^▽^)/ (Halida Draught 1杯 25,000ドン)

DSC05557.jpg

豚肉のバナナ葉包み焼き 130,000ドン

DSC05560.jpg

↓ピンぼけ写真で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

DSC05562.jpg

手作りシーフードソーセイジ 98,000ドン

DSC05561.jpg

野菜炒め(?) 40,000ドン

DSC05565.jpg

実は違う料理をオーダーしたつもりだったのだけど・・これが来たんですね・・
まあーしょうがないって直ぐに受け入れます(笑)

お料理はどれも美味しかった。

ビールを1人3杯飲んで(^^;)
次は・・・これはどうかな・・カクテル、2つ頼むと1つプレゼントされるって

DSC05566.jpg

何のカクテルか聞いて、教えて貰ったのだけど、もう忘れてます。

DSC05572.jpg

合計 565,000ドン (2,825円) 

このお店の2階は掘りごたつ式のテーブルになっているそうで
それって日本式!?とビックリ。
丁度オーナーがいらして、いろいろとお話ししました。
彼はイギリス人で各国旅行をされたそう、日本にも勿論いらして
話を聞いていると日本人の彼女もいたとのこと。
モテモテの様子が伝わってきました(笑)

MapでHighway4 Restaurantsと検索すると数店舗出てきます。
その中でホテルから近い店舗、行ったのはこちら↓

ハノイ旧市街:Ta Hien St. /ターヒエン通り(2017.8.17)

次は2次会へ(って2人でですが)

「Ta Hien St. /ターヒエン通り」
約20mの通りにズラリと軒を連ねる飲み屋が夕方18:00頃からオープンし、
毎晩国内外の若者が路上を埋め尽くす。(arucoより)

DSC05574.jpg

ターヒエン通りの民家の壁はクリーム色、窓枠はグリーンで統一されていると、
ホント、そうだわ。

DSC05575.jpg

若者が路上を埋め尽くす・・と言うことですが、
まだ20時頃だからか!?若者以外もいてホッとする(笑)

ここで、飲むことにします。

DSC05579.jpg

ビール

DSC05577.jpg

ここでは、焼肉と言うかカセットコンロで肉や野菜などを焼く料理を
殆どの人が食べているのだけれど・・
私たちはそこまで食べられないので、とりあえず何か少し・・
結局「揚げ春巻き」になる(ほかにないのよね)

DSC05578.jpg

そろそろ揚げ春巻きも飽きてきた(^^;)

DSC05580.jpg

段々と混み合ってきました。

アリサクルーズで一緒だった人たちを発見、挨拶を交わして(o^―^o)

90,000ドンとメモがあるので、ここでの合計かな!?

明日は早朝出発なので、早めにホテルへ戻ります。

2017.8.17 終了。

ハノイからクアラルンプールへ(2017.8.18)

朝6時、外は雨。

タクシーは昨日、ホテルにお願いしておいた。

用意してくれた朝食のお弁当を受け取ってホテルを出発、ハノイ ノイバイ国際空港へ

DSC05587.jpg

残念ながら、この空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジは無し、

残ったベトナムドンで買い物をして、搭乗時間まで搭乗ゲートで待ちます。

エアアジア AK517 Hanoi(HAN) 9:10 ⇒ Kuala Lumpur(KUL) 13:25  
(1人7,365円)

DSC05588.jpg

無事、Kuala Lumpur(KUL) 到着。

いつも通り、ラウンジへ
「Plaza Premium Lounge Kuala Lumpur - KLIA (KLIA2)」
Landside - Level 2M, near the Food Court Area.

DSC05589.jpg

ビールの泡が多いのは・・サーバーの使い方がまだ分かっていなかったから(^^;)
(この失敗を元に使い方を教えて貰ったので、現在は大丈夫)

DSC05590.jpg

ここで昼食終了。

SIMカードを購入。

バスでKLセントラル駅へ、モノレールでブキッ・ビンタン駅へ

DSC05591.jpg

電車から降りてもこの電車がなかなか発車していかない・・
すると、ドカーンと雷の音 ((((;゚Д゚))))))) ピカッと光る稲妻
パーンブォーンと警告音が鳴っている。
外を見るとザーッと激しい雨。
雷と稲妻は続き、びっくりの状況 ((((;゚Д゚)))))))

DSC05593.jpg

しばらくして、電車はやっと発車した。

外は土砂降りで・・さて、ホテルまでどうやって行こうか?

DSC05594.jpg


タクシーもいないようで、濡れていくと決心するのもためらうほどの激しい雨
傘は1つあり、でも1人に1つ傘は必要だよね~ということで
駅と繋がっているショッピングモールのセブンイレブンで傘を買う。

DSC05599.jpg

傘をさしながら、てくてく歩いてホテルへ(・。・;