INDEX    RSS    ADMIN

東京(池袋・巣鴨地蔵通り商店街)(2017.12.10)

2017.12.9の宿は、東京池袋
駅北口から出て、ホテルへ行く途中に上海の味を見っけ(^▽^)/
思わず買ってしまった。

DSC05960.jpg

「永祥生煎館」
上海のお店みたいだった~
(↓翌日に撮ったお店の写真、まだ開店前)

DSC05961.jpg

夕食はホテルの近くで適当に居酒屋風のお店に入ったのですが・・
ちょっと・・選択を間違えました・・うーん・・まぁーこんなことは常にあります(-_-;)

泊ったのは安定の東横イン仕様で満足の「東横INN池袋北口1」。

翌日2017.12.10

ホテルの朝食を食べて、チェックアウト。

ホテルのある池袋北口から反対側方面へ
街の雰囲気がガラッと変わった・・ちょっとした驚き。

DSC05963.jpg

池袋へ来たのは初めてのワタシ・・
聞いたことのある所は、「池袋サンシャイン」くらいで^^;
とりあえずそちらへ行ってみる。

DSC05964.jpg

ビルの中へ・・サラーッと見て回ったけれど、特に何もすることが無くて(-_-;)
終了・・ビルの外へ

00001.png

このまま歩いて・・・向かった所は・・

000011.png

「巣鴨地蔵通り商店街」

DSC05969.jpg

おばあちゃんの原宿と呼ばれている有名な商店街なんだそうで、

お寺があったので寄ってみる、「高岩寺」

DSC05970.jpg

中へ入ると、左の方に長い列が出来ている・・気になって行ってみる。
「とげぬき地蔵 洗い観音」への列、私たちも並んで、見よう見まねで観音様を洗う。
「自分の身体の悪い部分と観音様の同じ部分をタオルで擦ると治る」と
言われているそうで・・そうだったんだ・・よくわからず洗っていた(-_-;)

商店街は昭和の雰囲気・・レトロな懐かしい感じ。

DSC05981.jpg

赤色の肌着専門店(?)が印象的。

商店街を歩きを終了して、地下鉄駅へ

DSC05984.jpg

東京(秋季皇居乾通り一般公開・東京駅)(2017.12.10)

巣鴨駅から都営三田線に乗り、大手町駅下車。

東京駅を見るのが目的で来たのだけれど、外へ出てみると何やらある様子。
そういえば「秋季皇居乾通り一般公開」をしていると聞いていた。
このただならぬ様子はそれだね・・
良い機会ですから見て行きましょう~と予定変更。

大勢の人が並ぶ列について行くことに。

DSC05991.jpg

誘導に従って静々と進む。

DSC05993.jpg

なんか・・物々しいのだけど、整然としていて静か・・

DSC05996.jpg

初めての経験(o^―^o) 「皇居坂下門」から参入、

DSC06002.jpg

DSC06004.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成29年12月2日(土)から12月10日(日)までの9日間,
秋季皇居乾通り一般公開を実施します。
各日,入門時間は午前10時から午後2時30分までとし,皇居坂下門から参入,
皇居乾門から退出,又は皇居東御苑の大手門,平川門若しくは北桔橋門から退出となります。

皇居乾通り一般公開は,平成26年に,天皇陛下の傘寿を記念して,
初めて春季と秋季に実施したもので,大変好評であったことにかんがみ,
平成27年秋季から,毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているものです。
・・・・・・・・・・・・・(HPより)・・・・・・・・・・

皇居宮殿を遠目に見る。

DSC06008.jpg

宮内庁

DSC06010.jpg

山下通り

DSC06012.jpg

フユサクラ
この時期に桜が咲いている・・

DSC06013.jpg

局門

DSC06015.jpg

DSC06016.jpg

「富士見多門」をバックに

DSC06017.jpg

門長屋

DSC06019.jpg

ここから分かれ道、
我々は右へ、皇居東御苑の大手門の方へ進む。

DSC06027.jpg

西桔橋を渡り「天守台」へ

DSC06040.jpg

上まで上り、下りて・・・

DSC06043.jpg

DSC06046.jpg

大番所

DSC06048.jpg

百人番所

DSC06050.jpg

大手門を抜けて

DSC06053.jpg

DSC06056.jpg

「秋季皇居乾通り」見学終了。

札幌在住の我々にとって皇居は遠い存在、今回のような機会でもないと
行くことも見学することもなかっただろうと思う。
貴重な体験となった。

ko1.png


そして、本来の目的だった「東京駅舎」を見に行く。

DSC06060.jpg

DSC06064.jpg

「東京駅・現在」
1964年(昭和39年)10月1日に東海道新幹線が開業し、
1972年(昭和47年)7月15日には総武地下ホーム、
1990年(平成2年)3月10日には京葉地下ホームがそれぞれ営業を開始、
1991年(平成3年)6月20日には東北新幹線が当駅に乗り入れるなど、
東京駅は順次拡大してきた。
その後、長らく先延ばしされてきた建て替え計画は、
1999年(平成11年)から2000年(平成12年)にかけて、
創建当初の形態に復元する方針がまとめられ、
500億円とされた復元工事の費用を丸の内地区の高層ビルへの容積率の
移転という形で捻出することで、丸の内地区の高層ビル建て替え事業と並行して、
東京駅の復元工事が行われることとなった。
復元工事自体は、2007年(平成19年)5月30日に起工され、
2012年(平成24年)10月1日に完成した。(Wikipediaより)

DSC06068.jpg

空を売って500億円を捻出して復元工事をした東京駅→☆
空中権は不動産業界の用語で、離れた場所への容積率の移転のこと。

DSC06069.jpg

東京駅の外観しか見て来なかったのですよね・・
今にして思えば、中へ入り見ておくべきだったかな!?とも思っているが
まぁーまた行く機会もあるだろうから、またこの次に・・ということでいいか(;'∀')


2CELLOS - My Heart Will Go On [OFFICIAL VIDEO]


東京(月島:もんじゃ焼き・メロンパン)(2017.12.10)

東京駅を見た後は有楽町駅まで歩き、
有楽町線に乗り、月島駅下車。

昼食はもんじゃ焼きを・・・

「もんじゃ焼き」が話題だったころ、
どんなものなのだろう?と、ここ月島へ食べに来たことがある。
5年以上前になるかな?
その時のお店は何処だったか・・忘れた(;'∀')

何処のお店が良いか?Googleに聞いてみた。
「月島のもんじゃ焼き、美味しいお店は?」
多数表示されるお店から選んで、行きついたお店の前には行列が出来ていた^^;
なんとなくこの時は並ぶ気力が無くて・・
違うお店にしようか~と他のお店を・・歩きながら探し決めた。

「バンビ」2号店へ

まずはビール(650円)(^▽^)/

DSC06075.jpg

「もんじゃ焼き」をオーダーするのだけど・・何にしましょう?

「おすすめは何ですか?」
「明太子+もち+チーズ」と!
2人で1つで大丈夫とのことなので、まずは「明太子+もち+チーズ」(1450円)を。

DSC06077.jpg

焼き方は・・自信が無いので・・お願いしました。

まず、キャベツなど具を焼く、

DSC06079.jpg

真ん中を空けて、生地を流し込む。

DSC06080.jpg

DSC06081.jpg

DSC06083.jpg

さて、食べましょう~
小さなヘラで少しずつすくっていただきます(o^―^o)

DSC06084.jpg

DSC06085.jpg

お店のお客さん、殆どの方たち
「明太子+もち+チーズ」を頼んでました(笑)
これが大人気のようですね。

足りなければもう一つ違うトッピングで頼もうと思っていたけれど、
大体お腹も膨れていい感じ。

美味しかった(o^―^o)

お店を出て、写真を撮ると、
「本日は大変申し訳ございませんが、お客様が焼いてください」と看板がでてます・・
あれ!?これは私たちが入る時もあったのかな?
私たち・・焼いて貰ったね・・(;'∀')

DSC06086.jpg

DSC06089.jpg

お店を出て、月島駅方向へ歩くと、ここで足が止まった
「焼きたてメロンパン」

DSC06090.jpg

「メロンパン」食べてみよう~と並ぶ

DSC06094.jpg

前の人が、メロンパンのラスクを買っていたので、まねて買ってみた。

焼きたての「メロンパン」(180円)

DSC06096.jpg

中がフカフカ、柔らかくて~~美味しかった~

次、羽田空港へ向かう。

格安ツアーで沖縄旅行へ

2018.1.12~2018.1.15の3泊4日で沖縄旅行。
私たち夫婦と私の母の3名で行ってきた。

きっかけは、私がTwitterでフォローしている旅関連のツイート。
格安ツアーのいろいろに「札幌発沖縄ツアー」があった。
母の米寿のお祝いに「温泉高級旅館1泊」でも・・・と考えていた予算とほぼ同じくらい!?
ならば、沖縄が良いかしら~?とホント単純な考えから。

温泉旅館に1泊しても日中は寒い北海道で何をしていましょう?状態だったので、
沖縄の方が楽しめそうよね!?ってことで、
母も快諾!
夫もなんとか休みを取ってOK!
(我々は沖縄好き)

行こうと思ったきっかけのツイートのサイトでツアー見積もりを作成。
細かいところを詰めていくと、だんだんと高くなっていく(笑)
そして乗継便でしか行けず、その乗継便も急ぐことは無理な母の事を考慮すると
待ち時間が長くなる・・。

ならば、自分で個別に手配するのはどうかしら?とLCC等で頑張って組み立てるも
高いし、乗継も上手くない・・

では、他のツアーは?検索してみると
HISさんの「初夢フェア」というのが安い!
なんと、ここには札幌⇔沖縄の直行便に空席があるというではありませんか(*゚Q゚*)
自分で公式サイトを調べても、最初のツアーでも直行便の空席は既に無かったから
乗継でしょうがないか・・と諦めていたところに直行便とはなんとも嬉しいこと(゚∀゚)
ホテルも同じで、レンタカー付とかほぼ同じ内容となればこちらに決定。

ホテルに関しては好みがあるので・・どうかなぁーと悩んだが
安く行くためにはしょうがないわね~ってことで‥いいや(笑)

今回の旅行で申し込んだツアー

HIS ☆初夢フェア☆
滞在中レンタカー付! 沖縄リゾートステイ 4日間

・リザンシーパークホテル谷茶ベイ
・1泊1,500円の追加代金でオーシャンビュールームへ
・朝食付
・1台レンタカーSクラス付
・フライトは、人気のANA利用
・片道4,000円の追加代金で、新千歳⇔那覇間、直行便に
・夕食バイキング1回付き

1人:57,300円(基本料金44,800円 直行便8,000円 オーシャンビュー4,500円)

2018.1.12
冬の旅行は飛行機が飛ぶか?いつも心配だけれど
この日はお天気でその心配はない・・良かった(o^―^o)


DSC06124.jpg

札幌(新千歳)10:35発で那覇へ

沖縄旅行:1日目(平和の礎)(2018.1.12)

那覇空港が混雑のため予定より遅れて到着。

那覇の気温は13℃、寒い~~~(札幌よりは暖かいけど 笑)
どうやら私たちは、運悪く寒波が来ている時に来たらしい(-_-;)

レンタカー送迎バスにてレンタカー営業所へ
レンタカー手続き終了。

16時頃レンタカーにて出発。

まずは、沖縄戦跡国定公園の平和祈念公園へ

借りたレンタカー↓

DSC06148.jpg

沖縄県立平和祈念資料館(おきなわけんりつへいわきねんしりょうかん)は
2000年4月に糸満市の沖縄戦跡国定公園の平和祈念公園内に開設された博物館。

DSC06132.jpg

DSC06133.jpg

建築物は、「平和の礎」の平和の火を中心に同心円状に配置され、
軸線等を一体的に空間構成する手法が採用され、
また、規模の壮大さを出さない様に出来るだけ低層設計でセットバックさせて、
沖縄の伝統的な民家集落の様な小さな赤瓦屋根の集まりを感じさせる様な設計が施されてる。
(Wikipediaより)

DSC06139.jpg

平和祈念資料館は前に見学したことがあるので今回はパス。
時間的にも無理だったけど。(閉館は17時)

DSC06140.jpg

ここを訪れた目的は、母の兄が沖縄で戦死しているので
平和の礎に名前が刻まれており、そこへ
伯父さん(母の兄さん)の名前を確認してお参り。
平和の礎が出来てから訪れたのは、今回で3度目になる。

DSC06141.jpg

平和の礎(へいわのいしじ)は、沖縄県糸満市の平和祈念公園内に設置されている慰霊碑。
高さ1.5m 全長2.2kmで、記されている人数は241468人であり、
敵味方関係なく沖縄戦の死者全てを慰霊するものである。(Wikipediaより)

(↓画像は沖縄県HPより)
img65160.jpg

DSC06142.jpg

まずは母が行きたかった所をクリア。
これで気持ちも落ち着いたかと・・。

では、ホテルへ向かう。



沖縄旅行3泊: 恩納村 リゾートホテル「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」(2018.1.12~2018.1.15)

今回の旅行は格安パックツアー
ホテルの選択も少なくて・・どうしようか?悩んだけれど・・
恩納村 のリゾートホテル「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」を選択。
このホテルは初めて。

ホテルのHPには
沖縄でイチバン大きいオン・ザ・ビーチのホテル
街のようににぎやかで楽しいリザン!
と出ている。

なるほど・・・利用してみて納得、大きなホテルでレストランへ行くにも遠くて大変だった。
高齢の母向きではなかったかも(・_・;)

スタンダード ルーム・オーシャンビュー

DSC06150.jpg

ツインにスタッキングベッド1台入ったので、ちょっと狭いけれど
2人なら十分の広さ。

DSC06151.jpg

DSC06156.jpg

DSC06157.jpg

オーシャンビューにした、ベランダからの眺め

DSC06154.jpg

翌朝撮影↓

DSC06206.jpg

DSC06207.jpg

1日目、2日目と寒くてビーチを歩く気分になれず
なんとか3日目、最終日ホテルのビーチを歩いた。
(母はパスです)

DSC06528.jpg

DSC06529.jpg

結婚式用にチャペルもあり
ここから見ただけの感想だけれど、
ホテルに隣接して近すぎで好みではないな(辛口で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン)

DSC06530.jpg

ホテルのエントランス

DSC06210.jpg

駐車場はホテル前の道路を渡った所。
朝の皆さんが出かける時間帯は混み合うので、短い信号のため待ち時間が長くなる。
駐車場料金は1日500円必要。

室内プールは大きい。これはいい。
まぁー客室が826室もあるからこれくらいの大きさは必要なのかな!?

サウナ付スパ 浜の湯
大浴場に露天風呂あり。
時間帯で料金が違う、朝の安い時間(400円)に利用した。
広くて気持ち良かった。

レストランが数か所あって、ホテル内で十分に楽しめる。
ホテルを出て近くにコンビニや食堂もあり。

パークゴルフとテニスの割引券も付いていたので
時間があれば楽しめそう。
我々は時間なし&寒くて無理だった(・_・;)
この気温のことだけど、我々が帰った日1月15日から
20℃超えて暖かくなったようで、羨ましい~

お部屋の掃除をしなくても良いとカードをだしておくと、1000円の利用券がもらえ
ゴミ箱とタオル替えのみお願いすると700円。
これを有効活用してビール代に(^▽^)/

タオルは大浴場、プールとそこのを使うことになっているので
部屋の物を使わずに済んでいたりする。

朝食付きは全てバイキング。
レストランは2か所。
バイキングは面倒で・・・苦手です、私(笑)
食べ物の種類は多いからいいと思うけど・・
で、まぁー人が多い(;゜0゜) トレーを持って並ぶの嫌 (´・_・`)

ホテルのHPにあった↓

[公式]リザンシーパークホテル谷茶ベイ プロモーションムービー NEW



これを見ると、美しいサンセットが見られたのね・・条件が揃えば・・
(残念、見られなかった。)

沖縄1日目:夕食「海辺の居酒屋 島唄」(2018.1.12)

夕食はホテル「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」に数か所あるレストランから
「海辺の居酒屋 島唄」へ

毎日20時10分からと21時30分からの2回“さんしんライブ”(チャージ料無料)
があるそうで、これが楽しみ♪
そして、沖縄料理と泡盛もいい。

(↓暗い写真ですが)
ビーチ横にある「海辺の居酒屋 島唄」

DSC06200.jpg

まずは、オリオン生ビール
母はマンゴージュースとじゅーしーご飯

DSC06161.jpg

「海ぶどう」
母の大好物、私も夫も苦手(^^;)

DSC06162.jpg

「ソーミンチャンプルー」

DSC06163.jpg

「ゴーヤチャンプルー」

DSC06165.jpg

「ラフティー」

DSC06166.jpg

「コロッケ3種」

DSC06172.jpg

紅イモのコロッケがあった。

DSC06173.jpg

「おでん」
お好みを選ぶ、卵・大根・はんぺんを

DSC06168.jpg

泡盛
「菊之露ブラウン」一合、その後「久米仙ブラウン」一合

DSC06170.jpg

「アグーソーセージ」

DSC06174.jpg

店内は満席になり、
楽しみにしていた“さんしんライブ”も始まった。

DSC06194.jpg

3曲だけだから、直ぐに終了だったけど
一緒に踊って(手だけだけど)楽しいひと時だった♪

DSC06195.jpg

夕食終了。

沖縄2日目:朝食・万座毛・道の駅許田(2018.1.13)

朝食は2つのレストランから選ぶ。
この日は和洋朝食バイキングのシーサイドレストラン 谷茶ベイへ

DSC06202.jpg


広いΣ(゚Д゚) そして、お客さん多い!

頑張って持って来た、お料理たち(;'∀')

DSC06203.jpg

お腹いっぱい頂きました。



13日の天気・気温は?

DSC06205.jpg

最低気温が10℃とは(゚д゚)! 寒いね~
で、最高でも15℃にしかならないのね・・・

何度も行っていますが、1番目に向かったのは「万座毛」
10時頃到着、すでに観光客バスが数台、大勢の観光客で賑わっている。

DSC06212.jpg

「切り立った断崖と、色とりどりのサンゴの海とのコントラストは美しく
尚敬王が「万人を座するに足りる」と称してこの名が付いた。」
とのことですが、この日は風が強くて、波が荒く白くなっている・・

こちらは万座ビーチホテルが見える方、

DSC06223.jpg

万座毛から「道の駅許田」へ

s1.png

やんばる(沖縄本島北部エリアのこと)の名護市にある道の駅許田。

DSC06224.jpg

「道路情報ターミナル」
ここでは、夫の知人がボランティアをしている。
(この日はいませんでした)

↓こんな感じでガイド案内をされているのかな!?

DSC06245_20180122184518c62.jpg

そして、この道の駅の「やんばる物産センター」
地元の美味しい食べ物やお土産があって大人気だそう。
我々は、朝食をお腹いっぱい食べ、
更にこの後「沖縄そば」を食べに行く予定にしているので、
残念ながらここはスルー(;'∀')

途中、面白い物を発見(o^―^o)
建物外壁にヤモリ!?

DSC06246.jpg

この後は咲いている桜はあるかな~?
と桜を見に行きます。

沖縄2日目:八重岳(桜並木)(2018.1.13)

2018.1.13

八重岳(桜並木)へ
1 月から2 月上旬にかけ約7,000 本の色鮮やかな桜が八重岳の中腹で咲き乱れる。
とのこと、まだ早いけれど咲いている桜もあるかも~と向かう。



咲いている桜がありました~!

DSC06248.jpg

DSC06253.jpg

DSC06256.jpg

“日本一早咲き”の本部町八重岳の桜まつり。
2018年は、1月20日(土)~2月4日(日) だそうで
これからどんどん咲いていくのね~
(これを書いているのが1月23日、お祭りが始まっているね・・)

咲いている桜を見つけては写真を撮った。
可愛い~~

DSC06257.jpg

DSC06258.jpg

南国ならではのヤシの木のような木の下に桜の木がある風景。
桜が満開になると、見事なコラボ、素晴らしい景色になりそう~
観たいなぁー(o^―^o)

DSC06260.jpg

桜並木のある山道を登って行く

DSC06266.jpg

DSC06267.jpg

DSC06274.jpg

小鳥がいっぱいいる・・なんという鳥かな?
メジロ?
頑張って撮った写真↓

DSC06275.jpg

本部八重岳桜まつりの桜並木散策
本部町と名護市の境で連山を形成する標高453mの八重岳は、
山頂までの道が全舗装されており、沿道には麓からずらりと寒緋桜が植えられている。
途中の八重岳桜の森公園までは車で登れるので、
ドライブをしながら桜花爛漫の八重岳を楽しむこともできる。
やんばるの森の代表ともなる青々とした木々や花々が魅力的で、
県内各地から多くのお客様が訪れる。
日時2018年1月20日(土)~2月4日(日) 場所沖縄県本部町並里921
ちゅらとくより