INDEX    RSS    ADMIN

近江八幡「八幡堀・新町通り、永原町通り・かわらミュージアム・日牟禮八幡宮・クラブハリエ」(2018.2.11)

近江八幡の観光へ

近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。
いわゆる近江商人の発祥の地である。
近世の風情がよく残る新町通り、永原町通り、八幡堀沿いの町並みおよび
日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、
時代劇の撮影場所としてもよく使われる。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズが住み、多くの近代建築作品を遺した地としても知られている。
2005年9月1日には水郷地域160ヘクタールが景観法に基づく「景観計画区域」に指定された。
これは同法の適用第1号である。
さらに2006年1月26日には「近江八幡の水郷」として重要文化的景観の第1号に選定された。
(wikipediaより)

DSC06825.jpg

DSC06826.jpg

八幡堀(はちまんぼり)

DSC06828.jpg

八幡堀(はちまんぼり)は、戦国時代に造られた滋賀県近江八幡市にある人工の水路。
八幡堀の水運によって町は発展し、近江商人を生んだ。幅員約15メートル、全長6キロメートルに及ぶ。
(wikipediaより)

DSC06830.jpg

上2枚の写真は↓この橋の上から撮った。

DSC06831.jpg

鳥居を抜けて右方向へ

DSC06834.jpg

近江牛のコロッケの文字が目に留まる(笑)
近江牛は魅力的だけど・・そのものはお高くて・・無理だけど・・
コロッケならいいんじゃない!ってことで、ここで頂きます。

DSC06835.jpg

コロッケと肉まん

DSC06836.jpg

DSC06839.jpg

DSC06837.jpg

美味しかった(^▽^)/

そして再び歩く

良く知っているこのマーク(o^―^o) 「メンターム」 ここだったのね~

DSC06841.jpg

DSC06842.jpg

株式会社近江兄弟社(おうみきょうだいしゃ、OMI Brotherhood, Ltd.)は、
滋賀県近江八幡市に本社をおく医薬品メーカー。軟膏薬『近江兄弟社メンターム』で知られる。

メンソレータムとメンターム(Wikipedia)

新町通り、永原町通りを歩き

DSC06844.jpg

DSC06846.jpg

DSC06847.jpg

八幡堀の方へ戻り「かわらミュージアム」へ

DSC06848.jpg

道もいろいろなかわらで

DSC06849.jpg

DSC06850.jpg

かわらミュージアムは、平成7年に近江八幡市が、地場産業である八幡瓦の普及と
先人の技術や知恵を後世に伝え、町づくりの拠点として生かしていくために建設されました。 
(近江八幡市HPより)

DSC06851.jpg

中は撮影禁止

かわらの歴史や作品等あって楽しかった。

DSC06853.jpg

DSC06854.jpg


八幡堀を歩いて・・「日牟禮八幡宮」へ

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は、滋賀県近江八幡市にある神社。
祭神は誉田別尊(ほんたわけのみこと)、息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)、
比賣神(ひめかみ)の三柱。 古くから近江商人の信仰を集め、
二大火祭の「左義長まつり」と「八幡まつり」は国の選択無形民俗文化財である。
境内地は八幡伝統的建造物群保存地区の構成要素。(Wikipediaより)

DSC06857.jpg

DSC06858.jpg

DSC06859.jpg

車を停めた駐車場の横が↓こちらの建物で

DSC06855.jpg

ひっきりなしに人が出入りしていて、皆さん紙袋を持っているんですよね・・・
私はここが有名な「クラブハリエ」という洋菓子屋さんとは知りませんで(;'∀')
とりあえず何かしら~?と行ってみたのです。

入ってビックリ、ケーキ屋さん(*゚Q゚*)

で、向こうに長い列が出来てる w(゚o゚)w 何かしら~?と見ると
バームクーヘンを買う列。
思わず並びました(笑)

で、購入した「バームクーヘン」箱はバレンタイン仕様。

DSC06982_convert_20180311205227.jpg

めちゃ美味しい~~
ふわふわ、しっとりしたバームクーヘン
表面のフォンダンもいい仕事していて
数々のバームクーヘンを食べてきましたが、今まででこれ最高かなー。
関連記事

コメント

非公開コメント